-お得情報-
今月いっぱい(~12/31)まで通信教育すららが
入会金¥10,000➝¥0のキャンペーン中です。
すららの詳しいレビュー

【高校受験】タブレット教材を比較する大切な3つのポイント

【高校受験】タブレット教材を比較する大切な3つのポイント 基礎知識

高校受験に向けて効果的な勉強をするためには、しっかりとタブレット教材比較して慎重に選ぶことが重要になります。

そこで実際に私がタブレット学習を体験した上で、ぜったいに比較をするときに大切となるポイントを3つにまとめましたのでご紹介します。

  • 高校受験に向けて良質なタブレット学習で勉強させたい。
  • タブレット学習の比較方法を知りたい。

そんな家庭へ参考になるかと思います。

タブレット教材を比較する大切な3つのポイント

タブレット教材を比較する大切な3つのポイント

高校受験に向けてタブレット学習を比較するポイントは以下の通りです。

  1. E-ラーニングシステムの優秀さ
  2. 動画授業の搭載
  3. 無学年制

この3つのポイントが揃っているタブレット学習ほど優秀です。

どれか1つでも欠けてしまうと損しますので、この3つのポイントについて詳しく解説します。

タブレット教材比較ポイント①E-ラーニングの優秀さ

まずタブレット学習の比較ポイント1つ目が

E-ラーニング」です。

タブレット学習は”E-ラーニングシステム”をベースとして作られており、いかにこのシステムの長所を生かした作りになっているか?が大きなポイントになります。

このE-ラーニングで実際にできることは「学習内容の詳しい分析」です。

つまり子供が勉強をした内容をE-ラーニングが解析をして、そのデータを分かりやすく提示してくれるというもの。

したがってE-ラーニングをしっかりと活かして構成されているタブレット学習ほど詳しい分析が出来るため、より高以降受験に対して効果的な勉強ができるようになります。

思った以上にE-ラーニングは結果を左右する、タブレット学習の重要な比較ポイントになります。

タブレット教材比較ポイント②動画授業の搭載

中学生のタブレット学習には有無をいわさず

動画授業」があったほうがいいです。

実際に私も多くのタブレット学習を体験してきましたが、この「動画授業」がある教材ほどよりわかりやすく理解できることがわかっています。

動画授業があることのメリット

  • 過去の授業を見ることができるため理解につなげやすい。
  • 学校の授業よりはるかに説明がまとまってわかりやすい。
  • アニメーション授業であれば”動き”によって空間図形などが理解しやすい。

タブレット学習を比較するときに、私が強くいいたいのがこの「動画授業」の有無です。

間違いなく学習効果の上がる機能になるので、タブレット学習を比較するときの最重要ポイントとして知っておかれてください。

タブレット教材比較ポイント③無学年制

タブレット学習を比較するときに

無学年制」も大きなポイントになります。

この「無学年制」というのは、日本ではなじみの浅いもの。

しかしグローバルな視点で見たときに、欧米などを中心にこの「無学年制」による教育制度はとくに発展している効果的なスタイルです。

無学年制によるメリット

  • 学年の枠を超えて”分野”で勉強ができる。
  • さかのぼり学習・先取り学習をするためには絶対に必要。
  • 流れを止めることなく受験勉強ができる。

タブレット学習をいろいろと探ってみると、この無学年制というのはあまり見かけません。

もちろん日本で一般的なスタイルの”学年制”によるタブレット学習を選んでもそれなりに効果的ですが、より学習効果を上げようと思えば私は「無学年制」をおすすめします。

 おすすめ記事  中学生が無料体験で試せる映像授業搭載の通信教育5選

タブレット教材を比較するとき”偏差値”はどう考える?

タブレット教材を比較するとき”偏差値”はどう考える?

高校受験に向けてタブレット教材を考えるとき、

同時に気になるのが「偏差値」です。

タブレット教材の偏差値はこのようになっています。

タブレット教材の基本は「標準・ハイレベル」の2タイプ。

つまり偏差値を標準・ハイレベルのタブレット学習に合わせることによって、より高校受験に向けた学習効果が高まるというわけです。

私が実際に体験をしてわかった、タブレット教材のレベル分けは以下の通りです。

タブレット教材の偏差値比較①標準レベル:一般校向け

標準レベル・ハイレベルが選べる進研ゼミ中学講座

徹底的に積み上げ学習に取り組める通信教育すらら

個別指導塾のような勉強ができる城南コベッツのデキタス

 おすすめ記事   【元塾講師推薦】中学生「基本5教科」通信教育ランキングベスト3

タブレット教材の偏差値比較②ハイレベル:難関校・トップ校向け

神授業で勉強できるスタディサプリ

英語4技能&数学新系統講座が優秀なZ会「Asteria」

5教科をハイレベルでまんべんなく勉強できるZ会通信教育

 おすすめ記事  中高一貫校に通いながら取り組みたい3つのおすすめ通信教育

まとめ

タブレット教材の比較についてまとめます。

タブレット教材を比較する大切な3つのポイント

  • E-ラーニングシステムの優秀さ
  • 動画授業の搭載
  • 無学年制

タブレット教材を比較するときの偏差値

  • 大きく「標準・ハイレベル」の2タイプに分けられる

これで「高校受験に向けたタブレット教材の比較」が徹底的に実践できます。

私がご紹介したタブレット教材をお選びになるのも高い学習効果を期待できますし、またはご自分でポイントを抑えながらお選びになるのも結構です。

学習効果が高いというのは

「よくわかって・問題が解決して・成績につながる」

タブレット教材のことです。

要は高校受験成功が目標ですので、しっかりとタブレット教材を比較してより効果の高いものをお選びになってください。

 

 人気記事 

【元塾講師推薦】中学生「英会話」通信教育ランキングベスト3

【元塾講師推薦】中学生「プログラミング」通信教育ランキングベスト3

コメント

タイトルとURLをコピーしました