-お得情報-
今月いっぱい(~12/31)まで通信教育すららが
入会金¥10,000➝¥0のキャンペーン中です。
すららの詳しいレビュー

学習障害(発達障害)の中学生が勉強するのに通塾不要で理解できる通信教育

基礎知識

こんにちは、TSUTOMUです。

今回は学習障害の中学生についてお話しします。

学習障害の中学生が勉強するときに、こんなことがありませんか?

  • 通塾がムリなので学習塾に通わせることができない‥。
  • 自宅で教えようとしても理解してくれないし教え方がわからない‥。

私も一応ですが”発達障害コミュニケーション指導者”という資格を持っており、少しでも学習障害をはじめとする発達障害全般を理解できればと今まで過ごしてきました。

発達障害コミュニケーション指導者

まだまだ上を目指せる資格ですが、私は専門職ではないので今のところここまで。

しかしこの貴重な体験をさせてもらったことで学習障害に関わる勉強についても少しは理解することができたので、その経験を基におすすめの勉強方法をお伝えします。

学習障害(発達障害)の中学生におすすめの勉強方法

学習障害の中学生におすすめの勉強方法

発達障害とくに”学習障害”の中学生は「読み」「書き」「計算」が困難ですよね。

全てが困難な子供もいれば、3つのうち1つ~2つが困難といった場合もあるかと思います。どっちにしても1つでも困難であれば勉強に支障が出るので大変です。

そこで私が発達障害(学習障害)の中学生におすすめしたい勉強方法がこちら。

学習障害の中学生におすすめしたい勉強方法「すらら」

すららの公式サイトhttps://surala.jp/

「通信教育すらら」という教材で、発達障害(学習障害)の中学生にこそやってほしい勉強方法です。というのもきちんとした理由があります。

 

この「通信教育すらら」という教材は、発達障害全般の子供が理解できるように作られていますが発達障害とくに学習障害(LD)の子供がよく理解できる事を前提に監修されている教材です。

私も気になった教材だったので詳しく調べてみていますが、まずこの教材は「発達障害支援の専門家」「発達障害に詳しい大学教授」が監修しているものです。

学習障害(LD)に対応している教材「すらら」

学習障害(LD)に対応している教材「すらら」

基本方針が学習障害(LD)の子供へ向けて開発されている教材で、親が自宅で教えきれない部分を代わりに教えてくれるというもの。

 

実際に教材の中身についても学習障害の子供が理解しやすく作られていて、そばにいる親にしか分からない「読み」「書き」「計算」をわかりやすく教えてくれる本当の意味で助かる教材です。

たとえば算数や数学ではこのようなことから始まります。

すららの算数や数学

こうして見るだけでも一般的な教材とは少し違うことが分かると思いますが、いわゆる「感覚」に訴えかけて理解させる内容になっている教材です。

もちろん一般的な問題なども入っているのでグレーゾーンの子供にも対応できるし、症状が重い学習障害の子供にもしっかりと対応できるように作られています。

 

私も実際にこの「すらら」を体験してみましたが、こうした通信教育でよくある映像授業の質がぜんぜん違うことがこの教材の特長です。

映像授業の質がぜんぜん違う

たとえばこのように平面と立体図形を教えるときには、1枚のカードが積み重なっていく「動画」によって学習障害の子供が理屈を理解できるようになっている授業です。

たぶん自宅でもこのように「物」を使って理屈を教えていますよね?

でもどうしても「どうやって教えたら理解してくれるのかわからない‥」という場面もあると思いますが、そんなときでもこの「すらら」の授業であれば国語・数学(算数)・英語をわかりやすく教えてくれるのでかなり助かる教材です。

 

さらにこのすららの映像授業というのは”次世代型アニメーション授業”というもので、子供に話しかけながら授業を進めていくのが特徴です。

すららの授業

たまにではなくて、ずっと子供に話しかけながらの授業です。

授業をご覧になると良く分かると思いますが、こういった通信教育は一方的な授業が多いのが一般的ですが「話しかけてくる」ことによって何だか個別指導塾にいるような感覚になれるんですね。

つまり子供が1人ぼっちの寂しさを感じることなく、通信教育なのに講師の温かみを感じながら少しずつ勉強を進めていくことができる、そんな教材です。

 

そしてご褒美機能があることで子供にとっての「目標」ができるので、学習障害の特性でもある「興味がないと見向きもしない」という部分をクリアすることにつながります。

すららのご褒美機能

親からすればご褒美なんて甘えたことはいけない!と思うかもしれませんが、とくに学習障害の子供に興味を持たせるという意味ではとても重要な要素になります。

このご褒美で子供に目標ができれば、それ以上に良いことはありません。

 

最後になりますが「すらら」を実際に使っている家庭の口コミがあります。

「すらら」を実際に使っている家庭の口コミ

この家庭はADHDのお子さんをお持ちで、すららで勉強を始めてから「勉強の楽しさ」を感じることが出来て成績アップにつながったというケースです。

いろいろなところで学習障害をはじめ発達障害の子供が「楽しさ」を感じることができる工夫があるのも、この教材の大きな特徴です。

  • 学習障害によって学習塾に通うことができない。
  • 自宅で勉強を教えるのが難しい。
  • 学習障害(発達障害)の子供にわかりやすく教えてくれる方法が見つからない。

このような場合に、この「すらら」はとてもおすすめな教材です。

きっと今の悩みが解消できる選択になるはずです。

自分の顔

まだまだお伝えし切れない部分はありますが、ぜひ無料体験をされてみてください。

きっと私が伝えきれなかった「良さ」を実感されることと思います。

間違いなく学習障害の中学生にとって、ベストな勉強方法になる教材です。

すららの公式サイト

https://surala.jp/

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました