中学生の通信教材についてキャッチコピー等はどうでもいいので「本質」で中身を探っていきます。しかし結果を出すためには子供自身の「やる気」も必要ですので、そちらはぜひご協力お願いします。

中学生 通信教育 ランキング|通信教育って不登校の中学生におすすめ?自宅でできる勉強方法は?

中学生 不登校 勉強方法

ひと口に通信教育といっても、不登校の中学生におすすめなのはどれでしょうか?

不登校で中学校に行けないので、せめて自宅で勉強させたい‥

できれば学習塾レベルの勉強ができて、高校受験の合格を目指したい‥

こんな悩みを持っている家庭が、通信教育を選んでいることが多いです。

そんな家庭が選ぶ通信教育とはいったいどんなものか、詳しくお伝えしていきます。

いま主流の通信教育って‥?

中学生 不登校 勉強方法

不登校になってしまうのには、いろいろな理由があります。

それも中学生くらいになると、とくに人間関係が大きく関わって不登校になる子供が多いと言われます。

なので学習塾に通うこともできず、通信教育を選ぶ家庭が多いです。

 

そこで中学生の通信教育には、いったいどんなものがあるのか?についてお伝えすると、

1⃣紙を使って勉強していく通信教育

2⃣インターネットを使って勉強していく通信教育

大きく分けて、この2つの通信教育のスタイルがあります。

 

「紙を使う勉強」のほうは、昔ながらのスタイルでみなさんもよくご存知かと思います。

昔なら「学研の科学と学習」がありましたし、「ベネッセの進研ゼミ」や「中学ポピー」といったものが有名です。

じつはこの昔ながらのスタイルの通信教育っていうのは、いまも根強い人気があります。

 

その人気のいちばんの理由は、「紙だから落ち着いて勉強できる」というものです。

たしかに「紙」というのは、昔から鉄板スタイルの勉強方法になります。

ただしこのスタイルには、大きなデメリットがあるのも確かです。

 

そのデメリットというのは‥

「自分の地域に教科書準拠していない」

これは実際に利用されたことがある人なら、あ~確かに‥となるんじゃないでしょうか?

 

私も子供のころに、学研の科学と学習をとっていたんです。

しかしなんでか勉強が進まないな~、なんて子供心に思っていました。

いま考えると、学校の教科書と「ズレ」があったんですよね。

 

たまたま習ったところと同じ内容になると、よく頭が回って理解できていました。

やぱりこの教科書準拠というのは、子供の理解にかなり大きく左右するものだと思います。

しかし今のこういう「紙を使った通信教育」は、いくぶんマシになってきています。

 

進研ゼミなどを見ると、自分の地域に教科書準拠してくれるようにもなってきています。

ここをしっかりと選べば、不登校の中学生も学校をイメージしながら勉強ができるはずです。

 

いまの主流の通信教育は、

なんといっても「インターネットを使った」勉強方法です。

中学生 不登校 勉強方法

このインターネットを使った通信教育には、「Eラーニング」というシステムが使われています。

この「Eラーニング」というのは、これから教育現場でも導入されていくもので、学校の授業などにもこのシステムが使われていきます。

 

ではこの「Eラーニング」というシステムでは、いったいどんなことができるのでしょうか?

大きなポイントとしては‥

・単元ごとの映像授業を、何度でも見ることができる。

・システムが子供の勉強内容を把握して、弱みなどをデータ化してくれる。

この2点が「Eラーニング」を使う最大のメリットになります。

 

不登校の中学生におすすめの通信教育とは?

中学生 不登校 勉強方法

不登校の中学生におすすめの通信教育は、いったいどっちか?

といえば‥

紙を使った通信教育➝進化➝インターネットを使ったEラーニング

という進化の過程からしてみても、一目瞭然です。

 

もちろん「紙」も根強い人気があるので、今もこうして残っています。

しかしEラーニングの情報量というのは、比べ物にならないくらい膨大です。

 

Eラーニングは‥

映像授業➝学校レベルの授業を、何度でも繰り返し見ることができる。

システム➝学校の先生が添削している部分を、より細かく分析してくれる。

子供が自宅で勉強する姿を想像すると、このメリットがよくわかると思います。

 

実際にこの「Eラーニング」を使ったシステムは、学習塾でも取り入れられています。

最近どんどん増えている「すらら塾」というのも、このシステムを使っています。

この学習塾では、塾長1人だけで運営されていることがほとんどです。

 

授業などもすべてシステムがやってくれるので、講師が必要ないんですね。

それほどすごいシステムで、まさに今の主流の通信教育といえます。

私もこの「Eラーニング」を使った通信教育を試しましたが、子供1人ですべてを完結させることができる便利なシステムでした。

 

通信教育というのは、自宅にいながら子供1人で取り組むものです。

いかに子供だけでも進んで行けるかというのが最大のポイントになります。

「Eラーニング」は、不登校の中学生にまちがいなくおすすめできる通信教育です。

 

➝詳しく中学生 通信教育 ランキングを知る!

中学生の英数国がいちばん確実にわかりやすく理解できる通信教育

文部科学大臣賞の受賞実績をもつ「通信教育すらら」です。

この通信教材は対応できる偏差値がもっとも幅広く30~70いずれの学力にも適した勉強ができるため、学力向上によって教材を選び直すこともなく使い続けることができて便利です。

また映像授業が跳び抜けてバツグンに優秀で、

・一般の通信教育「一気に説明をする、学校スタイル」

・通信教育すらら「少しずつ説明と確認を繰り返す、家庭教師スタイル」


このような違いがあることによって、

少しの範囲だから当然のように解ける ➝ 繰り返しているうちに全部わかる

授業のお手本、ともいえる「確実に頭に入る説明」なのが大きな特長です。
この通信教材すららの授業で理解できなければ、ほかの教材をやってもムダです。

私の家庭でも実際に使っていますが、この教材はいいですよ。

通信教材すららの公式サイトはこちら
http://surala.jp/

私の体験談はこちら
塾レベル!?「通信教育すらら」を6ヶ月体験した元塾講師のリアル口コミ

 

こんな情報も参考にしてみてください


「スカイプ英会話ベスト3」

中学生 通信教育 ランキング

中学生におすすめな英検二次対策のできるスカイプ英会話ベスト3と「絶対に後悔しないためのスカイプ英会話選び」として注意しておきたい3つのポイントをお伝えします。

後悔しないためのスカイプ英会話選び


「中学生のタブレット通信教育7つを徹底的に探る!」

中学生 通信教育 ランキング

中学生の毎日の勉強として「本当の意味で役立つ」タブレット通信教育はどれか?徹底的に探って間違いのない選び方をお伝えしていきます。

中学生のタブレット通信教育7つを探る!


スポンサードリンク


今までに探ってみた通信教育一覧

私が今までに徹底的に調べてきた通信教育を、タイプ別に一覧で表示しています。

ネット塾タイプ

すららデキタススマイルゼミ中学生秀英id予備校学研ゼミショウインスタディサプリ中学生Z会 

紙タイプ

くもん式進研ゼミ中学講座進研ゼミ「エベレス」中学ポピー

英会話タイプ

学研「kimini英会話」スタディサプリEnglishスカイプ英会話「スモールワールド」スカイプ英会話「QQイングリッシュ」


スポンサードリンク


コメントを残す