中学生の通信教材についてキャッチコピー等はどうでもいいので「本質」で中身を探っていきます。しかし結果を出すためには子供自身の「やる気」も必要ですので、そちらはぜひご協力お願いします。

中学生 通信教育 ランキング|中学生の家庭学習に問題集?それとも最新のネット塾がおすすめ!?

中学生 家庭学習 問題集

中学生の家庭学習といえば、まず問題集を思い浮かべますよね?

じつは私が塾講師をやっていたころから感じていたんですが‥

「もしかすると今の時代は、最新のネット塾のほうがおすすめなんじゃない?」

なんて思うようになったんです。

ネット塾を調べれば調べるほど、つくずくそう感じるようになっていくんです。

その少し前まではネット塾と聞いても、まったく興味がなかったんです。

だって大した勉強もできなくて、ただ自宅でできるから便利っていうだけ‥

そんなふうにネット塾のことを思っていたんです。

 

でも、それが最近になって‥

なんかネット塾が‥めっちゃ進化して問題集よりおすすめかも!?

と思うようになったんですね。

中学生の家庭学習には問題集よりもネット塾のほうがいいかも?

中学生 家庭学習 問題集

しかし私も塾講師の立場からして、いやいや勉強はやっぱり問題集のもんだよ~なんて言っていましたが、最新のネット塾をのぞいてみると‥

え!?なにこれ?

今のネット塾ってこんなことまでできるの!?

これは大げさではなくて、実際に私がビックリして発した言葉なんです。

・・・・・・

・・・

講師の立場としては、昔ながらの問題集をすすめるべき‥

いや、でもネット塾のほうが間違いなく勉強になるよな‥

こんな葛藤に悩まされながら塾講師を続けていたのですが、いまは塾からも退いたのでやっと声を大にして言いたいと思います。

 

「家庭学習には問題集もいいけど、ネット塾のほうが間違いなく勉強になる!」

これってけっこう知られていないんですよね。

 

家での勉強は、まず問題集あるのみ!

っていう概念があって、ネット塾がこんなに進化してるなんてどの家庭も気がつかないんですね。

私は「いろいろ試してネット塾に気がつけばいいのに‥」なんて心の中で思いながら、問題集を定番のようにすすめていました‥(泣)

イラスト
そんな私のお墨付き!?のネット塾ですが、いったいどんなところを見て問題集よりもいいと思ったのか、お伝えしてみようと思います。
ネット塾に興味があれば、ぜひ参考にしてみてください。

参考:中学生にインターネット塾を考えるときのメリット・デメリット10選

 

ネット塾が問題集よりもおすすめな点

中学生 家庭学習 問題集

私はネット塾と呼んでいますが、正しくはEラーニングを使った通信教育です。

数年前までは今のようなEラーニングではなくて、システムも古かったんです。

 

ただ単に問題集のようなドリルが入っているだけだったので、それなら手書きの出来る紙でできた問題集のほうがだんぜんいいわ!と思っていました。

そんな私がネット塾に気を惹かれたのは、いまのEラーニング教材になってからです。

 

ちなみにEラーニングというのは、

eラーニングシステムとは、eラーニングを実施するための情報システムであり、おおまかには、「教材・学習材」と「学習管理システム」 (LMS, learning management system) から構成されている。なお、システムを含まない「eラーニング」という用語単独でも、eラーニングのための情報システムを意味することもある。

参考:wikipedia「eラーニングシステムの概要

ちょっと難しく書かれていますが、

要は「塾と同じレベルの勉強ができる」のがEラーニング教材ということです。

インターネットならではの情報を共有できることで、動画などでの動きといった視覚的な勉強もできるのが特長と言われています。

ネット塾がこのEラーニング教材になって、私がとくに興味を惹かれた3つのポイントについてお伝えしようと思います。

参考:中学生の勉強に通信教育?知っておいた方がいい3つのポイント

 

問題集とは比べものにならないほど情報量が多い

中学生 家庭学習 問題集

私がほぼネット塾にノックアウトされたのは、この情報量の多さです。

どのくらいの多さなのかお伝えしたいのですが、こればかりは難しいです。

というのも‥

視覚や聴覚などの五感を使った勉強ができるからです。

 

そしてこの情報の多さといえば、いちばん代表的なものが「映像授業」です。

中学生 家庭学習 問題集

これは問題集では到底マネのできない、まさにネット塾ならではの特長です。

私はこの映像授業っていうのが、めっちゃ勉強になると思います。

実際に授業を見てみましたが‥

小学校から中学校までの単元がぜんぶ入っていて、どのネット塾も簡潔にポイントがまとめられていて説明がウマいんです。

 

こんなのがあったら、塾講師なんてお手上げですよ。

だって見たいときに自分で選んで見れるし、ポイントを簡潔にわかりやすく説明してくれるんですから。

もしこの映像授業を、苦手な単元に絞ったら‥?

さらに定期テストの範囲や、学校で習った単元に絞ったら‥?

そんなふうに考えると、私はこの映像授業があるだけで問題集よりネット塾をすすめますね。

 

さらにアニメーションなどで動きがあるので、とくに図形などの平面では理解しにくい単元なんてスラ~ッとわかってしまいます。

いわゆる理屈がわかる、言い換えれば「腑に落ちる」というやつです。

Eラーニング教材の最大の特長といってもいいくらいですね。

私は塾に通って大人数で授業を聞くのなら、この映像授業のほうが間違いなく勉強がはかどると思います。

参考:中学生には塾?通信教育?選ぶときのメリットとデメリット20選

 

赤ペン先生とかの添削もめっちゃ早い

中学生 家庭学習 問題集

ネット塾にも添削指導があったりするのですが‥

インターネットならではの特長で、添削されて返ってくるまでが早い!

とくにこの添削というのは、Z会が昔からやっていますよね。

中学生 家庭学習 問題集

Z会も紙の通信教育をずっとやっていましたが、少し前からタブレットで勉強のできるネット塾を始めているんです。

そしてZ会の特長でもある添削指導も郵送で1週間ほどかかっていたのが、ネット塾になってから即解答されるようになっています。

レスポンスがめっちゃいいので、時間の効率がハンパないんです。高校受験までの時間っていうのは、とくに貴重なものですから。

これもEラーニング教材ならではの、かけがえのない特長と言えます。

参考:中学生の通信教育でタブレットでできるおすすめ教材7つを探る!

 

LMS(学習管理システム)で自分の弱みなどがぜんぶ目に見える

中学生 家庭学習 問題集

これもネット塾の大きな特長になりますが‥

日々の問題を解いたりしていると、システムがデータを管理してくれるんです。

と言ってもよくわかりませんよね?

 

具体的に例を挙げて言うと‥

苦手な単元、弱い分野などが、目に見える形で表示される

これって学校の先生や塾講師でも、なかなか出来ることじゃないんですよ。

ほんとうはこの部分をしっかりやるのが本来の役目なのですが、子供の数も多かったりすると1人ひとりに対して目が届かないっていうのが正直なところなんです。

 

ほんとうはこれをしっかりやらないとダメなんですよ、教育者は。

「君はここが弱いから、さかのぼってコレとコレを復習してみて‥」

なんてことをするのが教育者の務めなんです。

しかし!これができていないのが悲しい現実なんですね。

 

そんな理由もあって、私はこのLMSがめっちゃすごいと思っているんです。

だって教育者でも出来ない子供への指摘を、システムがやってくれるんですから。

こんなすごいことは問題集ではできませんよ。

中学生 家庭学習 問題集

さらに、定期テストを受ける➝返却されて苦手が見つかる➝苦手を復習する

というのが‥LMSでは、

・事前に苦手がわかるので対策する➝定期テストを受ける点数がアップする

こういう流れになるのが予想できると思いませんか?

私は間違いなくこんなふうになると思います。

 

これまでの問題集を使った勉強は、テストのあと初めて実力が目に見えていたんです。それがテスト前に実力が見えることで、とうぜん点数アップできる流れになります。

このようにLMS(学習管理システム)って聞くと何だかよくわかりませんが、

実際に機能を理解してみると、めっちゃ勉強の役に立つすごいシステムです。

これが私がとくに興味を惹かれた3つ目の理由ですが、これがEラーニング教材のすごさなんです。

参考:中学生の通信教育で「オススメ」の根拠を考える3つのポイント

 

中学生の家庭学習は問題集よりも最新のネット塾!

中学生 家庭学習 問題集

中学生の家庭学習に、まだ問題集を使おうと思いますか?

もしどうしても紙じゃないと落ち着かない、ということであれば仕方がないのですが。

 

できれば私は、お伝えしてきたようにネット塾がいいと思いますよ。

費用もほぼ同じか、ネット塾のほうが安いことも多いですから。

ノートパソコンやタブレットなら、場所も選びませんし。

参考:中学生に通信教育で高校受験を!家庭が知っておく3つのポイントとは?

いろいろとお伝えしてきましたが‥

そんな理由があって、中学生の家庭学習には問題集よりもネット塾がおすすめです。

無料体験や資料を取り寄せて、いちど調べてみてはいかがですか?

 

➝詳しく中学生 通信教育 ランキングを知る!

中学生の英数国がいちばん確実にわかりやすく理解できる通信教育

文部科学大臣賞の受賞実績をもつ「通信教育すらら」です。

この通信教材は対応できる偏差値がもっとも幅広く30~70いずれの学力にも適した勉強ができるため、学力向上によって教材を選び直すこともなく使い続けることができて便利です。

また映像授業が跳び抜けてバツグンに優秀で、

・一般の通信教育「一気に説明をする、学校スタイル」

・通信教育すらら「少しずつ説明と確認を繰り返す、家庭教師スタイル」


このような違いがあることによって、

少しの範囲だから当然のように解ける ➝ 繰り返しているうちに全部わかる

授業のお手本、ともいえる「確実に頭に入る説明」なのが大きな特長です。
この通信教材すららの授業で理解できなければ、ほかの教材をやってもムダです。

私の家庭でも実際に使っていますが、この教材はいいですよ。

通信教材すららの公式サイトはこちら
http://surala.jp/

私の体験談はこちら
塾レベル!?「通信教育すらら」を6ヶ月体験した元塾講師のリアル口コミ

 

こんな情報も参考にしてみてください


「スカイプ英会話ベスト3」

中学生 通信教育 ランキング

中学生におすすめな英検二次対策のできるスカイプ英会話ベスト3と「絶対に後悔しないためのスカイプ英会話選び」として注意しておきたい3つのポイントをお伝えします。

後悔しないためのスカイプ英会話選び


「中学生のタブレット通信教育7つを徹底的に探る!」

中学生 通信教育 ランキング

中学生の毎日の勉強として「本当の意味で役立つ」タブレット通信教育はどれか?徹底的に探って間違いのない選び方をお伝えしていきます。

中学生のタブレット通信教育7つを探る!


スポンサードリンク


今までに探ってみた通信教育一覧

私が今までに徹底的に調べてきた通信教育を、タイプ別に一覧で表示しています。

ネット塾タイプ

すららデキタススマイルゼミ中学生秀英id予備校学研ゼミショウインスタディサプリ中学生Z会 

紙タイプ

くもん式進研ゼミ中学講座進研ゼミ「エベレス」中学ポピー

英会話タイプ

学研「kimini英会話」スタディサプリEnglishスカイプ英会話「スモールワールド」スカイプ英会話「QQイングリッシュ」


スポンサードリンク


コメントを残す