※当サイトは一部「PR」を含みます。

元塾講師が解説!高校受験「英語」でミスしやすい部分と対策

高校受験「英語」でミスしやすい部分と対策

TSUTOMU

こんにちは元塾講師TSUTOMUです。

この度は「高校受験における英語の対策について教えて!」というご質問にお答えします。

高校受験において、英語は多くの中学生にとって難関科目の一つです。

次のような家庭へおすすめの内容です。

  • 英語の理解が難しく、受験に対して不安を感じている
  • 英語の問題で頻繁にミスをしてしまい、その対策を知りたい
  • 英語の勉強方法に悩んでおり、効果的な学習法を模索している
  • 高校受験において英語スキルを向上させ、志望校合格を目指している

実際の指導経験を持つ元講師が、英語の問題でありがちなミスの要因を詳しく解説。

具体的な対策や実践的な学習方法を紹介し、英語の理解を深め、高校受験に自信を持って挑むためのアドバイスを提供します。

英語に苦しむ高校受験生の悩みを解消し、合格への近道を見つけるお手伝いが、この記事の目的です。

高校受験「英語」でミスしやすい部分と対策

高校受験「英語」でミスしやすい部分と対策

高校受験で出題される「英語の全分野・単元」において、

起こりやすいミスとその対策を詳しく解説します。

高校受験の英語対策:基本スキル(Basic English Skills)

高校受験英語の基本スキル1. 文法

ミスしやすい部分

  • 文法のミスは主に時制や構文の誤りに関連しています。動詞の時制や文の構造が不適切だと、文章の意味が混乱し、正確な理解が難しくなります。これが高校受験での英語の問題において、特に重要なポイントです。

対策

  • 模擬試験を通じて実際の問題文に触れ、文法ルールを強化しましょう。適切な動詞の時制や文構造を誤りなく理解し、誤りを見つけたり修正したりする練習を繰り返すことで、文法のポイントを確実にマスターします。

高校受験英語の基本スキル2. 語彙

ミスしやすい部分

  • 語彙においてミスしやすい部分は、単語の正確な意味や適切な用法の把握不足です。正確な単語を選ばないと、文章の適切性が損なわれ、意味が曖昧になります。この点は高校受験の英語での問題解決において、重要な課題です。

対策

  • 日常的な英語の読書や記事の閲覧を通じて語彙を拡充し、文脈に合った単語の使用法を理解します。模擬試験で出題された語彙問題に焦点を当て、関連する単語を効果的に覚えましょう。これにより、豊富で正確な語彙が身につきます。

高校受験英語の基本スキル3. 読解

ミスしやすい部分

  • 読解においてミスしやすい部分は、文章全体の意味を正確に理解できないことです。文章構造や主旨が把握できないと、細部の情報も正確に理解できません。この能力は高校受験の英語での問題解決において、必須です。

対策

  • 長文読解の練習を通じて、文章の主題や論理構造を把握する力を養います。模擬試験で異なる種類の文章に対処し、問題に適切に回答する訓練を行います。これにより、文章全体を包括的に理解するスキルが向上します。

高校受験英語の基本スキル4. 聴解

ミスしやすい部分

  • 聴解においてミスしやすい部分は、スピーカーの発音やスピードに対応できないことです。語彙や発音の理解が追いつかず、全体を正確に理解できないことがあります。これが高校受験の英語での問題解決において、潜在的な障害となります。

対策

  • 英語の音声教材や映画、ニュースを聴く習慣を養います。模擬試験でリスニングセクションに焦点を当て、異なるアクセントやスピードの英語に慣れるよう努めましょう。これにより、実際の会話や音声に迅速に対応する能力が向上します。

高校受験英語の基本スキル5. 発音

ミスしやすい部分

  • 発音においてミスしやすい部分は、特に母国語との音の違いに起因する発音の誤りです。これがコミュニケーションの明瞭さに直結し、高校受験においても影響を及ぼします。

対策

  • 英語を母国語話者と実際に話す練習を積極的に行います。発音矯正のアプリやオンラインコースを利用し、自己学習と指導のバランスを取りながら発音力を向上させます。これにより、クリアで自然な発音が身につきます。

英語対策では文法、語彙、読解、聴解、発音の各項目に焦点を当て、具体的なミス要因と対策を理解しましょう。模擬試験での実践と継続的なスキル向上が、高校受験での英語力の確実な向上につながります。

高校受験の英語対策:文学(Literature)

高校受験英語の文学1. 英米文学の代表的な作品や著者

ミスしやすい部分

  • 英米文学の幅広い範囲にわたり、多くの作品や著者を覚えることが挑戦です。特に、作者や作品名の記憶ミスが一般的であり、これが正確な把握を妨げる原因となります。

対策

  • まず、文学の代表的な作品や著者を体系的にリストアップします。このリストを定期的に振り返り、要点や特徴をメモします。また、文学作品ごとに簡単な要約や重要なテーマを作成し、深い理解を促進します。模擬試験で作者や作品に関する問題に特に焦点を当て、実践的な復習を行います。

高校受験英語の文学2. 文学的要素の理解(テーマ性、構造、スタイル)

ミスしやすい部分

  • 文学的要素の理解が難しく、特にテーマ性、構造、スタイルの把握が不足していると、作品の意味や作者の意図を正確に解釈するのが難しいです。これが作品分析の際の主要な課題です。

対策

  • まずテーマ性に注目し、主題やメッセージを明示的に理解します。構造に関しては物語の進行やキャラクターの関係性を追求します。スタイルは作者の言語選択や表現方法に焦点を当て、その独自性を認識します。各要素ごとに模擬試験の解説を読み解き、分析力を向上させます。またクラスや読書会で積極的にディスカッションし、異なる視点からの理解を広げます。

文学の対策においては、記憶と分析の両面で深い理解を目指すことが重要です。模擬試験での問題演習やディスカッション、独自の視点からの解釈を行うことで、高校受験における文学的な知識の深化を図ります。

高校受験の英語対策:ライティング(Writing)

高校受験英語のライティング1. エッセイの書き方

ミスしやすい部分

  • エッセイ執筆において、テーマの厳選や適切な論理構造の構築が難しく、主題から逸れたり、論点が曖昧になることが課題です。また、文法ミスや表現の不足もよく見受けられます。

対策

  • 最初にクリアなテーマを設定し、それを踏まえた論理的な構成を心がけます。段落ごとに主題文を明確にし、一貫性を保ちます。模擬試験でエッセイに取り組み、添削や指導を受けることで自己表現力や論理的思考を向上させます。文法の基本を確認し、多様な表現力を身につけるために読書を積極的に行います。

高校受験英語のライティング2. レポートの書き方

ミスしやすい部分

  • レポートの作成では、情報の整理や適切な構造化が重要であり、要点の抜けや冗長な記述が生じやすいです。また、引用や参考文献の使い方に不慣れな生徒がよく見受けられます。

対策

  • 明確なアウトラインを作成し、各セクションごとに的確な情報を配置します。段落ごとに主題文を設定し統一感を持たせます。模擬試験で実際のレポート作成に挑戦し、添削やフィードバックを通じて改善点を洗い出します。引用や参考文献のルールを把握し、正確な引用を確認します。また研究力を向上させるために関連書籍や学術論文の読解を積極的に行います。

高校受験英語のライティング3. 手紙やメールの書き方

ミスしやすい部分

  • 手紙やメールでは、相手に伝わりやすくするための敬語の使い方や適切な表現の選択が求められ、また、誤字や文法ミスが目立つことがあります。

対策

  • 相手や状況に合わせた文体や表現を工夫し、冗長さを避けつつも要点を明確に伝えることを意識します。模擬試験で手紙やメールの書き方に慣れ、添削を通じて誤りを修正します。文法やスペルのチェックを怠らず、清潔な文章を目指します。また異文化への理解を深めるために、国際的なニュースや異文化交流イベントに積極的に参加します。

ライティングの各項目において、実践的なスキル向上とともに、自己表現力や論理的思考、研究能力の向上が求められます。これらをバランスよく発展させ、高校受験においてライティングの課題に自信を持つよう心掛けましょう。

高校受験の英語対策:リーディング(Reading)

高校受験英語のリーディング1. 記述文の理解

ミスしやすい部分

  • 記述文の理解において、情報の重要性や文脈からの意味を正確に把握する難しさがあります。生徒が特に細部に注意を払わず、文章全体のつながりを見逃すことで、文の要点を見誤ることがよくあります。

対策

  • 文章全体の流れをつかむために、主題文や段落の構造を理解する訓練をします。模擬試験を通して、キーワードや関連表現に焦点を当て、文章内の重要な情報を見逃さないようにします。また広範なトピックに触れることで、幅広い知識を持つことが理解力向上に寄与します。

高校受験英語のリーディング2. 議論文の理解

ミスしやすい部分

  • 議論文では、著者のスタンスや主張を正確に理解することが難しいです。生徒が主題から逸れ、著者の意図を正確に把握できない場合があります。また様々な視点を抱える論点を追いかけるのが難しく、その論理的つながりを見逃すことがあります。

対策

  • 文章内のキーポイントを的確に抽出する練習をします。著者のスタンスや主張に注目し、それを文章全体の流れに結びつけます。模擬試験で様々な論点に対処し、慣れを増やすことが必要です。また議論文の特有の表現や論理構造を理解するために、高度な論評や記事を積極的に読むことが効果的です。

高校受験英語のリーディング3. 文脈からの情報抽出

ミスしやすい部分

  • 文脈からの情報抽出では、文章内の論理的な流れを見逃し、独立した情報を誤って抽出することがあります。特に複雑な情報が与えられた場合、正確な文脈を見極めることが難しいです。

対策

  • 段落や文のつながりを確認する癖を身につけます。模擬試験で文章内の情報の流れを理解し、前後の文脈から必要な情報を適切に抽出するトレーニングを行います。また語彙力や文法の理解を向上させ文脈に基づいて推測できる力を高めます。多読を通じて異なるジャンルの文章に触れ、様々な文脈への適応力を養います。

リーディング対策では、テキストの構造や表現のニュアンスを正確に理解することが求められます。模擬試験を通じて実践的な問題に慣れ、自己のリーディングスキルを向上させましょう。高校受験においては、リーディングの理解能力が問われるため、これらの対策は非常に有益です。

高校受験の英語対策:スピーキング(Speaking)

高校受験英語のスピーキング1. 発表(Presentation)

ミスしやすい部分

  • 発表において、生徒が陥りやすいミスの一つは、主題から逸れたり、要点を漏れることです。また、表現力や発音の不足、リズムのコントロールの難しさが生じることもあります。生徒が適切なテクニックを欠いていると、情報が十分に伝わりにくくなります。

対策

  • 初めに、クリアなテーマ設定と構成の練習を行います。生徒が意欲的に取り組むためには、興味深いテーマを選定することが重要です。模擬試験で実際の発表に挑戦し、添削やフィードバックを通じて改善点を洗い出します。発音やリズムに焦点を当て、オーディオ教材やネイティブスピーカーの発音を聴くことで耳を鍛え語学力を向上させます。また自己のアイデンティティや経験を生かし、聴衆に訴えかけるスキルを磨くことも不可欠です。

高校受験英語のスピーキング2. ディスカッション(Discussion)

ミスしやすい部分

  • ディスカッションにおいて生じるミスの中には、他者の意見に適切に反応できなかったり、論点を深堀りする能力が不足していることがあります。語彙や表現の不足、相手の発言を理解するのに時間がかかることも挙げられます。

対策

  • 様々なトピックに関するディスカッションを模擬試験で経験し、意見の整理や相手に対する適切な反応を学びます。ディスカッションで使用される表現やフレーズを学習し、語彙力を向上させます。他者の発言に敏感に反応できるよう、模擬ディスカッションやグループでの討論を積極的に行います。また自分の意見をしっかりと述べる練習を通じて、自己主張力を高めます。

高校受験英語のスピーキング3. インタビュー(Interview)

ミスしやすい部分

  • インタビューでは、質問に対する適切な答えが求められます。しかし、緊張や誤解からくる答えのズレ、自己の強みや経験を十分にアピールできないことがあります。

対策

  • 模擬試験で様々な質問に答える練習を行います。質問に対する自分の意見や経験を整理し、明確に伝えるトレーニングが有効です。模擬面接や友達との練習を通じて緊張感を減少させ、自信をつけることが重要です。さらに実際のインタビューの機会を増やすため、イベントやボランティア活動などに積極的に参加し、異なる状況への対応力を養います。

これらのスピーキングスキル向上の対策は、生徒が実践を通じて自分の強みや個性を発揮し、自信を持って英語で意見を述べることができるよう支援します。これが高校受験においてスピーキングの評価向上につながります。

高校受験の英語対策:文化と歴史(Culture and History)

ミスしやすい部分

  • 英語圏の文化や歴史に関する問題において、生徒がよく誤る部分は、専門的な表現や時制の取り扱いです。適切なコンテキストがなければ、文化や歴史にまつわる文章や質問が理解しづらくなりがちです。また異なる時代や文化に関する知識が不足している場合、正確な理解が難しくなります。

対策

  • 多読と多聴を活用
    英語圏の文学や歴史書を積極的に読み、歴史に関する映画やドキュメンタリーを視聴することで専門的な表現や背景知識を身につけます。これにより文章や質問に適切に対応する能力が向上します。
  • 関連イベントへの参加
    ブログやイベントで英語圏の文化や歴史についての記事や講演を積極的に追いかけ、自身の知識を補強します。これにより実際の情報や体験を通じて理解度が深まります。
  • 定期的な復習
    学習した知識を定期的に振り返り、関連する単語や表現を暗記しておくことで、試験前に自信を持てるようになります。継続的な復習が深い理解を生み出します。
  • 関連するニュースの追跡
    英語のニュースサイトや歴史的な出来事に関する記事を追跡し、トピックに触れる習慣を養います。リアルタイムの情報を取り入れることで、歴史や文化の動きに敏感になります。

これらの対策を実践することで、英語圏の文化や歴史に関する理解を深め、高校受験において問題に適切に対処できるようになります。生徒は興味をもち主体的な学習を行うことで、文化や歴史の知識をより確かなものにしていくことが重要です。

高校受験にむけ英語をより確実にする効果的な対策

高校受験にむけ英語をより確実にする効果的な対策

高校受験において英語の克服は、成功へのカギ。このため基礎から応用までを網羅する効果的な英語対策が必要です。

以下では、文法、リーディング理解、単語力、模擬試験、英作文、そして授業・オンライン学習の6つの要素に焦点を当て、総合的かつ効果的な対策方法を詳しくご紹介します。

基礎文法の確認と強化

基礎文法の理解は、高校受験において確かな土台となります。

まず、中学で学習した文法ルールを振り返り、それを実際の文章に適用するトレーニングを重ねます。また、文法書やオンライン教材を駆使して、より高度で複雑な文法ポイントにも焦点を当て、理解を深めていきます。

例えば、仮定法や複合文の構造などにも着目し、応用力を高めます。

リーディング理解の向上

リーディング理解力を向上させるためには、様々な文体やジャンルの文章に触れることが重要です。

小説、新聞記事、学術論文など、異なるタイプのテキストを読み解き、それぞれの特徴を理解します。さらに、文脈から言葉の意味を推測するスキルや、文章の主旨を把握する力を高めるための演習も行います。

これにより、高度なリーディング理解スキルが身につきます。

単語力の強化

豊かな語彙力は高校受験の英語試験において不可欠です。

基本的な単語だけでなく、難解な単語や学術用語も積極的に取り入れ、理解を深めます。また、単語帳やアプリを利用して継続的に単語力を向上させ、自在な表現力を身につけます。

これにより、高校受験で出題される幅広いテーマに対応できるようになります。

模擬試験の実施

本番さながらの模擬試験を行い、試験に対する慣れと戦略を身につけます。

模擬試験の後には、誤答部分や時間の使い方をじっくりと振り返り、効果的な改善策を見つけ出します。また模擬試験を通して実際の試験の雰囲気に慣れ、自身の英語力の確認を行います。

英作文のトレーニング

英作文のスキル向上は、高校受験において論述力を発揮する重要な要素です。

トピックに関連するエッセイの執筆やディベート形式の文章作成を通じて、自分の意見や主張を論理的に表現するスキルを向上させます。

添削やフィードバックを受けつつ、正確性と表現力の両方を高めていきます。

授業やオンライン学習の活用

学校の英語授業やオンライン学習プラットフォームを活用し、専門講師からの指導を受けることで、高校受験に必要な知識とスキルを効果的に習得します。

授業内での質問やディスカッションを通じて、理解度を向上させ、自分の弱点を克服していきます。

TSUTOMU

これらの対策を組み合わせることで、高校受験での英語力向上が期待できます。

基礎固めから実践力の養成まで、着実なステップで進めることが鍵です。自分の進捗を確認しながら、模擬試験を通じて臨場感を体感し、徐々にコミュニケーション能力を高めていきましょう。

これにより、高校受験において英語の壁を乗り越え、自信を持って試験に臨むことができるでしょう。

高校受験へむけ英語対策にガチおすすめの勉強方法

高校受験へむけ英語対策にガチおすすめの勉強方法

TSUTOMU

高校受験において英語の対策は非常に重要であり、

その中でも通信教育(紙教材とデジタル教材)オンライン英会話は、効果的な学習手段としてガチおすすめとされています。

この項目では、これらの学習方法がなぜ英語対策において強力であるのか、その根拠とともに詳細に解説いたします。

通信教育の利点

  • 紙教材の復習効果
    通信教育における紙教材は、基礎から応用まで幅広い内容を提供し、中学生は自分の学習ペースで英語の基礎力を徹底的に養うことができます。高校受験においては文法や語彙の理解が不可欠であり、紙教材を活用することで徹底的な復習が可能です。
  • デジタル教材のインタラクティブな学習
    デジタル教材は、動画やクイズなどのインタラクティブな要素を含んでおり、アクティブな学習を促進できます。特に英語のリスニングやスピーキングの向上に寄与し、高校受験で要求されるコミュニケーション能力を向上させる効果があります。

私がおすすめの「紙教材・デジタル教材」はこちら。

【高校受験におすすめ】中学生向け「紙教材」によるおすすめ通信教育3選

【高校受験におすすめ】中学生向け「紙教材」によるおすすめ通信教育3選
「紙」を使った中学生におすすめの通信教育を3選にまとめでご紹介します。ネット教材との比較やメリット・デメリットなどを知った上でお選びになってください。

高校受験へむけ「小学生範囲」から学べる中学生おすすめ通信教育3選

高校受験へむけ「小学生範囲」から学べる中学生おすすめ通信教育3選
元塾講師が選ぶ「高校受験むけ小学生範囲から学べる通信教育」として3選に絞り込んで紹介します。高校受験対策として小学生範囲から総復習したいという中学生におすすめの厳選した通信教育。かなりマッチング性が高いと思うのでぜひご期待ください!

オンライン英会話の利点

  • リアルなコミュニケーション練習
    オンライン英会話では、ネイティブスピーカーとのリアルなコミュニケーションが可能です。この環境での会話は発音や表現力の向上に寄与し、高校受験の面接やリスニングセクションにおいて生徒に自信を与えることができます。
  • 臨機応変な対話練習
    オンライン英会話では、実際の会話に近い形で臨機応変な対話ができます。これにより、高校受験で求められる英語の自己表現力や即興力を向上させることが期待できます。状況に応じて柔軟に英語を使いこなすスキルを身につけます。

私がおすすめの「オンライン英会話」はこちら。

【元塾講師が選ぶ】中学生オンライン英会話おすすめランキング10選!

https://%e4%b8%ad%e5%ad%a6%e7%94%9f%e9%80%9a%e4%bf%a1%e6%95%99%e8%82%b2%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0.biz/english-conv/

これらがおすすめの根拠

  • 高校受験の英語試験の傾向
    過去の高校受験の英語試験を分析すると、文法や語彙の理解だけでなく、リスニングやスピーキングスキルも非常に重要な要素となっています。通信教育とオンライン英会話はこれらの要素を網羅的にカバーし、高校受験における幅広いスキル向上をサポートしています。
  • 実績や生徒の評価
    各通信教育プログラムやオンライン英会話サービスは、多くの生徒によって利用されており、その実績や生徒の評価が高いです。これは効果的な学習環境を提供している証拠であり、高校受験生にとって頼りになる根拠となります。

英語の対策において通信教育とオンライン英会話を組み合わせることで、

文法から実践的なスキルまで幅広く強化できます。これにより高校受験生

は豊かな英語スキルを身につけ、試験や面接において自信を持って臨む

ことができるでしょう。

高校受験の英語対策まとめ

TSUTOMU

この記事では、高校受験における英語での誤答やミスを最小限にするための要点と効果的な対策について元塾講師が解説しました。根拠としては、元塾講師が数多くの受験生と関わりながら得た実践的な知見と授業経験が挙げられます。

記事を通じて紹介された対策は、これらの経験に基づくものであり、英語科目における理解向上とミス防止に効果的です。

英語に苦しむ受験生たちが、この記事から学んだ対策を実践し、自信をつけて試験に臨むことで高校受験における英語の難関を克服できることを期待しています。

受験戦において英語での自己表現力を高め、合格への一歩を確実に踏み出すパワーとなれば幸いです。

コチラも参考までに

高校受験「国語」でミスしやすい部分と対策

高校受験「数学」でミスしやすい部分と対策

高校受験「理科」でミスしやすい部分と対策

高校受験「社会」でミスしやすい部分と対策

高校受験「面接」でミスしやすい部分と対策

タイトルとURLをコピーしました