中学生の通信教材についてキャッチコピー等はどうでもいいので「本質」で中身を探っていきます。しかし結果を出すためには子供自身の「やる気」も必要ですので、そちらはぜひご協力お願いします。

中学生の通信教育ランキング|勉強の基本をしっかりと理解できる究極の方法とは?

中学生の勉強は「基本」が大事!

これを聞くとあまりに”ごもっとも”過ぎてピンッと来ないかもしれませんが、その裏側でこんなことを思っている家庭が多いものです。

「いくら勉強をさせても成績アップにつながらない‥」

これは本当に基本の大事さがわかってるのかな?と思うんですね。

そこで勉強の基本とはどういうことなのか本質の部分でお伝えするとともに、基本をしっかりと勉強できる私がおすすめな究極の方法についてお話しします。

意外と忘れがちな「基本」
高校受験が近づくについれて「申し越し点数が足りない!」といって焦ってしまう家庭が多いですが、これは「基本」を見失っていることがとても多い!一度じっくりと私の話に耳を傾けてみてください。

中学生の勉強は基本を理解することで成績アップにつながる

中学生 勉強 基本

中学生の勉強というのは「基本」をいかに理解するかによって点数に差が出ます。

「そんなのわかってるよ」と思われる家庭も多いですが、だったら何で高校受験が近づくと点数が足りない!なんて騒ぐの?と思います。

基本が大事なのはわかっているのに、点数が足りない!と慌てる。

 

間のいい方はお分かりだと思いますが、高校受験の点数が足りないのは「基本」を理解できていない部分があるからなんですね。

つまり過去に”つまずき”があるんです。

いくら理解している部分を勉強したところで、成績アップはできません。

点数をさらに上げたいと思うのであれば、この「基本」を理解してつまずきを解消しないことには新しい点数を得ることはできないんです。

 

したがって高校受験へむけてもうちょっと点数が足りない!ということで悩んでいるのであれば、過去のつまずきを洗い出して「基本」を理解すればいいだけの話。

つまじきが解消できれば問題が解けるようになるので、とうぜん点数アップにつながる。

つまり多くの家庭では、この「基本」についての認識が甘いんです。

 

中学生が勉強の基礎基本をしっかりと学べる勉強法

中学生 勉強 基本

この「基本」を理解するためにはどうすればいいのか?

たぶんこんなふうに言えばめっちゃ考えるはずです。

「あとここの基本を理解すれば合格できますよ」

さて、どうしますか?

 

まず思いつくのは参考書を購入すること。

もちろんそれも良い手段ではあります。しかし本当に参考書を子供が自分の力で読んで理解して、本質で基本を理解できると思いますか?

がんばって時間をかけて理解しようとすれば可能かもしれませんが、たぶんかなりの時間が必要になるし簡単に理解できなかったから今の姿があるんです。

 

だったら学習塾に通わせる?

私も塾講師時代につくずく思っていましたが、学習塾で過去のつまずきを解消することは基本的にできません。高校受験模試や過去問などに取り組ませるだけなので、基本を理解していないから解けない‥という結果に陥るだけ。

未来には強くても”過去には弱い”のが学習塾というものなんです。

 

ではどんな勉強方法が一番基本を理解できるのか?

これは過去の「授業」を受けることがもっとも確実な方法なんですね。

でも過去の授業なんて学習塾でも受けることはできない‥。

そこで私がおすすめしたいのが「通信教育」という勉強方法。

 

通信k尿いくには”映像授業”という機能があります。

過去の授業でも未来でも受け放題なんです。

過去の「基本」を理解できていない授業を片っぱしから見ることで、効率よくつまずきを解消出来ていく。つまり新たな点数アップが期待できる勉強方法というわけです。

 

中学生の受験勉強に効果の大きい「基本を理解できる」教材

中学生 勉強 基本

私はこのように通信教育の”映像授業”を利用することによって基本を理解できる効率の良い方法になると考えていますが、もし興味があれば実践されてみてください。

「通信教育だったらあまり勉強になりそうじゃないからいいわ‥」

と思われるのであれば、べつにムリしてされることはありません。

くれぐれもお伝えしておきますが、本当に点数アップをめざしたい家庭だけ通信教育の”映像授業”を使ってみることをおすすめします。

 

なんでそんなふうに言うかといえば、通信教育は家庭学習の延長だから。

つまり子供に「やる気」がないことには始まらないからです。

学習塾のように強制力がなく自分の考え次第ではやらなくても誰も分からないので、しっかりと自分事として捉えることができない限りは通信教育はかえってマイナスの効果になってしまいます。

 

最後にお伝えしておきますが、通信教育といっても”映像授業”が搭載されているもの。

まずはこれをしっかりと選んでいくことが重要なポイント。

中には映像授業の搭載されていない教材もありますが、ただ単にドリル機能だけしか入っていなければ書店でドリルを購入するのと何ら変わらないので注意してください。

 

もし参考になるのであれば、私が今までに通信教育を実際に体験して”映像授業”の質までも探っておすすめな教材をピックアップしていますのでお伝えしておきます。

総復習におすすめの映像授業3選

いかに基本を理解してつまずきを解消できるか?

これが高校受験での結果を大きく左右するもっとも重要なポイントである、ということをくれぐれも理解されておくことをおすすめします。

新たな点数の上積みは、過去のつまずき解消しか方法はありません。

 

➝詳しく中学生 通信教育 ランキングを知る!

中学生の英数国がいちばん確実にわかりやすく理解できる通信教育

文部科学大臣賞の受賞実績をもつ「通信教育すらら」です。

この通信教材は対応できる偏差値がもっとも幅広く30~70いずれの学力にも適した勉強ができるため、学力向上によって教材を選び直すこともなく使い続けることができて便利です。

また映像授業が跳び抜けてバツグンに優秀で、

・一般の通信教育「一気に説明をする、学校スタイル」

・通信教育すらら「少しずつ説明と確認を繰り返す、家庭教師スタイル」


このような違いがあることによって、

少しの範囲だから当然のように解ける ➝ 繰り返しているうちに全部わかる

授業のお手本、ともいえる「確実に頭に入る説明」なのが大きな特長です。
この通信教材すららの授業で理解できなければ、ほかの教材をやってもムダです。

私の家庭でも実際に使っていますが、この教材はいいですよ。

通信教材すららの公式サイトはこちら
http://surala.jp/

私の体験談はこちら
塾レベル!?「通信教育すらら」を6ヶ月体験した元塾講師のリアル口コミ

 

こんな情報も参考にしてみてください


「スカイプ英会話ベスト3」

中学生 通信教育 ランキング

中学生におすすめな英検二次対策のできるスカイプ英会話ベスト3と「絶対に後悔しないためのスカイプ英会話選び」として注意しておきたい3つのポイントをお伝えします。

後悔しないためのスカイプ英会話選び


「中学生のタブレット通信教育7つを徹底的に探る!」

中学生 通信教育 ランキング

中学生の毎日の勉強として「本当の意味で役立つ」タブレット通信教育はどれか?徹底的に探って間違いのない選び方をお伝えしていきます。

中学生のタブレット通信教育7つを探る!


スポンサードリンク


今までに探ってみた通信教育一覧

私が今までに徹底的に調べてきた通信教育を、タイプ別に一覧で表示しています。

ネット塾タイプ

すららデキタススマイルゼミ中学生秀英id予備校学研ゼミショウインスタディサプリ中学生Z会 

紙タイプ

くもん式進研ゼミ中学講座進研ゼミ「エベレス」中学ポピー

英会話タイプ

学研「kimini英会話」スタディサプリEnglishスカイプ英会話「スモールワールド」スカイプ英会話「QQイングリッシュ」


スポンサードリンク


コメントを残す