中学生の通信教材についてキャッチコピー等はどうでもいいので「本質」で中身を探っていきます。しかし結果を出すためには子供自身の「やる気」も必要ですので、そちらはぜひご協力お願いします。

中学生 通信教育 ランキング|中学3年の受験生は最後の夏休みが大きな鍵!勝敗を分ける勉強方法とは?

中学3年 受験生 夏休み

中学3年といえば、受験生にとって最後の夏休み。

さあ、この夏休みで高校受験の勝敗が大きく左右される!といっても決して大げさではなく「その通りだった‥」と後になって分かるものです。

そこで一般的な受験生の勉強方法というのは高校入試模試や過去問ですが、さらに一歩上を行くために中学3年の夏休みにやっておきたい勉強方法についてお伝えします!

これを読んでいただいているのは親御さんですよね?
まさか中学3年の受験生がこの記事を読んでいることはないので親御さんへ向けて受験生最後の夏休みでの取り組み方をお伝えします。

中学3年の受験生が最後の夏休みにすべきこと

中学3年 受験生 夏休み

中学3年の受験生といえば、学習塾などで一般的に行われる勉強方法というのは2つ。

高校入試過去問と模試。

とくに最後の夏休みでは、夏期講習などでこの2つに力を入れて取り組むはずです。

 

私も塾講師時代には、きちんとこの2つを中心にとり組ませていました。

しかし今となっては学習塾とは縁が切れたことによって、さらに中学3年の夏休みでライバルに差をつける勉強方法をお伝えすることができるんですね。

しかし少し考えてみてください。高校入試過去と模試を徹底的にやるのはいいのですが、なにか不足していると思いませんか?

・・・・・・・・

・・・

そうなんです、この2つというのは「仕上げ」なんです。

もちろん落ち度なく仕上げる!というのはとてもいいことですよ。しかしなにが不足しているかといえばこれです。

中学3年 受験生 夏休み

「今までのつまずきの解消」

すでに受験生ともなる中学3年の夏休みともなると、誰もが仕上げばかりに目が行ってしまって「今までのつまずき」にまで目が行っていないというわけなんです。

 

私も塾講師をしながら、どうしても腑に落ちなかったのがそれ。

だって実際に中学3年の受験生たちが最後の夏休みと思って、必死に高校受験過去問と模試に取り組んでいながら「どうしても点数がアップしない」という子供がいるわけなんですよ。

こんな状態の子供には、本当にこんな中学3年の夏休みなんていう貴重な時間を過去問や模試だけに使っていて点数アップが図れるのか!?と思っていました。

 

だっていくら過去問や模試をやったところで、それ以上の点数アップは見込めないじゃないですか。

そりゃあそうですよ、過去の「つまずき」が解消できていないんですから。

中学3年 受験生 夏休み

つまり今のキャパシティをフルに発揮したところで、取れる点数というのは今より上がるわけがないんです。

だって今のMAXがその点数なんですからね。

 

もし今のMAXが志望校に合格できるだけの学力があれば、それはそれでいいです。

しかしそこに満たない受験生というのは、さらに点数を生み出さないといけないわけなんです。

だったら私は過去問や模試もいいけど、それをやった上でさらに「つまずき」を解消しないとMAXの点数は上がらないと思っているんですね。

 

なんとなくでも私の受験生に対する想いが分かっていただけましたか?

そうです、点数が取れていなければ「つまずき」を解消すること。

これが大事で、とくに中学3年生の夏休みなんていう大チャンスには過去問や模試をやりながら総復習をして「つまずき」を解消しないとこれ以上点数は伸びません。

 

ここまでいえば見えてくると思いますが、

つまり今までに足りない部分を、苦労して刈り取るということ。

決して生易しい事ではありませんが、確実に今よりも点数をアップさせて志望校合格を目指すのであれば間違いなくやるべきだと私は思っています。

 

勝敗を分ける中学3年の夏休み!そんな受験生にすすめたい勉強方法!

中学3年 受験生 夏休み

点数の伸びない受験生が中学3年の夏休みで巻き返すには、仕上げもいいけど同時に「つまずき」も解消して少しでも自分のキャパシティを上げることだとお伝えしてきました。

もし少しでも伝わっていれば幸いです。

 

では具体的にどうやって「つまずき」を解消していくのか?

これには「つまずき」の意味をよく理解しておかなければいけないのですが、つまり基礎基本が理解できていないために今の状態になっているわけです。

基礎基本が理解できていれば「つまずき」になんかならないですからね。

 

では基礎基本を理解するためには、いったいどうすればいいのか?

この答えは「参考書をしっかりと理解すること」なんですね。

中学3年 受験生 夏休み

参考書というのは基礎基本を理解するためにあるのもので、問題集は理解度を定着させるためのものです。

これを間違って与えている家庭が多いので、基礎基本を理解させるために参考書を与えて受験生最後の夏休みでしっかりと総復習させてみてください。

 

この基礎基本というのは理解できてしまえば、思った以上にガラガラッとせき止められた川が流れるように理解がつながっていくものです。

今まで諦めていた問題も分かるようになったりと、思いもかけない点数アップのかけらが舞い込んでくることもしばしばあるものなんですね。

 

しかし受験生にとって中学3年の夏休みというのは、じっくりと参考書を自分の力で読んで理解するというのも時間が掛かるものです。

そこで私がすすめたい勉強方法というのが「中学生の通信教育」なんです。

中学3年 受験生 夏休み

なんだ通信教材か‥と思われる家庭もあるかもしれませんが、ここまでじっくりと私の考えを理解していただけた方であればピンッ!とくるかもしれません。

 

中学生の通信教育がなんで受験生にとって中学3年最後の夏休みにおすすめなのかといえば、基礎基本を理解するのに絶好の勉強方法になるから。

つまり中学生の通信教育には参考書よりも基礎基本を短時間で理解できる「映像授業」という機能が搭載されているためなんです。

中学生の通信教育で映像授業というのはこんな感じ。

中学3年 受験生 夏休み

どうですか?こんな過去の授業を見て基礎基本の総復習ができたら。

参考書のように自分の力で理解するのではなく、学校と同じように高校受験のポイントまで詳しく教えてくれるとしたら中学生の通信教育は間違いなくおすすめな勉強方法になるはずです。

それも中学生すべての範囲が授業で見ることができるため、何一つ落とすことなく完全に網羅することのできる勉強方法になる。

 

ただし中学生の通信教育に興味を持たれたのであれば、ぜったいに映像授業が搭載されたものを選ぶようにしてください。そうじゃないと参考書の代わりにならずただの問題集の代わりになるだけですから。

私も中学生の通信教育の優秀さに気がついてからは、あれこれと様々な教材を実際に試したりして本当に中学生にとっておすすめなのか?と確認してきました。

そんな中から間違いのない良塾をぷっくアップしていますので、自分で選ぶのが不安という方はひとつの参考にしてみてください。

中学3年 受験生 夏休み

中学生の通信教材を比較するときは『映像授業』の質がいちばん重要!

もし「中学3年の夏休みになって、今さら基礎基本は‥」ということであれば、それはそれで過去問と模試に集中してさせていて構いません。

ただ私も塾講師の経験から、少しでも関わったみなさんには絶対に志望校へ合格して欲しい!という思いがあってこのようにヘタクソな文章で記事に起こしています。

少なくとも、そこだけはお伝えできていると嬉しいです。

 

どの受験生よりも中学3年の夏休みで確実に点数アップを図ることが重要!

中学3年 受験生 夏休み

受験生として中学3年最後の夏休みには、しっかりと過去問と模試を解いていくこと。これ以上学校で習うことは少ないので、新たな知識よりも今までの復習が何よりも大事です。

しかしこれはどの受験生でもやっていることなんですね。

ではどこで差を生み出すか?といえば、これまでにお伝えしてきたように「過去のつまずき」をクリアにしていくということなんです。

 

過去問や模試というのは、たとえ10年分やったとしてもあっという間に頭に入るはず。高校入試過去問10年分なんて、本当に1週間もあればクリアできますよ。

中学3年 受験生 夏休み

同じ問題を2度繰り返したとしても2週間もあれば十分で、ほとんどの受験生はそこまでも時間はかからないはずです。

 

しかしそうなってくると、

今度は「勉強方法」につまずくようになるんですね。

せっかく大チャンスの受験生として中学3年最後の夏休みを、なんともあっけなく終わらせてしまう‥という子供たちを今までにも見てきました。

これは過去問と模試がすべて、と思っているためです。

 

そのタイミングで「過去のつまずき解消」に目を向けることができればいいのですが、当の本人はなかなか気づくことができないもの。

私たち塾講師が「さらに過去のつまずきの解消!」とおしえることによって、初めてその需要さに気がつく子供が本当に多いものです。

しかし、気付いただけ儲けものですよね。

実際にそこに気がついた受験生たちは、過去問と模試だけに集中していた子供よりも多く高校受験で結果を出していましたから。

中学3年 受験生 夏休み

受験生として中学3年の夏休みは、泣いても笑ってもこれで最後の大チャンス。

しっかりと志望校へ合格できる力を付けるため、徹底的に過去問と模試に取り組むと同時に「過去のつまずき」をしっかりと克服させるようにしてください。

中学生の通信教育は思わぬ点数アップにつながる勉強方法になるはずです。

 

中学生 通信教育 ランキング

中学生の英数国がいちばん確実にわかりやすく理解できる通信教育

文部科学大臣賞の受賞実績をもつ「通信教育すらら」です。

この通信教材は対応できる偏差値がもっとも幅広く30~70いずれの学力にも適した勉強ができるため、学力向上によって教材を選び直すこともなく使い続けることができて便利です。

また映像授業が跳び抜けてバツグンに優秀で、

・一般の通信教育「一気に説明をする、学校スタイル」

・通信教育すらら「少しずつ説明と確認を繰り返す、家庭教師スタイル」


このような違いがあることによって、

少しの範囲だから当然のように解ける ➝ 繰り返しているうちに全部わかる

授業のお手本、ともいえる「確実に頭に入る説明」なのが大きな特長です。
この通信教材すららの授業で理解できなければ、ほかの教材をやってもムダです。

私の家庭でも実際に使っていますが、この教材はいいですよ。

通信教材すららの公式サイトはこちら
http://surala.jp/

私の体験談はこちら
塾レベル!?「通信教育すらら」を6ヶ月体験した元塾講師のリアル口コミ

 

こんな情報も参考にしてみてください


「スカイプ英会話ベスト3」

中学生 通信教育 ランキング

中学生におすすめな英検二次対策のできるスカイプ英会話ベスト3と「絶対に後悔しないためのスカイプ英会話選び」として注意しておきたい3つのポイントをお伝えします。

後悔しないためのスカイプ英会話選び


「中学生のタブレット通信教育7つを徹底的に探る!」

中学生 通信教育 ランキング

中学生の毎日の勉強として「本当の意味で役立つ」タブレット通信教育はどれか?徹底的に探って間違いのない選び方をお伝えしていきます。

中学生のタブレット通信教育7つを探る!


スポンサードリンク


今までに探ってみた通信教育一覧

私が今までに徹底的に調べてきた通信教育を、タイプ別に一覧で表示しています。

ネット塾タイプ

すららデキタススマイルゼミ中学生秀英id予備校学研ゼミショウインスタディサプリ中学生Z会 

紙タイプ

くもん式進研ゼミ中学講座進研ゼミ「エベレス」中学ポピー

英会話タイプ

学研「kimini英会話」スタディサプリEnglishスカイプ英会話「スモールワールド」スカイプ英会話「QQイングリッシュ」


スポンサードリンク


コメントを残す