忙しい!時間がない!中学生にベストな効率良い3つの勉強方法

忙しい!時間がない!中学生にベストな効率良い3つの勉強方法 勉強方法

中学生はとにかく忙しく時間がないもの。

「中学生の3年間はあっという間だった」

と近所の人が口を揃えていうのは本当で、気が付いたら受験本番がすぐそばで焦った‥という家庭もけっこうあります。

実際に高校入試を迎えてみると”もっと時間が欲しかった”と、

あとになって後悔する声はとても多いものです。実際にそれが原因で失敗‥ということも。

そこで忙しく時間のない中学生が、より効率良い勉強をできる3つの方法をご紹介します。

  • 効率の良い勉強方法を見つけないと高校受験が危ない。
  • いまの勉強方法では遅れ気味なので効率良い方法を探している。

あなたのそんな疑問を少しでも解消できるよう、元塾講師として得た経験からお話ししていきます。

中学生にベストな効率良い3つの勉強方法

忙しい!時間がない!中学生にベストな効率良い3つの勉強方法

  1. 通信教育(ネット教材)を利用する
  2. オンライン家庭教師を利用する
  3. オンライン英会話を利用する

①通信教育(ネット教材)を利用する

①通信教育(ネット教材)を利用する

中学生の効率良い勉強方法として、

まず1つ目にご紹介するのが「ネット教材」です。

通信教育といえば昔は”紙教材”だけでしたが、最近ではインターネットで勉強できる「ネット教材」が効率良い勉強をできるスタイルとして効果的です。

ネット教材が効率良い理由はこれ。

  • 学習塾のように”通塾”をする必要がない。
  • 情報量が膨大で参考書や問題集を買いに行かなくて済む。
  • 費用が安いので多くの勉強を同時にしやすい。

通信教育は効率良い勉強ができるツールですが、さらにネット教材ではより効果がアップします。

中学生に必要な勉強コンテンツがすべて自宅で手に入るため、書店へ足を運んだりする手間が省けてベストともいえる効率用勉強につながるスタイルです。

おすすめ記事

【元塾講師推薦】中学生「基本5教科」通信教育ランキングベスト3

②オンライン家庭教師を利用する

オンライン家庭教師を利用する

つぎにご紹介するのが「オンライン家庭教師」というもので、この勉強方法は”家庭教師に興味があるけど費用が高くてムリ”という家庭に向いたスタイルです。

実際にオンライン家庭教師の費用はかなり安く、リアル家庭教師に依頼するよりも半分以下の金額で済むため経済面で効率アップします。また通信環境(WiFiなど)の整ったパソコンがあれば場所も選ばないため効率良い勉強方法です。

実際にやってみるとよくわかりますが、システム的に見ても「画面に表示される1つのノートにお互い書き込む」というスタイル。したがって講師と子供が情報共有しやすく、勉強効率もアップする方法です。

おすすめ記事

無料体験のできるオンライン家庭教師!人気で評判の2社を徹底比較!

③オンライン英会話を利用する

オンライン英会話を利用する

ここまでにご紹介した勉強方法は5教科(基本教科)をメインとした対策でしたが、より英会話を効率良いものにするためには「オンライン英会話」が効率良い方法になります。

英会話に限っては”実際に話すこと”がとても重要なポイントで、文字を見て頭で考えるよりも言葉で発することによって「発音・コツ」などをより身につけることができます。

家庭教師ではなかなか本格的な英会話を教えることが出来ず物足りませんが、オンライン英会話では実際にネイティブ講師などと話すことで本物の英会話を学べるため効率良い勉強方法です。

おすすめ記事

無料レッスンができるオンライン英会話3選

学習塾は効率的にあまり良くないため最低限に考える

学習塾は効率的にあまり良くないため最低限に考える

学習塾って効率良くないの?

と思いますよね。

学習塾も中学生にとっておすすめの勉強方法ではありますが、任せておけば全て安泰というわけでもありません。なぜなら「時間効率」として考えると決して良くないためです。

学習塾が効率良くない理由は次の通りです。

  1. 通塾をする時間が非効率
  2. 学習塾で勉強できる時間数の少なさ

理由①通塾をする時間が非効率

学習塾でもっとも非効率なのが「通塾時間」です。

物理的に仕方のないことでもありますが、この通塾時間をすべて勉強の方に充てることができればより効率良い勉強を実践することにつながります。

この通塾時間に少しでもスマホ学習などで補うことを考えれば少しは効率良い勉強を実践できるため、いかに通塾時間の使い方を工夫して効率アップを図るか?が大切です。

おすすめ記事

中学生がスマホを使って電車での移動中にも勉強できる通信教育!

理由②学習塾で勉強できる時間数の少なさ

やっとの思いで学習塾に到着をしても、

実際に行われる指導時間はそこまで多くありません。

1コマ90~120分という指導時間の中でどれだけ勉強ができるかといえば、決して勉強効率の良い十分な時間数とはいえないのが正直なところです。

したがって学習塾では「いかに勉強のポイントを抑えるか」が重要で、その知識を自宅に持ち帰ってからしっかりと応用を利かせて勉強することで効率の良い勉強になります。

したがって学習塾も効果的な勉強方法ですが「効率」として考えるとあまり良くないため、学習塾に通わせながらオンライン学習でカバーするという使い方がベストかと思います。

とくに中学3年生からは効率良い勉強方法が必須

とくに中学3年生からは効率良い勉強方法が必須

中学3年生になると、とくに効率良い勉強方法を実践することが重要。

なぜなら次のような3つの理由が考えられるためです。

  1. 高校受験へ向けて総復習が必要
  2. 学校活動が忙しくなる
  3. 高校へ通うための準備期間が必要

理由①高校受験へ向けて総復習が必要

中学3年生になるとさらに時間の制約に追われてくるもので、

勉強時間の確保が難しくなってくる場合が多いです。

しかし中学3年生になると勉強するべき「ボリューム」も増えるもので、過去3年間の”総復習”に時間を確保しなければいけません。

過去3年間の総復習をするためにかかる時間は、1単元が3時間で身についたとして約90時間ほど。

中学生で習う総単元
正負の数・加法と減法・乗法と除法・文字式ときまり・方程式・比例・比例とグラフ・反比例・平面図形・空間図形・立体の体積と表面積・資料の活用・文字式の計算(2年)・連立方程式・一次関数・平行線と角・合同と証明・三角形・四角形・確率・式と乗法公式・因数分解・平方根・√をふくむ計算・二次方程式・関数 y=ax²・相似な図形・平行線と線分の比・円周角の定理・三平方の定理

しかしそんなに効率良く勉強できないことが予想されるため、200時間ほど見ておいた方が安心。

つまり1日3時間を総復習に充てたとして「60日以上かかる」という計算になります。

いかにこの時間を効率良い方法で行っていくか?が中学3年生では重要なポイントです。

理由②学校活動が忙しくなる

学校行事やクラブ活動(部活動)なども中学3年生になると”メイン”の存在として扱われるため、思った以上に忙しく勉強時間を作ることが難しくなります。

「受験本番が近づいているのに、なかなか勉強が進まない‥」

そんな声が聞かれるのも中学3年生の子供自身や家庭に多く、その理由を探ってみると1~2年生のころにはなかったこのようなことが原因となっている場合も少なくありません。

いかに効率良い勉強方法を選択するか、がとても重要になってきます。

理由③高校へ通うための準備期間が必要

中学3年生の秋からは、

とくに高校進学後についても考える時期です。

高校進学をしてからの進路も踏まえて志望校へ進むことから、進学後の勉強はもちろん生活面などについても考えるためその時間も考えておかなければいけません。

さらに冬休みになると総復習を踏まえた受験模試なども必要になることで、高校進学後のあれこれを考えることと重なってとても忙しい時期になります。

なかなか勉強時間を確保することが難しい時期ですので、とくに中学3年生の後半は効率良い勉強に重点を充てて進めていくことが大切になってきます。

中学生の効率良い勉強方法まとめ

中学生の効率良い勉強についてまとめます。

中学生にベストな効率良い3つの勉強方法

  1. 通信教育(ネット教材)を利用する
  2. オンライン家庭教師を利用する
  3. オンライン英会話を利用する

学習塾は効率的に考えるとあまり良くない

  • 通塾をする時間が非効率
  • 学習塾で勉強できる時間数の少なさ

とくに中学3年生からは効率良い勉強方法が必須

  • 高校受験へ向けて総復習が必要
  • 学校活動が忙しくなる
  • 高校へ通うための準備期間が必要

これで「中学生の効率良い勉強」が実践できます。

勉強時間でもっとも多く割合を占めるのが「家庭学習」ですので、その時間をいかに効率良い勉強方法を実践するか?がとても重要なポイントになります。

ぜひ中学生の効率良い勉強方法として参考になさってみてください。

 人気記事 【元塾講師推薦】中学生「基本5教科」通信教育ランキングベスト3

 人気記事  【元塾講師推薦】中学生「英会話」通信教育ランキングベスト3

 人気記事  【元塾講師推薦】中学生「プログラミング」通信教育ランキングベスト3

コメント

タイトルとURLをコピーしました