発達障害の勉強におすすめ「動画がある通信教育3選」および導入するメリット

【5月】期間限定
デジタル教材すららランキング1位 通信教育すらら
今月いっぱい「入会金0円」キャンペーン中です。

✅ 詳しくは➝http://surala.jp/

TSUTOMU

こんにちは元塾講師TSUTOMUです。

今回は「発達障害の勉強に動画っておすすめ?メリットある?」という疑問に答えます。

結論からいえば発達障害の場合、動画による勉強方法はメリットだらけ。

メリットについては後ほど詳しく解説しますが、自分で文章を読んで理解する、動きによって理解しやすい、音声により聴覚からも情報が入ってくるなどの理由があるためです。

そこで元塾講師および発達障害コミュニケーション指導者などの経験を活かして、発達障害の中学生に極めておすすめといえる「動画を使った通信教育3選」をはじめ、勉強(家庭学習)に動画を導入するメリットについて詳しくお話しします。

発達障害の勉強におすすめ「動画」がある通信教育3選

発達障害の勉強におすすめ「動画」がある通信教育3選

動画のある通信教育のなかでも、とくに「発達障害の中学生が理解しやすい」というポイントを徹底的に着目しておすすめ3選を抽出します。

アニメーション動画授業「すらら」

アニメーション動画授業「すらら」

動画の特徴発達障害支援の専門家による理解しやすくわかりやすい動画構成。
キャラクター講師が話しかけるように解説する個別指導塾のような動画授業。
動画形式アニメーション解説のこだわりスモールステップ理解しやすさ

TSUTOMU

文部科学大臣賞の受賞歴もあるデジタル教材で、発達障害支援の専門家による監修のため「かなり理解しやすい動画授業」が搭載されており極めておすすめです。

搭載される動画授業の大きな特徴は、スモールステップで進むため頭を整理しながら見られること。少し進んでは確認問題が出されるといった授業解説のため、発達障害の中学生にとって理解へつなげやすい履修動画になります。

また動画解説はスモールステップで「わかりやすさ」を前面に出しているだけではなく、対話型アニメーション授業という「子供に話しかける」というスタイルによりモチベーションアップも期待できる動画授業。

すららの動画授業

すららの動画授業

とくに1人で家庭学習に取り組んでいる場合は「すぐそばに講師がいてくれる感覚」があるので、安心感をもって勉強できるメリットもあります。

無学年方式のため小学生範囲から自由に履修でき、発達障害で学力低下の見られる場合でもぴったりの勉強ができるのもメリットのひとつ。小学生範囲からすべての単元において動画授業が用意されているので、学力や進捗度合いに合わせた内容の動画受講ができかなり便利です。

発達障害支援の専門家が監修しているため、極めてわかりやすく理解しやすい動画授業。まず選んで失敗することなく、かなり高満足度の通信教育になると私は強く感じます。

すらら✅ すららの「映像授業」を無料体験できます。

https://surala.jp/

 

レビュー記事:すららの口コミ

 

神講師の動画授業「スタディサプリ」

神講師の動画授業「スタディサプリ」

動画の特徴全国屈指の「神授業」で有名講師陣によるわかりやすい動画授業。
動画形式講師解説のこだわり熱血漢理解しやすさ

TSUTOMU

講師による動画授業のほうがいいという場合に「神授業の講師陣によるわかりやすい動画解説」のためかなりおすすめといえる通信教育になります。

いちどスタディサプリの動画授業を見ればわかると思いますが、かなり熱血漢のある解説が大きな特徴。

しっかりとした逆算のうえ構成された順序よく進む動画授業となっており、やや複雑な部分はいろいろな角度からの解説されたり、動きを交え「感覚でも伝えよう」など理解しやすい工夫の多い解説となっています。

スタディサプリの動画授業

スタディサプリの動画授業

とくにスタディサプリの講師陣は「ぜったいに伝える!」という意気込みが強く、動画を見ていても伝わってくるほど。伝えるためには手段を選ばないというか、ホワイトボードよりも体の動きで伝えよう!など一般的なきれいに整った動画授業とは、それこそ一線を画した中身で勝負の動画解説となっています。

小学4年生範囲から自由に取り組めるスタイルのため、学力低下がみられる場合でも安心。わかりやすい神授業動画で学んだあとは、業界屈指のボリュームといえる演習問題でしっかりと復習・定着をはかることもできます。

かなりコスパも優れるので、いずれにしても使いやすいデジタル教材になります。

スタディサプリ✅ スタディサプリの「お試し無料体験」ができます。

スタディサプリ/今なら1週間お試し無料

レビュー記事:スタディサプリの口コミ

 

ライブ動画授業「進研ゼミ」

ライブ動画授業「進研ゼミ」参考:進研ゼミ

動画の特徴質問のできるライブ授業で疑問解消につなげやすい。
動画形式ライブ解説のこだわり質問可能理解しやすさ

TSUTOMU

通信教育のなかでは珍しい「ライブ動画授業のある」デジタル教材になります。

このライブ授業動画というのは現時点における履修として効果的で、さらに中学生範囲を自由に学べるため「過去」「現在」いずれも徹底的に取り組める便利なデジタル教材です。

とくにライブ授業動画では質問できることで疑問解消につなげやすく、講師の解説についても急ぎすぎず理解しやすいのが特徴。したがって現時点の学習としても効果的で、過去の復習にも効果が期待できるのがメリットといえる通信教育になります。

また進研ゼミ特有ともいえる赤ペン先生の添削指導などもあるため徹底復習におすすめで、AIシステムによる学力に沿った演習問題提供などもあるため想像以上にしっかりと学べるのが特徴。また問題を解くときには動画による解説なども備わっているため、より理解しやすい動画環境を構築できます。

動画という意味においてはライブ授業や問題内の解説動画など、しっかりと充実した内容。さらにAIシステムおよび赤ペン先生の添削指導などもあるため、総合的な復習から現時点における学びまで取り組める通信教育です。

進研ゼミ✅ 進研ゼミの「お試し無料教材」などがもらえます。

【進研ゼミ中学講座】

 

レビュー記事:進研ゼミの口コミ

 

発達障害の勉強におすすめ「動画」がある通信教育の比較一覧

TSUTOMU

ここまで紹介した「おすすめ3選」を、比較一覧表でまとめます。

それぞれ教材名をクリックすると、さきほどの各解説項目へ戻ります。

教材名動画形式解説のこだわり理解しやすさ
すららアニメーションスモールステップ
スタディサプリ講師熱血漢
進研ゼミライブ質問可能

 

発達障害の勉強に動画がある通信教育を導入するメリット

発達障害の勉強に動画がある通信教育を導入するメリット

発達障害の勉強において、私は「動画」を導入することに激しく同意します。

とくに、つぎのような最低限のメリットがあるため。

  • 動き・音声により「更なる理解」へつなげやすい
  • 映像授業のわかりやすい解説で整理・吸収しやすい
  • 自分の講師が傍にいるような安心感へつながる

ここに挙げたのは最低限のメリットで、ほかにも動画学習は多くの長所をもつ勉強スタイルです。

さらに詳しく、これらの享受が期待できるメリットを詳しく解説します。

動き・音声により「更なる理解」へつなげやすい

発達障害の勉強に動画を用いたとき、とくに最も大きなメリットといえるのが「理解のしやすさ」です。

自分の力で文章を読んで、内容を理解して、解答力を身に着けるというのが教科書や参考書を使った一般的といえる勉強方法。この場合は「自分の力で文章を読んで理解する」という時点において、発達障害があることで挫折してしまう場面も極めて多いと思います。

それに対して「動画」を用いた勉強方法では「動き(視覚情報)」「音声(聴覚情報)」といった特性により、五感を使ったより多くの情報で理解へつなげやすいという特徴があります。

たとえば算数または数学教科において、とくに図形分野などは理解させるのが難しいもの。教科書などでは理解しづらい分野ですが、動画による「動き・音声」によって理屈だけではなく感覚的な理解へもつながりやすく、より総合的な理解へと進めやすいのが動画学習の大きな特徴になります。

とくに発達障害がある場合、この動画を用いた勉強方法による「動き・音声」は極めて効果的な方法。

実際に目の前で図形が動いて変化したり、変化に伴ったわかりやすい解説があることで、より発達障害の勉強として動画の存在は大きいといえるのではないでしょうか。

映像授業のわかりやすい解説で整理・吸収しやすい

発達障害の勉強において「正しく順序よい解説」をすることが、より理解を強めるポイントになります。

そこで動画を用いた勉強方法は、おもに映像授業によって学ぶスタイル。したがって動画授業は事前の編集により理解しやすく用意された解説となっており、学校や塾の授業と比較すると大幅に整理・吸収しやすい学習スタイルになります。

とくに映像授業の解説におけるメリットといえるのが「正しい順番」「整理された説明」などで、話が前後することなく、さらに必要な部分はすべて順序良く盛り込まれていることで、発達障害の勉強として極めてわかりやすい家庭学習を実現できます。

また通信教育の「動画」による解説として、おもに用いられるのが「映像授業」「ライブ授業」という2つのスタイル。とくに発達障害の勉強として理解しやすいのが「映像授業」で、あらかじめ編集されわかりやすいコンテンツとして完成しているため、より理解へつなげやすくおすすめの動画スタイルです。

学校の授業でしっかり理解できない、親の教え方で理解できないという場合は、おもな原因として考えられるのが「わかりづらい解説」この問題の解消をしっかり期待できるのが、とくに事前に編集され完成したコンテンツといえる「映像授業」と私は強く感じます。

自分の講師が傍にいるような安心感へつながる

家庭学習として「動画」のある通信教育を実践すると「つねに自分だけの講師がいてくれる」といった感覚が生じやすく、結果的に安心感をもちやすいというのも1つのメリットになります。

学びたい映像授業をクリックすると「自分だけに向けた解説」が始まることで、いつでも教えてくれる講師が傍にいるといった感覚を受けるのが特徴。したがって家庭学習に動画授業があることで安心感を感じやすく、結果として落ちついて勉強に取り組めるなどのメリットへ発展しやすい勉強スタイルです。

この「いつもそばに教えてくれる講師がいる」という状況は、とくに発達障害の場合は極めて重要といえるポイント。発達障害の特性としてこだわりを持つなどあると思いますが、正しく理解しやすい解説により、こだわりの徹底的な解消につながりやすいといえるのが動画授業の大きなメリットです。

また動画があることによって「講師との対話」を仮想的に行えることもメリット。

とくに通信教育の動画授業というのは「話しかけるような解説」が一般的なため対話している感覚で受講でき、またモチベーションアップにつながるような声掛けされる動画授業などもあり、対話による安心感を得やすいといった特徴を持っています。

このように動画が搭載された通信教育は高い学習効果が期待できるだけではなく、いつでも自分の味方になってくれる講師がいるという安心感も得やすい勉強スタイルであるといえます。

まとめ

TSUTOMU

今回は「発達障害の勉強に動画っておすすめ?メリットある?」という疑問に対して、私が選んだとくに優秀と感じるおすすめ3選をはじめ、動画のある通信教育の導入メリットという形で答えてきました。

これら2つの見解により、発達障害の勉強に動画を使うことは極めてメリットが多くおすすめといえます。

もし次のような状況であれば、動画による家庭学習はぴったりです。

  • いくら文字を読ませても、読もうとせず理解もしない。
  • 家庭学習が進まず困っている。
  • 子供にしっかりと解説してくれる先生が欲しい。
  • 自粛学習しているので接触のある家庭教師は選びたくない。
  • 高校受験させたいけど勉強が進まない。など

いずれにせよ家庭学習が進まず困っていれば、動画のある通信教育を考えてみる価値は大いにあります。

とくに「わかりやすく解説してくれる」「視覚・聴覚など感覚をフルに使って理解しやすい」といったメリットが大きいので、今までよりも大幅に学習効果アップが期待できる勉強方法になるかと。

発達障害の勉強として、動画のある通信教育は極めておすすめ。

親の代わりとなって勉強を教えてくれるといったメリットもあるので、もし仕事が忙しく家庭学習に付き添えないなどの場合も、極めて適した学習スタイルを構築できると私は感じます。

タイトルとURLをコピーしました