中学生の通信教材についてキャッチコピー等はどうでもいいので「本質」で中身を探っていきます。しかし結果を出すためには子供自身の「やる気」も必要ですので、そちらはぜひご協力お願いします。

-お得な情報-
ちなみに12/31まで国・数・英の勉強にベストな「すらら」がキャンペーン中です。
入会金10,800円➝0円なのでめっちゃお得になってますよ!すららの詳しいレビュー

中学生の通信教育に「映像授業」があることで成績アップにつながる3つのメリット

通信教育 映像授業

中学生の通信教育には「映像授業」があることでメリットも多いです。

成績アップに直結するメリットが多いので、映像授業をしっかりと活用することが高校受験勉強のポイントといってもいいほど。

しかしひと口に通信教育といっても映像授業が搭載されていないものも良くあるので、しっかりと中身を探ることが重要です。

ここでは中学生の通信教育で「映像授業」が成績アップをもたらす3つのメリットについて詳しくお伝えしていきます。

映像授業の威力はすごいですよ
たとえば「つまずき」を解消することが新たな得点源になりますが映像授業であれば楽。参考書など時間ばかりかかる理解方法とは大違いです。

通信教育の映像授業によるメリット①つまずき解消

通信教育 映像授業

まず通信教育に映像授業があることのメリット1つ目に「つまずき解消」があります。

一度じっくりと考えてみていただきたいのですが‥

「つまずき」を解消するにはどうすればいいと思われますか?

・・・・・・・・

・・・

たぶんお分かりだと思いますが「基本の理解」が必要です。

学校の授業で理解できていないから「つまずき」になっているんですね。

だったらその「つまずき」を解消するためには、もういちど授業を受けて理解できるようにすればいいというわけです。

 

昔からつまずき解消のためには参考書が使われてきました。

今でももちろん使われている、つまずき解消ツールです。

しかし最近ではインターネットの発達によって、この参考書というものが変化してきているんです。それが「映像授業」というものです。

 

参考書の役割というのは”基本の理解”で、学校でいう教科書にあたるもの。

しかしそれだけでは理解しずらいことから「授業」が行われるんですね。

だったら授業を見ることができれば理解も早いというもの。

そんな理解を早めることができるツールが「映像授業」というわけです。

 

通信教育の映像授業によるメリット②中学総復習に役立つ

通信教育 映像授業

中学3年になると高校受験へむけて”総復習”が必要になります。

いかにこの”総復習”をしっかりとできるか?

が高校受験の合否を分ける大きなポイントで、過去問や高校受験模試ばかりに取り組んでいても片手落ちというわけです。

 

しかしひと口に”総復習”をいってみても、どうやって取り組むか?

これは意外と知られていないんですね。

一般的には本差さんに行って過去問を購入する、というが当たり前の姿。

しかしそれでは総復習にはならないんです。

 

総復習というのを具体的にいえばこういうことです。

「理解できていない部分をわかること」

つまりつまずきを解消することが総復習なんです。

しかし意外とこれができていない中学生が多いんですね。

 

だって過去問に取り組んで、理解できていない部分がわかるようになりますか?

どう考えてみてもならないんですよ。

いくら問題に取り組んでみても、理解できていないために解くことができない。

それでは総復習とはいえません。

 

では正しい総復習とはなにか?

「基本を理解して新たな得点源を作り出すこと」

これが正しい総復習なんですね。

 

そのためには参考書を使って基本を理解できるように総復習をする。

さらに通信教育の「映像授業」を使って、より効率的に総復習をする。

これが中学生が取り組むべき総復習の姿というわけです。

 

通信教育の映像授業によるメリット③とことん理解できる

通信教育 映像授業

通信教育の映像授業というのは、学校の授業と違って何度でも見ることができます。

つまり「理解できるまで見ることができる」というわけです。

これは学習塾でも不可能なことなんですね。

 

少し余談になりますが、学習塾に通わせているのに成績アップしない。

こんな家庭も多いですが、これは”つまずき”が解消されていないため。基本が理解できていない部分があるので、とうぜん新たな点数アップにつながっていないんです。

学習塾とはそんなものです。

 

しかし通信教育の「映像授業」であれば、いくらでも過去の授業を見ることができる。

これは本当に強いですよ。

高校受験に向けて”新たな点数”を生み出すことができるんですから。

 

学習塾というのは「現在」「未来」に関しては強いのですが、どうしても「過去」については弱いというのが特性です。

実際に私が塾講師時代に、つまずき解消までをじっくり教えることはありませんでした。

つまずき解消をするためには、こんな手順があるんです。

  1. まず、どこでつまづいているかを見つけ出す。
  2. そのためには、1つずつさかのぼって調べる必要がある。
  3. つまずいている部分を理解させる。

この3つのステップが必要になるのですが、実際に取り組もうとすればかなり時間が掛かるし大勢の子供のつまずきを解消しようと思えばとてもムリなんです。

これが学習塾と思ってもらっていいです。

こんなことをいえば学習塾から叱られるかもしれませんが、これが実態の姿なので仕方がないことなんですね。

それよりも学習塾はそういうところ、ということをわかってもらえた方がいい。

 

したがって学習塾では過去のつまずきを「理解」させることは望めない。

すると通信教育の「映像授業」が役立つというわけです。

しっかりと理解できるまで見ることができる。

これはかなり高校受験へむけて新たな点数を生み出す、大きなメリットになります。

 

参考記事

中3でやっておきたい通信教育ってどれ?総復習におすすめの映像授業3選!

体験から探る中学生の映像授業おすすめランキング「講師」「キャラ」

教材を比較するときは『映像授業』の質がいちばん重要!

 

➝詳しく中学生 通信教育を知る!

中学生の英数国がいちばん確実にわかりやすく理解できる通信教育

文部科学大臣賞の受賞実績をもつ「通信教育すらら」です。

この通信教材は対応できる偏差値がもっとも幅広く30~70いずれの学力にも適した勉強ができるため、学力向上によって教材を選び直すこともなく使い続けることができて便利です。

また映像授業が跳び抜けてバツグンに優秀で、

・一般の通信教育「一気に説明をする、学校スタイル」

・通信教育すらら「少しずつ説明と確認を繰り返す、家庭教師スタイル」


このような違いがあることによって、

少しの範囲だから当然のように解ける ➝ 繰り返しているうちに全部わかる

授業のお手本、ともいえる「確実に頭に入る説明」なのが大きな特長です。
この通信教材すららの授業で理解できなければ、ほかの教材をやってもムダです。

私の家庭でも実際に使っていますが、この教材はいいですよ。

通信教材すららの公式サイトはこちら
http://surala.jp/

私の体験談はこちら
塾レベル!?「通信教育すらら」を6ヶ月体験した元塾講師のリアル口コミ

 

こんな情報も参考にしてみてください


「スカイプ英会話ベスト3」

中学生 通信教育 ランキング

中学生におすすめな英検二次対策のできるスカイプ英会話ベスト3と「絶対に後悔しないためのスカイプ英会話選び」として注意しておきたい3つのポイントをお伝えします。

後悔しないためのスカイプ英会話選び


「中学生のタブレット通信教育7つを徹底的に探る!」

中学生 通信教育 ランキング

中学生の毎日の勉強として「本当の意味で役立つ」タブレット通信教育はどれか?徹底的に探って間違いのない選び方をお伝えしていきます。

中学生のタブレット通信教育7つを探る!


スポンサードリンク


今までに探ってみた通信教育一覧

私が今までに徹底的に調べてきた通信教育を、タイプ別に一覧で表示しています。

ネット塾タイプ

すららデキタススマイルゼミ中学生秀英id予備校学研ゼミショウインスタディサプリ中学生Z会 

紙タイプ

くもん式進研ゼミ中学講座進研ゼミ「エベレス」中学ポピー

英会話タイプ

学研「kimini英会話」スタディサプリEnglishスカイプ英会話「スモールワールド」スカイプ英会話「QQイングリッシュ」


スポンサードリンク


コメントを残す