中学生の通信教材についてキャッチコピー等はどうでもいいので「本質」で中身を探っていきます。しかし結果を出すためには子供自身の「やる気」も必要ですので、そちらはぜひご協力お願いします。

中3の冬休みこそ通信教育をガムシャラにやることで救われる「当たり前」のこと

中3の冬休みというのは、とくに通信教育の力を借りる最適な時期。

今まで通信教育を使って勉強したことがなければ「対して勉強にならないでしょ‥」と思う家庭も多いですが、実際に通信教育の中身を”根拠”で考えてみると中3の総仕上げには最適なんですね。

そこで中3の冬休みになんで通信教育が適した勉強方法になるのか、ぜったいに高校受験に合格するんだ!と強い気持ちを持ちながら軽い気持ちで読んでみてください。

効率に優れた総仕上げをしましょう!
まだ問題集や過去問を大量に買い込んで限りある総仕上げをやろうとしていますか?もう本屋さんで消耗する時代は終わっているかもしれませんよ。

通信教育を冬休みにやるメリット

通信教育 冬休み

私は勉強方法についてとやかくいうつもりはありません。

どんな勉強方法でも本人に合っていて志望校へ合格できればOKという話であって、その勉強スタイルと言うのは自分で選べばいいんです。

ただここでお話しするのは「効率のいい1つの勉強方法」ということで、しっかりと”根拠”に沿って考えていこうというもの。

もし何かのヒントになれば、なんて思います。

 

もっとも大きなメリットというのが「つまずき解消で点数アップ」が可能ということ。

点数がアップしないのは何でだかおわかりですか?

・・・・・・・・

・・・

これは「つまずき」が解消できていないため、新たな点数を生み出すことができていないためなんですね。つまり”点数の上積み”ができていないということ。

とくに中3の冬休みでは問題集や過去問を使って、こんな勉強の仕方になりがち。

”すでに解ける問題ばかり固めにかかってしまう”

もちろんそれは大事な受験勉強になりますよ。

しかし、あと一歩点数が欲しい!という場合にそればかりをやっていても、新しく点数を生み出すわけではないので上積みが期待できないんです。

 

では、どうすれば「つまずき」を解消できるか?といえば、基礎を理解すること。

基礎を理解できていないために「つまずき」になっているんです。

だったら基礎をサクッと理解してしまえばいいだけの話なんですね。

でもどうやって基礎を理解するか?というのが問題。

基礎を理解するためには、学校の教科書をしっかりと理解すること。

これができれば「つまずき」が解消できるはずです。

 

しかし学校の教科書というのは完璧ではないんです。

だから「授業」で詳しく説明をしてしっかりと理解させようということなんですね。

基礎力をつけるためには「授業」を受ければいいのか。

ここまではわかると思いますが、じゃあいったいどうやって過去の授業を見るの?という部分で答えが出ないはずなんです。

 

授業を見ることができないから参考書などを買って自分で理解しようとする。

でも結局ポイントを掴み切れず基礎を理解できないまま終わり‥。

そんな悪循環になるのは目に見えている事実。

中3の総仕上げには、そこで通信教育の「映像授業」を使って基礎を理解して新たな点数アップを図ったほうが間違いなく確実な勉強方法になるというわけです。

基礎を理解するのに「授業」ほど分かりやすいものはないですからね。

 

通信教育こそ中3冬休みの総仕上げに使うべき

通信教育 冬休み

中3の総仕上げだからこそ通信教育を使うべきだと私は思っています。

いくら過去問や問題集・模試ばかりをやっていても、いつまで経っても「つまずき」は解消されず点数アップは見込めませんよ?

それと並行して新しく点を作り出すために、根拠のある解消方法で「つまずき」をクリアにしていくことがかなり重要な合格を左右するポイントなんです。

 

たとえば中学生で習う数学の単元はこれだけあります。

中学1年‥正負の数・文字式・方程式・関数・平面図形・空間図形・資料の整理
中学2年‥式の計算・連立方程式・1次関数・角度・三角形・四角形・確率
中学3年‥多項式・平方根・2次方程式・関数・相似・円・三平方の定理

全部で21ほどの単元から構成されているんですね。

1つの「つまずき」を解消できれば、5点は新たに点数が上積みされるということ。ザッとした計算でどんぶり勘定ですが。

でもそういう計算になりますよね。これが公立高校の受験であれば、とくに基礎力が問われる問題がおもに出されるので明らかに違ってくるというわけです。

 

さらにいえば、1つの単元はいくつかの項目から構成されているので、基礎が理解できてしまえば積み上げ学習なので芋づる式に理解できるということ。

これはですね、やってみる価値は十分にありますよ。

だって数学の例でいけば、1つの単元で5点アップですから。

 

とくに中3の冬休みになってくると、受験生って山を張ることがほとんど。

つまり「つまずき」は放置して、得意な分野だけを確実にしておくといった勉強方法に取り組む子供が非常に多いということ。

その結果として取り組むのが過去問・問題集・模試の3つ。出てくる問題の「つまずき」は飛ばして得意な部分だけを完ぺきにしようとするんです。

 

そんな中で”人よりももうちょっと頑張る”というのが合格への鍵なんですね。

それが「つまずき」の解消による点数の上積みということです。

とくに中3の冬休みに通信教育の「映像授業」を利用して、少しでも多くの「つまずき」を解消していくことが地味ながら想像以上に結果を左右するポイントといえます。

 

通信教育を冬休みに使うと「当たり前」のことが起きる

通信教育 冬休み

なんとなくでも私の”高校受験合格論”が見えましたか?

私もこういった文章を書くのが得意ではないので伝わりづらいと思いますので、何となくでも理解していただければいいのかなと思います。

 

しかし正直言って、中3の冬休みになってくると受験生っていうのは意外と”暇”なものなんです。暇といえば語弊がありますが、割り切って「つまずき」を切り捨てている状態といえばいいかもしれません。

余計なことは考えず、出来ることをしっかりとやっていこうという状態。

私も塾講師時代にそう感じましたが、実際のところ本当に割り切っている中学生が多いというのが実態ですよ。

 

しかしそんな中で「つまずき解消の努力」をした受験生が合格を掴んでいる。

これも高校受験を受けたあとの実態(結果)というわけです。

私も関わった受験生には少しでも多く合格して欲しいと思っているので、より合格に近づける方法を伝えていけることができればと思っています。

あとは「やるか」「やらないか」。

取り組んでみて欲しくても、こればかりは私にはどうすることも出来ません。

 

私はとくに中3の冬休みには、通信教育の「映像授業」でつまずきを解消する。

これが新たな点数を作り出す重要なポイント、とお伝えしてきました。

なにも魔法のようなことはないので、当然の結果が出るといった話です。

この「当たり前」の結果を掴むかどうかは、それぞれの家庭でご判断ください。

 

もちらも参考までにどうそ。

通信教育 冬休み

中3でやっておきたい通信教育ってどれ?総復習におすすめの映像授業3選

 

➝詳しく中学生 通信教育 ランキングを知る!

中学生の英数国がいちばん確実にわかりやすく理解できる通信教育

文部科学大臣賞の受賞実績をもつ「通信教育すらら」です。

この通信教材は対応できる偏差値がもっとも幅広く30~70いずれの学力にも適した勉強ができるため、学力向上によって教材を選び直すこともなく使い続けることができて便利です。

また映像授業が跳び抜けてバツグンに優秀で、

・一般の通信教育「一気に説明をする、学校スタイル」

・通信教育すらら「少しずつ説明と確認を繰り返す、家庭教師スタイル」


このような違いがあることによって、

少しの範囲だから当然のように解ける ➝ 繰り返しているうちに全部わかる

授業のお手本、ともいえる「確実に頭に入る説明」なのが大きな特長です。
この通信教材すららの授業で理解できなければ、ほかの教材をやってもムダです。

私の家庭でも実際に使っていますが、この教材はいいですよ。

通信教材すららの公式サイトはこちら
http://surala.jp/

私の体験談はこちら
塾レベル!?「通信教育すらら」を6ヶ月体験した元塾講師のリアル口コミ

 

こんな情報も参考にしてみてください


「スカイプ英会話ベスト3」

中学生 通信教育 ランキング

中学生におすすめな英検二次対策のできるスカイプ英会話ベスト3と「絶対に後悔しないためのスカイプ英会話選び」として注意しておきたい3つのポイントをお伝えします。

後悔しないためのスカイプ英会話選び


「中学生のタブレット通信教育7つを徹底的に探る!」

中学生 通信教育 ランキング

中学生の毎日の勉強として「本当の意味で役立つ」タブレット通信教育はどれか?徹底的に探って間違いのない選び方をお伝えしていきます。

中学生のタブレット通信教育7つを探る!


スポンサードリンク


今までに探ってみた通信教育一覧

私が今までに徹底的に調べてきた通信教育を、タイプ別に一覧で表示しています。

ネット塾タイプ

すららデキタススマイルゼミ中学生秀英id予備校学研ゼミショウインスタディサプリ中学生Z会 

紙タイプ

くもん式進研ゼミ中学講座進研ゼミ「エベレス」中学ポピー

英会話タイプ

学研「kimini英会話」スタディサプリEnglishスカイプ英会話「スモールワールド」スカイプ英会話「QQイングリッシュ」


スポンサードリンク


コメントを残す