中学生の通信教材についてキャッチコピー等はどうでもいいので「本質」で中身を探っていきます。しかし結果を出すためには子供自身の「やる気」も必要ですので、そちらはぜひご協力お願いします。

通信教育に難易度ってあるの?失敗しないためにも知っておきたい偏差値とは?

通信教育 難易度

通信教育にも「難易度」があることをしらずにスタートしてしまって、なんかうちこ子供と”ズレ”がある‥なんて感じ始める家庭も意外と多いもの。

そこで通信教育の「難易度」について知っておきたいポイントをお伝えします。

あとで失敗に気がついてきます
通信教育も教材によって難易度があるのはリアル塾と同じです。しっかりとチェックして失敗しないようにしてください。

通信教育の難易度とは?

通信教育 難易度

通信教育の難易度に対して、みなさんあまりにも無意識すぎ。

リアル塾でも難易度があるように、中学生の通信教育にも教材によって難易度つまり偏差値があることをぜひ知っておいてください。

この難易度が子供の学力と合っていなければ、せっかくスタートした通信教育もだんだんとズレを称してくるようになって失敗に気がつきます。

 

私もよく耳にするのがこの3つ。

  • 難易度があることを知らず子供が勉強を続けなくなった。
  • 志望校がめざせるんだろうか‥と不安になってきた。
  • レベルが高くて子供が全然問題を解くことができない。

そうなんですね、何度と子供の学力とのあいだにズレが生じると、スタートしてしばらく経ってからだんだんと分かってくるものなんです。

したがって「通信教育には難易度(偏差値)がある」と思っておいてください。

上っ面のキャッチコピーなどはどうでもいいので、そんなことよりも中身をしっかりと探って難易度を確かめておくことが重要なポイントです。

 

通信教育の難易度を見分けるには?

通信教育 難易度

通信教育の難易度を見分けるためには、しっかりと内容をチェックすることが大切。

もちろん機能面などの違いによって勉強がしやすい教材というものもありますが、それよりもまずはこの「難易度」を確認することが重要になります。

 

この難易度を見分けるポイントとして、つぎの3つがあります。

  • テキスト内容をしっかりとチェックしてみる。
  • 難関校コースなどがあるかカリキュラムをチェックしてみる。
  • 映像授業があれば無料体験などで授業を見てみる。

この3つのポイントを抑えることによって難易度(偏差値)が見えてくるので、あとで失敗することを防ぐ第一歩になります。

 

でも通信教育といってみても数が多く面倒になってしまいがち。

そこは”親の役目”と思って時間をかけてもいい部分なんですね。

面倒がらずじっくりと時間をかけて、さっきの3つのポイントを自分の目で見て難易度(偏差値)を判断するようにしてください。

 

ここで手を抜く家庭は、口コミなどを見て判断するんです。

口コミというのはあくまでも「その過程にあっているかどうか?」のひとつの指標にしかならないので、あまる信じすぎるのも失敗の原因になってしまうんです。

あくまでも自分の子供に難易度が合っているか?

ここにしっかりと焦点を当てて、さまざまな教材を比較して検討するようにしてください。

 

通信教育を難易度順に考えてみたランキング

通信教育 難易度

私もこの「難易度」については、初めのうちは気がつきませんでした。

しかしいくつか教材をチェックしてみたときに、明らかに難易度(偏差値)の概念が存在していることに気がついたというわけです。

それからは私もこの難易度と子供のマッチングを深く考えるようになって、内容をチェックする際には「偏差値でいえば何てんだろうか?」などと1つずつ把握するようになっていったんですね。

これくらいこの「難易度」というのはマッチングに影響するもの。

リアルで学習塾を選ぶときと同じなんです。

 

そこで私もそんな「難易度」を見る目をもって教材を調べてきて、ある程度網羅したかな?と思ったので元塾講師の目で見た「難易度別ランキング」という記事を作成しました。

もし自分の目で見ても難易度がよく分からない‥

難易度をチェックするのに時間がない、面倒‥

そんなときには私の難易度別ランキングを参考にされてみてください。

きっと子供とのマッチングとしてお役に立てるはずです。

中学生 通信教育 ランキング

➝元塾講師がこだわって考えた難易度(偏差値)別の通信教育ランキング

 

➝もっと詳しく中学生 通信教育を知る!

中学生の英数国がいちばん確実にわかりやすく理解できる通信教育

文部科学大臣賞の受賞実績をもつ「通信教育すらら」です。

この通信教材は対応できる偏差値がもっとも幅広く30~70いずれの学力にも適した勉強ができるため、学力向上によって教材を選び直すこともなく使い続けることができて便利です。

また映像授業が跳び抜けてバツグンに優秀で、

・一般の通信教育「一気に説明をする、学校スタイル」

・通信教育すらら「少しずつ説明と確認を繰り返す、家庭教師スタイル」


このような違いがあることによって、

少しの範囲だから当然のように解ける ➝ 繰り返しているうちに全部わかる

授業のお手本、ともいえる「確実に頭に入る説明」なのが大きな特長です。
この通信教材すららの授業で理解できなければ、ほかの教材をやってもムダです。

私の家庭でも実際に使っていますが、この教材はいいですよ。

通信教材すららの公式サイトはこちら
http://surala.jp/

私の体験談はこちら
塾レベル!?「通信教育すらら」を6ヶ月体験した元塾講師のリアル口コミ

 

こんな情報も参考にしてみてください


「スカイプ英会話ベスト3」

中学生 通信教育 ランキング

中学生におすすめな英検二次対策のできるスカイプ英会話ベスト3と「絶対に後悔しないためのスカイプ英会話選び」として注意しておきたい3つのポイントをお伝えします。

後悔しないためのスカイプ英会話選び


「中学生のタブレット通信教育7つを徹底的に探る!」

中学生 通信教育 ランキング

中学生の毎日の勉強として「本当の意味で役立つ」タブレット通信教育はどれか?徹底的に探って間違いのない選び方をお伝えしていきます。

中学生のタブレット通信教育7つを探る!


スポンサードリンク


今までに探ってみた通信教育一覧

私が今までに徹底的に調べてきた通信教育を、タイプ別に一覧で表示しています。

ネット塾タイプ

すららデキタススマイルゼミ中学生秀英id予備校学研ゼミショウインスタディサプリ中学生Z会 

紙タイプ

くもん式進研ゼミ中学講座進研ゼミ「エベレス」中学ポピー

英会話タイプ

学研「kimini英会話」スタディサプリEnglishスカイプ英会話「スモールワールド」スカイプ英会話「QQイングリッシュ」


スポンサードリンク


コメントを残す