中学生の通信教材についてキャッチコピー等はどうでもいいので「本質」で中身を探っていきます。しかし結果を出すためには子供自身の「やる気」も必要ですので、そちらはぜひご協力お願いします。

-お得な情報-
すららキャンペーン今月いっぱい(~3/31)まで私がイチオシの「通信教育すらら」が
キャンペーン中です。入会金10,800円➝0円なのでお得ですよ。

すららの詳しいレビュー

中学生がパソコンで勉強すると成績アップにつながる3つのメリットとは!?【中学生の通信教育】

中学生がパソコンで勉強すると成績アップにつながる3つのメリットとは!?

中学生がパソコンを使って勉強をすると成績アップにつながる。

そう聞くと「そんな簡単なら誰でもやるよね‥?」と思われるはず。

それが成績アップにつながる勉強をしている中学生というのは、けっこうな割合でパソコンを使った勉強方法を取り入れているんです。

そんな成績アップにつながる、中学生がパソコンを使った勉強方法3つのメリットについて詳しくお伝えしていきます。

成績アップには”効率”も大事です
パソコンを使った勉強というのは様々な”効率”がアップする方法です。もちろんタブレットでも同じこと。そんな本質で成績アップにつながる方法をお伝えします。

中学生が勉強にパソコンを取り入れた勉強方法とは?

中学生が勉強にパソコンを取り入れた勉強方法とは?

中学生が勉強にパソコンを取り入れる、とは一体どういうことなのか?

ネット教材の通信教育を使って勉強をする

これが結論です。

 

”通信教育”と聞くと、たぶんこんなイメージがあると思います。

「あまり勉強にならないし、情報量も少ない。」

そうなんです、一昔前だったらその通りなんです。

こんなイメージではないですか?

昔の通信教育のイメージ

髪の教材で内容が薄く、あまり情報量も入っていないスカスカな教材‥。

私も子ども時代に通信教育をやっていましたが、まさにそんなイメージの教材でした。

もちろん昔の通信教育が悪いワケではありません。

 

しかし今の時代というのは、学習塾でも通信教育の要素を取り入れて「塾の色」として集客をしている時代なんです。

その学習塾が参考にする通信教育というのが「ネットを使った教材」です。

ネットを使った教材

それだけネットを使った通信教育がもつ要素というのは、中学生の勉強について「本質」で問題を解決できるものということの表れなんですね。

インターネットの発達とともに、通信教育の業界も大きく変化しました。

それまでのように「紙➝デジタル」になったことによって、今までとは比べ物にならないほど膨大な情報量で勉強ができるようになったんです。

 

たとえばネット教材の「映像授業」が良い例になります。

映像授業

これまでの「紙」を使った通信教育の問題点というのが、まさに理解不足。

そんな理解不足を解消するためには学校の授業のような指導方法がもっとも有効とされていましたが、どうしても紙教材では実現することができませんでした。

そんな問題を解消するために「添削指導」というものが現れたんです。

よくZ会の通信教育進研ゼミの赤ペン先生などで取り入れられている方法です。

今でもこの添削指導は人気で残っています。

 

そんな添削指導が最も有効な理解度アップの方法といわれていましたが、インターネットの発達とともにネット教材が登場して「映像授業」ができたんですね。

映像授業

この映像授業というのは学校で教えるような授業をそのまま自宅で受けることができる、ということで添削指導よりもより効果が期待できると人気になった機能です。

つまり中学生がパソコンによって通信教育を使って勉強を行うことで、こういった学習塾でも真似するほどの機能を使って勉強に取り組むことができるというわけです。

 

「成績が上がらない」ことの原因は、いったい何だと思われますか?

この解答はとてもシンプルです。

過去のつまずきが解消できていない。

もうこの一言に尽きるんですね。

過去のつまずきというのは、簡単に表現すれば理解できていない部分”です。

理解できていないからこそ点数を取ることができていないんです。

つまり過去のつまずきを解消することによって「0➝1」を作り出せる、これが点数アップならびに成績アップにつながる最も重要な部分です。

 

では「過去のつまずき」を解消するためには、いったいどうすればいいのか?

この答えsもとてもシンプルなんです。

基礎を理解するために、学校で習ったことをもう一度取り組む。

学校というのは勉強の基礎を教えてくれるところで、それ以外に基礎を教えてくれる所というのはありません。

さらに過去の授業を見ることができる、というのは学習塾でもムリな話なんです。

だから学習塾でも、通信教育の「映像授業」を取り入れているというわけです。

 

そんな勉強の本質ともいえる基礎の理解(つまずき解消)をするためには、今までは参考書しかありませんでしたが今の時代はネットを使った通信教育があるんです。

過去の授業を見ることができるので、これ以上ないほど効率に優れた基礎勉強になります。

 

中学生がパソコン(ネット教材)を勉強に取り入れるということは、それだけ過去のつまずき解消につながってイコール成績アップに役立つ方法ということ。

もし興味があれば、ぜひネットを使った通信教育をのぞいてみてください。

きっと今まで成績が上がらなくてずっと悩んできた問題が、スッキリと解消できるこれ以上ないベストな方法になるはずです。

 

中学生がパソコンで効率よく勉強できる方法「ネット教材」のおすすめは?

中学生がパソコンで効率よく勉強できる方法「ネット教材」のおすすめは?

中学生が勉強にパソコン(ネット教材)を取り入れることは成績アップにつながるとても効率の良い方法ではありますが、闇雲に教材を選んでしまっては効果も半減します。

とくに「映像授業」については通信教育の”核”ともいえる機能になるので、間違いなく搭載されているネット教材を選んだ方が効果的な勉強につながります。

より効果的なネット教材を選ぶためには、つぎのポイントを抑えてください。

  1. 映像授業が搭載されている。(基礎の理解に重要)
  2. 無学年制になっている。(さかのぼりなどに役立つ)
  3. 自由に作成できるテスト機能がある。(過去問作成などがいくらでも可能)

この3つのポイントを抑えておけば、間違いなく成績アップにつながって経済的な通信教育を選び出すことができるはずです。

・「映像授業」はお伝えしたように、過去のつまずき解消に役立つ機能。

・さらに「無学年制」になっていることによって、学年の枠で頭打ちにならずに済む。つまり学年の枠ではなく”分野”でさかのぼったりすることが出来る。

・最後に「自由に作成できるテスト機能」があれば、過去問集などが自宅でいくらでも作成することが出来るので経済的にもかなりお得な選択になります。もちろん学校の定期テスト対策にもピッタリの問題作成ができます。

自分の顔

ぜひこの3つのポイントを抑えて、中学生が最も効率よくそして成績アップにつながるパソコンを使った「本質」を改善できる勉強方法を取り入れてください。

きっと何よりも効率よく、そして成績アップにつながる勉強になるはずです。

~おすすめの参考記事~

中3でやっておきたい通信教育ってどれ?総復習におすすめの映像授業3選!

無料体験で試せる映像授業搭載の通信教育5選

体験から探る中学生の映像授業おすすめランキング「講師」「キャラ」

 

興味があれば詳しくお伝えしています

中学生の通信教育

もし私が聞かれたらこんなふうに答えます

自分の顔

高校受験におすすめな勉強方法は‥?

そんなときは元塾講師の意地でつぎのように答えます。

中3でやっておきたい通信教育ってどれ?

中3でやっておきたい通信教育ってどれ?総復習におすすめの映像授業3選!

タブレットでおすすめ「質が高い授業」3つの教材

タブレットでおすすめ「質が高い授業」3つの教材|中学生の通信教育

テキストがしっかりと用意されたスカイプ英会話3選

テキストがしっかりと用意されたスカイプ英会話3選|中学生の通信教育

中学生がプログラミングをしっかり勉強できる3つの方法

中学生がプログラミングをしっかり勉強できる3つの方法





コメントを残す