中学生のタブレット通信教育を比較!知れば得する3つのポイント

中学生のタブレット通信教育を比較!知れば得する3つのポイント 通信教育の基礎知識
こんにちは、TSUTOMUです。

中学生の通信教育でタブレット教材を比較するときに、いちばんポイントになるのはどこか?

一見するとどれも同じように見える中学生の通信教育タブレット教材ですが、じつはシステム構成などを深く追求するとけっこう違うものなんですね。

そこで後になって後悔しないために、中学生のタブレット教材を選ぶときに知っておきたい3つのポイントについてお伝えしていきます。

損をしないためにも、ぜひしっかりと実践してみてください!

中学生タブレット教材を比較!①まず映像授業があるか確認する

中学生 タブレット教材 比較

中学生の通信教育タブレット教材には「映像授業」があるのをご存知ですか?

まずはこの映像授業が搭載されていないと、タブレット教材の魅力が半減してしまうのでしっかりと確認しておくことが大事です。

 

なんでそんなに中学生の通信教育では映像授業が大事なのか?

学習塾や家庭教師など、

ほかの勉強方法では物理的にムリな機能だからなんです。

つまりタブレット教材ならではの機能、それが映像授業というわけです。

中学生の通信教育による映像授業で得られるメリットは、

  • 中学生で習う過去の授業をすべて見ることができるので高校受験の総復習に持ってこい。
  • 過去のつまずきを解消するために、いちばん効率的な授業での勉強ができる。
  • しっかりと作り込まれた授業なので、学校より分かりやすい説明になっている。

おもにこういった効果的な勉強ができるわけです。

しかしタブレット教材すべてに映像授業が搭載されているわけではないので、事前に映像授業があるかどうかを確認しておくことが中学生の通信教育では大切です。

まずは映像授業で比較する、これをやるかやらないかで成績も大きく違ってきます。

中学生タブレット教材を比較!②全国模試などテスト機能を確認する

中学生 タブレット教材 比較

2つ目のポイントとして、テスト機能を比較してみること。

中学生の通信教育タブレット教材というのは一般的にテスト機能がついており、小学生~中学生全般の単元をテストで解いてみることができるようになっています。

いくらでもテストを受けることができるので、とても便利な機能です。

 

しかしそれだけでは片手落ち。

ひと口にテスト機能といっても、どんなテストが受けれるのか?は別なんですね。

中学生 タブレット教材 比較

どんなタブレット教材でも基本教科のテストは受けることができます。

しかし「苦手だけのテスト」「全国模試」といった実践に役立つテストというのはほとんど搭載されておらず、いかに学力向上につながるテストが備わっているか?がポイントというわけです。

 

タブレット教材というのは「E-ラーニングシステム」で作られており、子供が取り組んだ内容に沿ったテストが作られるまでに進化しているものがおすすめなんです。

つまり毎日の勉強で間違った部分などが、

しっかりとテストに反映されるもの。

これがあるとないとでは力のつき方に雲泥の差が出ます。

さらにオンラインで全国模試を受けることができれば最高です。

全国の順位やレベルがひと目でわかるので、実力を客観的に把握できて便利。

中学生の通信教育タブレット教材にどんなテスト機能があるか?

これも中学生の通信教育を比較するときの大きなポイントになってきます。

中学生タブレット教材を比較!③つまずかない機能があるか確認する

中学生 タブレット教材 比較

中学生のタブレット教材の隠しワザとして、つまずかないための工夫というのがあります。

タブレット教材というのは子供1人で取り組む勉強方法になるので、講師もいなければ助けてくれる存在がまったくいないということ。

つまり子供1人で、いかに前に進んでいけるか?

これのサポートをしてくれるのが「つまずかない機能」というわけです。

 

具体的に説明すればこんな感じ。

どうしても問題が解けないときに、

どこを復習すれば解決できるのかを教えてくれる。

学習塾でいうところの「講師」の代わりをしてくれる機能です。

これもあるとないとでは大きく違ってきます。

とくにタブレット教材が続かなくなって辞めてしまう原因は、このつまずかない機能が不足している場合がほとんどです。

子供がどこに助けを求めればいいのかわからず路頭に迷ってしまい、結局だんだんと勉強がイヤになってきてやめてしまう‥。

辞めるだけならまだしも、

勉強すら嫌いになる原因となってしまうんですね。

そうなってしまうと何のためのタブレット教材なんだか、もはや本末転倒です。

さらに取り返しがつかなくなる可能性まで出てきてしまいます。

 

タブレット教材を深く追求してみると、この「つまずかない機能」というのは一見すると表面上ではパッとわからないことも多いものです。

中学生 タブレット教材 比較

いざ始めてみると「つまずき防止に役立った!」ということが多い。

したがってこの機能の名目はいろいろで、タブレット教材によってそのまま「つまずき防止機能」だったり「さかのぼり機能」などといったように表現されています。

さらに名称さえついていないタブレット教材もあるため、いざ始めてみて体験からわかることも多いものです。

地味な機能で目立ちませんが、とても重要な機能になります。

中学生のタブレット教材を比較する3つのポイントのまとめ

中学生 タブレット教材 比較

このように中学生の通信教育タブレット教材は、お伝えしたような3つのポイントで比較すると間違いのないものを選ぶことができます。

この3つのポイントが揃っているタブレット教材とそうでない教材を比較してみると、最終的に子供の学力に大きな差が出るものなんですね。

どうせなら質の高い、学力の向上するタブレット教材のほうがいいじゃないですか。

 

もしこれから中学生の通信教育タブレット教材を比較するのであれば、ぜひお伝えした3つのポイントをしっかりと実践して選んでみてください。

この3つのポイントを実践すれば間違いなくこうなるはずです。

  • 学力向上に直結するので、高校受験に向けて結果が大きく変わってくる。
  • 途中で辞めてしまうリスクを最小限に減らせる。
  • どんどん前に進んでいけるような勉強ができる。

こうなることは間違いないです。

そのためにも親のほうがしっかりと確認して、質の高いタブレット教材を子供に与えてあげてください。

 

もし自分で探すことが難しいということであれば、私が実際に体験して中学生の通信教育タブレット教材をまとめた記事がありますので参考までに。

↓  ↓  ↓

お伝えした3つのポイントが揃っている、おすすめの中学生の通信教育タブレット教材はこちら。

中学生 タブレット教材 比較

塾レベル!?「通信教育すらら」を6ヶ月体験した元塾講師のリアル口コミ

 

自分

 人気記事 

 元塾講師がめっちゃ考えた!中学生の通信教育ランキング

【新型コロナ防御】塾へ通えない場合におすすめのオンライン授業3選

タイトルとURLをコピーしました