中学生の通信教育|プログラミング義務教育化!将来に向けて知っておきたい3つのこと

中学生の通信教育|プログラミング義務教育化!将来に向けて知っておきたい3つのこと 家庭学習
こんにちは、TSUTOMUです。

中学生の授業でプログラミングは必須となっていますね。

しかしプログラミングを習ったところで「将来どんな道があるの?」と考える家庭も多く、資格や就職先についてあまり知られていないのが実態です。

そこで中学生が義務教育でプログラミングを勉強すると「どんな将来が開けるか?」「資格には何があるのか?」などについて詳しくお伝えしていこうと思います。

中学生のプログラミング義務教育とは?

中学生 プログラミング 義務教育

最近はITにて管理される傾向があり、今後はIT技術者の減少なども懸念されつつあります。

IT技術者の人材不足なども心配されつつあり、中学生の間にしっかりとIT系の勉強を行うことで苦手意識なくプログラミングも自在にできるようになり、義務教育においてもこうしたサポートをどんどん推奨していくことは必要になっています。

家庭環境によってIT技術力に差が出ないよう義務教育においてプログラミングを必須科目とすることで、頭が柔軟な時期の小学生・中学生などの義務教育時期にしっかりと学習することは大切なことです。

新たな興味が出てプログラミングの知識をどんどん吸収していくことにもつながり、幅広く勉強することで将来的にも可能性を広げることにも役立ちつというわけです。

 

中学生の技術家庭科の科目では、プログラムによる計測・制御が必修科目になっています。義務教育の段階から早くプログラミングを行うことで子供もスムーズに学習することができ、興味を早く持つことができます。

ゲーム好きな子供などにはプログラミングの食いつきもよく、思ったよりも吸収が早いのが特徴です。学校以外にも塾や地域のイベントでも多くのIT系のロボット製作など様々な種類が提供されているので、興味を持ったことはチャレンジできるチャンスが増えています。

 

IT人材を育成するために政府も義務教育の段階から力を入れており、今後人口減になりIT技術者も減少傾向にあるため育成に力を入れてサポートしています。

中学生からプログラミングを学んでいると、将来的にエンジニアとして興味を持つことになったり、数多くある言語を自由に使うことでソースを読んで組み込むなど、色んなことができるので楽しみが増えるというわけです。

中学生がプログラミング義務教育で得るもの

中学生 プログラミング 義務教育

中学生は勉強や部活動など忙しい時期ですが、短期イベントなどでロボット製作など沢山ありますし、参加してみるのも良いですね。

近年はIT化も進み今後はIT技術者を育成することで、様々な機関で活躍する人材を育てことが大切になります。

義務教育でも必須科目となったプログラミングは中学生などは吸収力も早く、ゲーム好きな子供は自分でゲームを作ったり、遊び感覚でプログラムを作り込むことができるので楽しめているようです。

 

二進数や英語での組み込みになるので数学や英語が得意だといった証明にもなり、、中学生からプログラミングを必須とするのは義務教育では必要なことというのがわかります。

日本はあと数十年後、少子化や人口減少が大きな問題となっています。

それに対応していくためには、義務教育の段階からプログラミングを授業の中に取り入れ、中学生など頭が柔軟な頃にこうした技術を学んでおくことで幅広く対応できるようになります。

 

IT技術者が増えることで様々な分野に活用することができ、また問題解決することにもなります。新たなビジネスチャンスも生まれますし、子供達の視野を広げるためにも必要な学習だと言えます。

各国とビジネス競争に対応していくためにも中学生の頃から数多くの種類の言語に携わり、IT技術を身につけることは必要不可欠になりつつあります。

中学生はプログラミングの義務教育をベースに資格取得のチャンスへ

中学生 プログラミング 義務教育

プログラム関連の資格にはC言語・Java・VBAなど様々な言語があり、プログラミングのベースは作り込むプログラム・コンパイル・デバッグなど様々な工程を踏んで資格取得をめざします。

年齢に関係なくIT系の資格は受験が可能になっているので、義務教育の授業でプログラミングを学習し、小学生・中学生などIT系の資格に興味を持ったら、どんどんチャレンジするのもおすすめです。

Javaプログラミング能力認定試験・C言語プログラミング能力認定試験・情報検定(J検)の情報システム試験・基本情報技術者試験・VBAエキスパートなど、種類も豊富にあります。

 

いろいろな資格へチャレンジしてみることで本人がどの言語が得意か、まずは試しに受けてみると自分のレベルがわかり、身近な目標ができることでやる気アップにもつながります。

小学生・中学生でも習得できるIT系資格は技術が移り変わってもベースに変化はなく、やはりプログラミングの基礎をしっかりと義務教育の時点で勉強することで理解度も早く将来のために必要な対策となります。

技術力が身につくことで自分に自身が持て、また幅広く活躍するチャンスにもなります。

必修化となった中学生のプログラミング義務教育に対応するには通信教育も手段

中学生 プログラミング 義務教育

プログラミングが義務教育となったいま、中学生の通信教育も有効な成績アップの手段です。最近は教室に通えない家庭がどんどん利用し始めています。

まだまだプログラミングを習いたくても”近くに教室がない!”という場合が多いですが、中学生の通信教育でプログラミングを学べば場所を問わずネット環境があればどこでも学習できてしまいます。

 

最近の家庭の動きを見てみると、以外と中学生の通信教育を利用して義務教育となったプログラミングを学習しているようなんですね。

「いまトコトン勉強すればトップを走れる!」

という部分に気がついている家庭も多く、近くのプログラミング教室に通わせるか中学生の通信教育で習わせる対応の早い家庭もなかなか多くなっています。

そうなんです、今は新しい分野としてチャンスなんです。

国としても今後の日本において必要なので始まった中学生のプログラミングなので、どっちにしろ上位にいたほうが何かと得なんですね。

 

もちろん今までの5教科も大事ですが、もし5教科以外に武器を身につけさせようと思えば「英会話」「プログラミング」がもっとも大きな力になってくるはず。

もしプログラミング教室が近くになければ、今の早い段階のうちに中学生の通信教育を利用して本物のエンジニア講師に習っておくことをおすすめします。

オンラインで学ぶ!中学生のプログラミング人気の教室ベスト3!

 

<関連記事>

【中学生のプログラミング学習】オンラインスクールのメリットと成績アップ

中学生が将来のために目指したい3つのプログラミング資格とその他種類

中学生向けプログラミング塾で学習できるプログラムの種類と詳細

プログラミング初心者の中学生におすすめのモチベーションと勉強方法

中学生プログラミング授業の必修化って?いったいどんな勉強をするの?

中学生のプログラミング学習!初心者に最適な参考書7選とスタディポイント

中学生のオンラインプログラミングの比較方法・メリット・デメリット

 

中学生 通信教育 ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました