中学生が通信教育を続けるコツって?途中で辞めてしまう理由とは‥

中学生が通信教育を続けるコツって?途中で辞めてしまう理由とは‥ 基礎知識
こんにちは、TSUTOMUです。

中学生が通信教育を続けるコツって、何かいい方法があるのでしょうか?

せっかく通信教育をはじめたのに、だんだんとやらなくなってきた‥
学習塾に通わなくていいから、便利だと思ったのに‥

途中で辞めてしまう理由」がわかれば、対応もできるというものです。いったいどうすればいいのか解決方法をお伝えします。

なんで通信教育が続かず途中で辞めてしまうのか?

中学生 通信教育 続けるコツ

まずはじめに、通信教育というものをよく考えてみてください。

なんで通信教育を始めようと思ったのか‥?

・・・・・

・・・

  • 子供が学習塾に行きたがらない‥
  • 自宅で勉強できるから便利そうだった‥
  • ひとりで勉強できないので通信教育に頼ってみた‥

などなど‥

 

始めようと思った理由はいろいろあると思いますが、

たしかに通信教育は便利で、通わなくていいし時間も大幅に節約できます。

しかし‥

とても便利なだけに、じつは落とし穴があることをご存知でしょうか?

これは子供が勉強している姿を想像すると、おのずと答えが見えてくるはずです。

いったい何だと思われますか?

・・・・・

・・・

それは‥

「通信教育は、子供がひとりで取り組む勉強方法」

なんだ当たり前のことじゃないか、と思われるかもしれませんが、

通信教育というのは、この部分が大きな壁になってしまうことがあるんです。

そして続かない理由の多くは、ほとんどがコレです。

 

でもせっかく勉強をさせようとしたのに、これでは本末転倒ですよね?

いったい何のために通信教育を選んだのか?という話になってしまいます。

 

でも通信教育で勉強している子供も、じつはたくさんいます。

なんでウチの子は勉強できないのか‥?

と思われるかもしれませんが、安心してください。

それは‥

ただ単に、通信教育の「ジャンル」が子供に合っていないだけです。

 

ジャンルって何?

通信教育のジャンルっていうのは、2つのものがあります。

✅1つ目は、冊子など髪の媒体を使ったもの。

✅2つ目は、インターネットを使ったもの。

まずは、このどっちの通信教育で勉強をさせているか考えてみてください。

 

もし今のジャンルが子供に合っていないのなら、もう一方を試すのも手です。

それで勉強してくれるの?ということは抜きにして、

このまま黙って見ているよりも、ずっと前向きな方法です。

参考:中学生の通信教育における3つの種類と間違いのない7つの活用法

中学生が通信教育を続けるコツ

中学生 通信教育 続けるコツ

通信教育のジャンルを考えてみることは、かなり子供とのマッチングが高まる方法です。

これで子供にピタッと合って、勉強をしてくれるようになれば最高です。

 

ただし‥

闇雲に与えるというのはヤメてください。

くれぐれもしっかりと通信教育をリサーチして、ベストなものを選ぶことが肝心です。

 

ではどうやってリサーチするか?

いちばんいい方法は‥

多くの家庭が使っている通信教育を調べてみる。

どこの家庭でも、「続ける」ことをしっかりと考えた上で利用しています。

ということは、その通信教育には続くための「魅力」が必ずあるはずです。

 

どうやって探したらいいのか分からないのであれば、この方法がおすすめです。

私が調べてみて多く使われているのは‥

インターネットを使った「eラーニング教材」

このeラーニング教材というのは、今後の教育現場でも導入されるシステムです。

公的な学校などはもちろん、すでにこのシステムを使った学習塾もあります。

 

私はこれからの通信教育は、このeラーニング教材が主流になると思います。

というよりも、すでに利用している家庭も多く、人気のある通信教育です。

もし通信教育が続かないということなら、これは試してみる価値は十分にあります。

中学生の通信教育でタブレットでできるおすすめ教材7つを探る!
中学生のタブレットでできる通信教育において「おすすめ」とはいったいどういうことでしょうか?闇雲におすすめという言葉を見かけますが、何をもってのおすすめなんだか‥?そこでおすすめとは何か?に焦点を絞りながら通信教育を選んでいこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました