中学生の通信教材についてキャッチコピー等はどうでもいいので「本質」で中身を探っていきます。しかし結果を出すためには子供自身の「やる気」も必要ですので、そちらはぜひご協力お願いします。

中学生がクラブ活動と勉強を両立させるときにベストな方法

中学生がクラブ活動と勉強を両立させるときにベストな方法

中学生がクラブ活動と勉強を両立させるのは大変ですよね。

健康のためにもクラブ活動をさせているけど勉強がおろそかになる‥

忙しい中学生がクラブ活動と勉強を両立させるいい方法はないものか‥

そんな悩みを解消するために、ここでは中学生がクラブ活動と勉強をムリなく両立できる方法についてわかりやすくお伝えします。

文武両道は時間がないですよね
文武両道というのはキレイな言葉ですが「時間がない」というのが中学生にとっていちばん問題になる部分。しかし今の時代は両立できる勉強方法がありますよ。

中学生がクラブ活動と勉強を両立させるベストな方法

中学生がクラブ活動と勉強を両立させるベストな方法

中学生がクラブ活動と勉強を両立させるベストな方法はこちら。

学習塾レベルの勉強ができる通信教育を使う

これであれば、ムリなく文武両道を実践できるベストな方法になります。

しかし「通信教育ってあまり勉強にならないのでは‥?」そんなふうに思われるかもしれませんが、じつは今の時代の通信教育というのは”e-ラーニングシステム”が使われていることもあって学習塾レベルの勉強ができるんです。

 

いまの通信教育(ネット教材)というのは”e-ラーニングシステム”という「相互学習」というプラットフォームに乗っかって作られていることで、昔のような紙教材とは雲泥の差がある勉強方法になります。

eラーニングシステムにおける学習管理システムは、教師などによる教材・学習材の保管・蓄積、学習者への教材・学習材の適切な配信、学習者の学習履歴や小テスト・ドリル・試験問題の成績などを統合的に管理するもので、一般に LMS (Learning Management System) と呼ばれる。

参考:Wikipedia「e-ラーニング」より 

もちろん紙教材の良さもありますが、クラブ活動との両立をするためにはとにかく「時間」を効率よく使って勉強をすることが最優先。

そのためには自宅で勉強のできる”e-ラーニング”を使った学習システムによって時間効率を高めながら、より学習塾レベルに近い勉強をすることによってクラブ活動との両立が実現できるようになります。

学習塾レベルに近い勉強ができる通信教育”e-ラーニング”による通信教育例「すらら」

”e-ラーニング”による通信教育にはこのようなメリットがあります。

  • 問題を解くほどにシステムが学習して、より苦手な部分が明確になる。
  • 動画授業によって過去の授業も見ることができるので「つまずき解消」につながる。
  • テスト機能を使えば過去問や模試の代わりにもなる。

いずれのメリットも「時間短縮」「勉強効率」などにアップに役立つもので、クラブ活動と勉強を両立させるときの”時間不足”を解消するためにベストな勉強方法となります。

「問題を解くほどにシステムが学習する」

”e-ラーニング”のもっとも特長といえるのが学習機能で、問題を解くほどに間違った部分などを検知してデータ化します。その結果、多く解くほど問題点が明確になっていくため、より少ない時間で子供の「弱点」を見つけることができます。

「動画授業によるつまずき解消」

通信教育(ネット教材)は動画授業が備わっていることも多く、そういった教材では過去の授業を幅広く用意されていることで「つまずき解消」につながります。

動画授業によってつまずき解消につながる

この動画授業が用意されている範囲は通信教育それぞれで異なりますが、一般的には小学生~中学生すべての単元で授業が用意されていることが多いです。

「テスト機能が過去問や模試代わりになる」

通信教育にはテスト機能が設けられているのが一般的ですが、この機能を使って過去問や模試に似せた問題を無限に作成することが可能な通信教育も存在します。

自由に作成できるテスト機能があれば、書店に過去問などを買いに行く手間も省けるので大幅に時間を作り出すことが可能となります。

 

さらに通信教育には、大幅な時間短縮効果があります。

  • 通塾をする必要がない。
  • テスト結果がその場でわかる。
  • 教材を買い揃えなくて済む。

まずいちばん大きな時間短縮になるのが「通塾不要」で、さらにいつでも自由なときに自由なタイミングで勉強に取り組めるためクラブ活動との両立が簡単にできるようになります。

またテスト結果がその場でわかるため次の手を瞬時に打つことができ、学習塾のような時間ロスもなくどんどん先に進んでける勉強効率の良さがあります。

さらに書店へ行って教材を買い揃えなくても勉強に必要なコンテンツが全て揃っているため、イチイチ書店へ行く手間も省けて忙しい中学生が余計な時間を割くことなく勉強を始めることができます。

 

このように通信教育(ネット教材)の時間効率というのはとても優れているため、中学生がクラブ活動と勉強を両立させるにはベストな勉強方法になります。

通信教育には5教科だけではなくオンライン英会話やプログラミングなどもそろっていて、これらをいくら組み合わせて勉強をしてもクラブ活動との両立はいくらでもできてしまう便利さが通信教育の大きなメリットです。

自分の顔

今までのように学習塾に通うのは非効率で、とても両立はできません。

中学生のクラブ活動と勉強の両立には、通信教育が間違いなくベストな方法です。

もう「時間がなくて‥」という言葉は出なくなりますよ。

参考記事

無料体験で試せる映像授業搭載の通信教育5選

通信教育で英会話を習いたい!そんなときにおすすめな3つの優秀な教材

英検におすすめの中学生の通信教育!スタディギアよりも安くて2次試験もOK!?

 

中学生通信教育ランキングをチェック!

もし私が聞かれたらこんなふうに答えます

自分の顔

高校受験におすすめな勉強方法は‥?

そんなときは元塾講師の意地でつぎのように答えます。

中3でやっておきたい通信教育ってどれ?

中3でやっておきたい通信教育ってどれ?総復習におすすめの映像授業3選!

タブレットでおすすめ「質が高い授業」3つの教材

タブレットでおすすめ「質が高い授業」3つの教材|中学生の通信教育

テキストがしっかりと用意されたスカイプ英会話3選

テキストがしっかりと用意されたスカイプ英会話3選|中学生の通信教育

中学生がプログラミングをしっかり勉強できる3つの方法

中学生がプログラミングをしっかり勉強できる3つの方法





コメントを残す