発達障害の中学生におすすめ「数学がよくわかる」通信教育ベスト5選

発達障害の中学生におすすめ「数学がよくわかる」通信教育ベスト5選

【5月】期間限定
デジタル教材すららランキング1位 通信教育すらら
今月いっぱい「入会金0円」キャンペーン中です。

✅ 詳しくは➝http://surala.jp/

TSUTOMU

こんにちは元塾講師TSUTOMUです。

今回は「発達障害の中学生に数学をしっかり理解させたい」という疑問に答えます。

発達障害コミュニケーション指導者

私は元塾講師でありながら、発達障害コミュニケーション指導者など資格をもって子供たちに接してます。

現実問題として発達障害の中学生に数学を理解させようとしても、きっと一筋縄では伝えきれないかと。正面から直球で伝えようとしても数学の理屈をなかなか理解してくれず、かなりの変化球を投げてやっと少し伝わるかなという感じ。

この「数学の理屈を伝える」という極めて難しい部分について、親の代わりとなって理解しやすくわかりやすく教えてくれる優秀な通信教育をピックアップします。

発達障害の中学生に数学を教えきれない、という場合におすすめの内容になります。

発達障害の中学生に数学がよくわかる通信教育ベスト5選

発達障害の中学生に数学がよくわかる通信教育ベスト5選

発達障害の中学生が「数学をよくわかる」という観点で通信教育を考えると、その特性(動き・音声)などでより理解へつなげやすいと感じるのが「デジタル教材」というスタイル。

したがって私がピックアップする通信教育としては、より数学を理解しやすく高い学習効果の期待できるデジタル教材から、とくに優秀な内容のおすすめ5選を選びます。

紙教材よりも数学を理解しやすいスタイルなので、ぜひ家庭学習に取り入れてみてください。

矢印

通信教育すらら

通信教育すらら

選んだ理由発達障害支援の専門家によるデジタル教材でかなり最適。AIシステムのサポートなどもあり数学ほか5教科すべてが極めてわかりやすい。
総合ポイント5.0計算問題5.0応用問題5.0
おもな特徴
  • 発達障害支援の専門家による構成
  • 小学生全範囲から学べる無学年方式
  • AIシステムによる学習サポート
  • アニメーション映像授業 など

TSUTOMU

発達障害の中学生が数学を理解するのに、極めて最適といえるデジタル教材がこの「すらら」。

なぜなら「発達障害支援の専門家」によって監修された通信教育で、数学を理解させるためのノウハウをはじめ、発達障害特性に基づいた理解へつなげるための教え方がしっかり盛り込まれているためです。

とくに映像授業が極めて分かりやすい構成で、スモールステップで少しずつ進むためかなり頭に入りやすい。キャラクター講師も解説するばかりではなく、ときには背中を押してくれモチベーションアップにつながる言葉掛けもあるなど、より意欲をもって勉強に取り組みやすい授業となっています。

すららの「スモールステップ」で進む映像授業

私も体験済み!すららの「スモールステップ」で進む映像授業

またアニメーション映像授業なので「動き・音声」によって理解につなげやすく、とくに数学の図形分野などはアニメーション効果によって図形が実際に動いて形が変化するため、かなり理屈を理解しやすく「感覚」をもって身に着けやすい授業です。

ドリル機能やテスト機能といった数学問題においても極めてボリュームがあり、さらにAIシステムによりミスした問題などは「つまずき原因となる単元」が表示されたりと、実際の勉強現場における悩みをしっかりと解消できる機能も盛りだくさんのデジタル教材です。

発達障害の中学生へ数学をしっかり理解させようと思えば、この「すらら」は総合的に考えてかなりおすすめといえる構成。しかも文部科学大臣賞の受賞歴もある通信教育のため、安心感をもって取り組めるのも大きなメリットになります。

すらら✅ すららの「映像授業」が無料体験できます。

https://surala.jp/

 

体験記事:すららの口コミ

 

通信教育スタディサプリ

通信教育スタディサプリ

選んだ理由全国屈指の「神授業」による講師陣が揃う高クオリティといえるデジタル教材。絶対に伝える!という熱血漢とともに数学の理屈を細かく解説してくれるため理解しやすい。
総合ポイント5.0計算問題5.0応用問題5.0
おもな特徴
  • 小学4年生範囲から自由に学べる無学年方式
  • ボリュームではトップレベルの映像授業&演習問題
  • AIシステムによる苦手解消対策 など

TSUTOMU

先ほど紹介した「すらら」のアニメーション授業よりも、実際の講師による映像授業がいいという場合に間違いなくおすすめのデジタル教材です。

発達障害の中学生が数学をしっかり理解するには「わかりやすく理屈をつかみやすい解説」が有効ですが、このスタディサプリに搭載される映像授業はまさにお手本のような解説。

少しずつ「絶対に理解させる!」という熱い思いが乗せられた授業解説で、とくに数学などは1つずつゆっくりと丁寧に、さらに複雑な部分はさまざまな角度から「感覚」で理解できるよう解説してくれます。

スタディサプリの映像授業とテキスト

スタディサプリの映像授業とテキスト

実際に数学の授業を見るとよくわかりますが、1つずつ確実にパズルがはまっていくような感覚。解説の順番も前後することがなく、順番に教えてくれるので発達障害の中学生が数学を理解するのにふさわしい映像授業といえます。

また優秀な映像授業だけではなく10,000問以上ある演習問題もあり、基礎理解ができたら定着まで一連の流れでしっかり取り組めるといった構成。この流れについても学習の順番通りに進めることができるため、混乱することなく1つずつ確実に理解&定着を進めていくことが期待できます。

ぜひいちど、神授業の映像授業をご覧になってみてください。

スタディサプリ✅ スタディサプリの映像授業はこちら。

スタディサプリ/今なら1週間お試し無料

体験記事:スタディサプリの口コミ

 

東進オンライン学校

東進オンライン学校出典:東進オンライン学校

選んだ理由四谷大塚の授業スタイルを引き継いだ映像授業のため「楽しさ」「わかりやすさ」がある。AIシステム連携によるレベルに応じた確認問題などで数学を理解しやすい。
総合ポイント4.8計算問題5.0応用問題5.0
おもな特徴
  • 解き方よりも「考え方」を中心に解説される映像授業
  • AIシステム連携の確認問題
  • 練習問題・月例テストが豊富 など

TSUTOMU

四谷大塚とのコラボスタイルで人気の、東進ハイスクール(予備校)が運営するデジタル教材です。

入会すると配信される映像授業のなかから、一定数を選んで受講できるスタイル。したがって過去授業は選べませんがバックナンバーを別途購入できるため、言ってみれば準無学年方式で学べる通信教育です。

完全無料の無学年方式ではないですが、その分だけ毎月の受講料が安く抑えられているためコスパ的には良好。また数学の勉強に必要と感じる映像授業だけを選べるので、もしかすると効率的といえるシステムかもしれません。

映像授業については解き方よりも「考え方」を中心とした解説で、いわゆる広く応用が利くといった教え方をするので合理的。とはいえ難しく解説されるわけではなく、いたって理解しやすく楽しさを交えながらの独自性ある映像授業となっています。

数学の問題数についてもボリュームがあり、確認問題や月例テストなど合わせると間違いなく豊富といえる量。またAIシステムによる問題提起もあるので、基礎理解から定着まで一連の学習ができるコンテンツです。

数学をはじめとする家庭学習に必要なコンテンツはすべて揃っており、発達障害の中学生も使いやすい操作性と、楽しさを感じるビジュアルによって取り組みやすいデジタル教材。

いちど選んだ映像授業はアーカイブにストックされずっと見続けられるので、もし入会するなら少しでも早いほうがお得かもしれません。

東進オンライン学校✅ 東進オンライン学校の「無料入学体験」ができます。

東進オンライン学校 中学部

 

進研ゼミ

進研ゼミ出典:進研ゼミ

選んだ理由専用タブレットで細かな部分までしっかり学べる。ライブ授業では珍しく質問もできるため数学の疑問解消にもつなげやすい。
総合ポイント4.5計算問題4.8応用問題4.8
おもな特徴
  • 専用タブレットにより使いやすい
  • 双方向スタイルの質問できるライブ授業
  • 赤ペン先生の添削指導 など

TSUTOMU

発達障害の中学生とって、数学をかなり細かく学べるデジタル教材になります。

進研ゼミには2種類(紙教材・デジタル教材)ありますが、私がおすすめするのはデジタル教材のほう。ハイブリッドスタイルと呼ばれる種類で、専用タブレットを使って学ぶという通信教育です。

とくに特徴的なのが専用タブレットによる細かな学習内容で、たとえば国語の漢字練習などもしっかりとトメ・ハネまで書けていないとAIシステムが不正解にしてしまうほど。このような細かなチェックが数学でも行われるので、確実性の高い家庭学習をと考える場合におすすめのデジタル教材になります。

また発達障害でも偏差値が高めの場合、標準コース・難関コースがあるので大丈夫。中学生全域におよぶ基本的な数学については両方とも取り組め、難関コースではさらにハイレベル問題を学べる構成となっています。

また数学のさらなる理解においても、質問できるライブ授業をはじめ、過去部分は赤ペン先生の添削指導で徹底チェックできるためかなり有意義。最終的な理解まで到達しやすい内容で、数学をしっかりと学ぶことのできるデジタル教材であると私は感じます。

専用タブレットも使いやすく、タブレット上に手を置いて書けるというのも便利。発達障害の中学生がすとれるなく数学をしっかり取り組める通信教育として、おすすめの1つがこの進研ゼミです。

進研ゼミ✅ 進研ゼミの「無料お試し教材」などもらえます。

【進研ゼミ中学講座】

体験記事:進研ゼミの口コミ

 

通信教育デキタス

通信教育デキタス

選んだ理由5分程度の映像授業により途中で飽きることなく数学の理解へつなげやすい。ドリル機能など必要十分な一連のコンテンツ搭載。
総合ポイント4.3計算問題4.2応用問題4.1
おもな特徴
  • 各教科の要点が5分に収められた映像授業
  • ボタン1つでジャンプ可能なさかのぼり機能
  • 映像授業後の練習問題・ドリルで問題数あり など

TSUTOMU

数学を広くサクサクと学べる、5分程度の短い映像授業があるデジタル教材です。

デキタスはシンプルイズベストといった感じの通信教育で、正直いってそこまで深い学習はできませんが、数学をはじめとする5教科全般を広く学ぶには有効な構成。家庭学習として必要なコンテンツはすべて揃っており、勉強をどんどん進めていきたい場合におすすめです。

発達障害があることで授業に集中できないという場合にも適しており、映像授業はすべて5分程度に収まっているので飽きる前に終わるといった構成。したがって長い授業が苦手という発達障害の中学生でも、デキタスの短い授業であればたぶん大丈夫ではないかと私は思っています。

ドリル機能も段階的に用意されており、レベルごと解けるようになればステップアップできるといったシステム。したがって子供の学力に応じた数学問題に取り組みやすく、シンプルかつ便利な仕組みになっているのが特徴です。

そこまで深い学習はできませんが、広く数学を理解するにはおすすめのデジタル教材です。

デキタス✅ デキタスの「無料体験」ができます。

通信教育ならデキタス

体験記事:デキタスの口コミ

 

発達障害の中学生におすすめ「数学」通信教育の比較一覧

TSUTOMU

私がおすすめの通信教育5選を、比較一覧表においてまとめます。

それぞれの教材名をクリックすると、先ほどの各解説へジャンプします。

教材名総合ポイント計算問題応用問題
すらら5.05.05.0
スタディサプリ5.05.05.0
東進オンライン学校4.85.05.0
進研ゼミ4.54.84.8
デキタス4.34.24.1

 

発達障害の中学生に数学がわかる通信教育の選び方

発達障害の中学生に数学がわかる通信教育の選び方

元塾講師の私としては、つぎのポイントが最低限必須といえます。

  • 学力低下でも学べる「無学年方式」である
  • 段階的な理屈が1つずつ順番にわかりやすく解説されている
  • 考え方を中心とした「感覚」でも理解できる工夫がある

いずれのポイントもかけることがなく、すべて揃っている通信教育がおすすめ。

さらに詳しく、これら必須条件について解説します。

学力低下でも学べる「無学年方式」である

発達障害の中学生で学力低下がみられる場合は、とくに「無学年方式」であることが重要です。

この無学年方式というのは学年の枠を通り越して学べる通信教育スタイルで、たとえば小学生・中学生範囲をすべて自由に学習できるなど教材によって異なるもの。

無学年方式として極めて幅広い通信教育がさきほど解説したデジタル教材すららで、この場合は小学生から中学生範囲をすべて学べるため学力低下があっても十分な数学および算数学習にとり組めます。

発達障害で学力低下がみられる場合、もっとも選ぶべきではないのが学年生の通信教育。

この学年生の通信教育を選んでしまうと現時点の学年しか取り組めず、過去の学年については一切勉強できなくなってしまうので要注意です。

したがって発達障害で学力低下のあるときは、この「無学年方式」に着目することがおすすめです。

段階的な理屈が1つずつ順番にわかりやすく解説されている

5教科のなかでも、とくに数学というのは「1つずつの理屈が段階状に詰まっている」という教科。

したがって1つずつの理屈について確実に解説されていることが超重要で、さらに話が前後することなく順番に解説されていることが通信教育選びにおける必須条件となります。

また1つずつ順番に解説されるだけではなく、さらに話が飛んでしまわない解説というのも重要なポイント。ここは理解しているだろうから飛ばしても構わないだろうといった解説の場合、とくに発達障害があることで理解へつながらない恐れがあるため選ぶべきではありません。

発達障害があると1つずつ確実に理解していくといった学習の流れが重要となるため、少しでも解説が飛んでしまうと疑問となって残ってしまい、その単元全てを未理解部分として残してしまうことにもなります。

とくに数学を理解する場合にはこのような「順番の乱れ」「飛ぶ」などのない解説を求めることが重要で、まずは親のほうがしっかりと映像授業など解説内容を把握したうえで通信教育を選ぶことが失敗を防ぐ大事なポイントになります。

考え方を中心とした「感覚」でも理解できる工夫がある

発達障害の中学生が数学を理解するとき、理屈以外にも「感覚」からも理解できることが重要です。

この「感覚」というのは例を挙げると図形分野がわかりやすいと思いますが、たとえば図形の奥行きについていくら理屈を解説したところで、実際に図形を見るほうがはるかに理解へつながります。このような状況を「感覚で理解する」と呼びます。

このように数学全般において理屈だけではなく「感覚」で理解できるような解説であることが好ましく、これを実現するためには通信教育のなかでも「動き・音声」のあるデジタル教材がおすすめ。さらにいえばアニメーション映像授業のように図形が動いたりと変化がみられるスタイルであれば、より感覚で理解しやすい通信教育といえます。

私はこの「感覚で理解する」という部分においては比重を大きく置いており、とくに発達障害の中学生が数学を理解するためには必須ともいえる解説スタイルです。したがって発達障害の中学生へ数学を理解させようと思えば、この「感覚」までしっかりと教えてくれる通信教育選びが極めて有効と感じます。

まとめ

TSUTOMU

今回は「発達障害の中学生に数学をしっかり理解させたい」という疑問に対して、私が体験をしたうえで選んだおすすめ5選をはじめ、さらに数学がわかる通信教育の選び方という観点で答えてきました。

発達障害の中学生へ数学を理解させるには、ただ理屈を並べるだけでは片手落ち。

とくに重要となるのが「感覚で理解できる」という部分で、通信教育を選ぶにおいても十分にチェックしておくべき超重要なポイントになります。

発達障害の中学生へ数学を理解させるため、もちろん親が教えるという方法でも構いません。

しかし親が教えられる範囲をはじめ、仕事などによる都合、教え方がわからないといった問題もあると思うので、こうした場合には有意義な通信教育に頼るのも決して悪い選択ではないと私は感じます。

効果的な通信教育を選ぶことによって今の悩みがポジティブ方向へ進む、より効果的な数学の理解へつながる、といった通信教育(デジタル教材)は豊富なメリットも得られる手段になります。

発達障害の中学生へ数学を理解させようとする場合、ぜひ今回の内容を実践してみてください。

タイトルとURLをコピーしました