中学生の通信教育|将来のために目指したい3つのプログラミング資格とその他種類

中学生の通信教育|将来のために目指したい3つのプログラミング資格とその他種類 家庭学習
こんにちは、TSUTOMUです。

中学生がめざすプログラミング資格の種類

最近、中学生も授業中にプログラミングを行う授業が必須になるなど、かなり授業内容も変化しているのがわかります。

ただ単にプログラミングをするのではなく、プログラミング資格をいくつか種類があるので、調べた上で勉強する方が資格取得にもなり、モチベーションもアップするのでやる気も出てきます。

中学生がめざしたい!プログラミング資格の種類

中学生 プログラミング 資格 種類

早いうちからプログラミングの技術を身につけておくことで、色んな種類のソフトにも苦手意識なく取り組めるようになります。

中学生は、特に色んなことに興味を持つ時期なので、何種類ものソフトを経験したり、プログラミング資格を取得することで自分に自信が持てるようになります。

プログラミングを勉強することで、将来的にはシステムエンジニアなど技術者として計画的企画的なサービスを提供するような仕事に就くチャンスを得るかもしれませんし、幅広く学習することで色んな種類の知識を増やし、扉が開いていきます。

Javaプログラミング能力認定試験

中学生 プログラミング 資格 種類

中学生のプログラミング資格として人気があるのは、Javaプログラミング能力認定試験2・3級など、何種類もの資格の中でもやはり自分で色々と活用することもでき、Javaはあらゆる分野種類に活用できるので、将来的にも役立ちます。

資格試験の内容は、Javaについての基本的な知識確認・簡単なプログラミングが作製できる・オブジェクト指向の概念を理解しているかどうか・データ・演算子・制御文・クラスやメソッドなど筆記試験にて行われ、3級は時間は60分・2級は90分となっています。

 

中学生のお子さんは、けっこうJavaなど取り組みやすいので、こうしたJavaの資格は取りやすい方になります。

何種類もの資格がありますが、やはりお子さんが興味を持ち、将来的にも役立つような資格として注目度が高いJavaなので、けっこうテキストなども本屋さんへ行けば販売されているので、お子さんと一緒に資格試験向けのテキストを購入し、勉強してみることでステップアップできるようになります。

基本情報技術者試験

中学生 プログラミング 資格 種類

他には、中学生など基本情報技術者試験の取得もけっこう増えています。

やはりIT系の仕事をする上でいくつもの種類を勉強しておく必要がありますが、基本情報技術者試験はけっこうベースになる勉強で中学生も勉強しやすい内容になっているのでおすすめです。

受験の対象者の条件としては、高度IT人材となるために必要な基本的知識・技能を持ち、実践的な活用能力を身に付けた者なので、中学生も受験対象です。

 

数多くあるIT系の試験の中でも、基本情報技術者試験は国家資格になるので、中学生で取得しておくとかなり有利になるのは間違いないはず。将来的にも技術者として、基礎知識は身につけていると言った感じで重要視されます。

基本情報処理の試験は、午前と午後に分けて実施されます。

午前はITに関する幅広い知識を問う内容です。午後はアルゴリズムやプログラミングに関する問題となっています。

この基本情報処理は、よく新卒の学生などが持っている資格ですし、ITの一般知識があるといった証明にもなるので、中学生で既に取得していると自分にとって大きなプラスになります。

C言語プログラミング能力認定試験

中学生 プログラミング 資格 種類

プログラミングの中でもよく活用するのが、Java・C言語・VBAなどです。

C言語プログラミング能力認定試験は、C言語を活用してプログラミング・コンパイル・デバックを実演するので、実際の試験も普段の技術力が試されます。

C言語をきちんと理解した上で、簡単なプログラミングができるかどうか、そういった部分をきちんと確認する試験なので3級などは、C言語についてしっかりと理解しておき、ソースを読み書きできるようになっておく必要があります。

 

VBAエキスパートは、ExcelまたはAccessなど利用して作り込みができるかどうか、その辺をテストされます。

VBAが使用できると、かなり事務系の仕事を行う場合にも役立ちますし、Excelなどは普段から活用する頻度も高くなっていくるので、中学生のうちにExcelをしっかり使いこなしきれるようになっておくことで将来的にかなり役立つチャンスが出てきます。

ITの分野は様々な種類の資格が沢山あるので、中学生の通信教育などを利用して興味を持ち中学生の頃から勉強するとよいです。

中学生がめざしたいプログラミング資格の種類まとめ

中学生 プログラミング 資格 種類

中学校でも必修化となるプログラミングですが、ひと口にプログラミングといっても数多く種類があり、何がよいのかいまいちよく分からないといったケースも沢山あります。

まずは子供が興味を持ち勉強意欲を増すことが何より大切になるため、何種類ものIT系の資格について調べてから「興味があることは取り組んでみる」というのが一番ベストな方法になるかもしれません。

中学生は、私生活も何かと忙しい時期なので、受験勉強や部活動など様々なことが多忙な時期にIT系の勉強も並行して進めていくことで、時間を上手に活用できるようになります。

IT系に少しずつ興味を持ち、そして何種類もある資格の中から自分にあった勉強を行い取得するのが一番よいです。

ちなみに文部科学省のホームページで、子供用のプログラミング学習ができますよ!

参考:文部科学省HP「プログラミン

 

<関連記事>

 

中学生 通信教育 ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました