-お得情報-
今月いっぱい(~12/31)まで通信教育すららが
入会金¥10,000➝¥0のキャンペーン中です。
すららの詳しいレビュー

中学生で勉強しておきたい!将来有望な3つの基礎的プログラミング言語

中学生で勉強しておきたい!将来有望な3つの基礎的プログラミング言語 勉強方法

こんにちは、TSUTOMUです。

今回は中学生のプログラミングについてお話しします。

中学生もプログラミング学習が義務教育化ということですが、いったいプログラム言語ってなに?どんなことを勉強させておけばいいの?とチンプンカンプンですよね。

そこで今回は中学生のうちに勉強しておきたいプログラミング言語を3つピックアップして、将来にどのような好影響を与えるものなのか?をわかりやすくお伝えしようと思います。

中学生で勉強しておきたいプログラミング言語①java

中学生 プログラミング言語

javaは様々なプログラムやシステムで使用されているプログラミング言語で、今も高い需要を誇っています。

そのため中学生の内に少しずつこのプログラミング言語を習得することで、社会人としてIT業界の仕事をした時も貴重な戦力として活躍できる可能性があります。

状況によっては、高度なJavaをすでに身につけているということで、新社会人の段階でもすぐにプログラムやシステム開発を行える可能性が生まれるんですね。

 

もしもプログラムやシステムの開発を実施できなくてもソースコードを解読できるので、単体テスト項目などを簡単に作成できます。

そしてエラーやバグなどを徹底的にチェックしていき、良質なプログラムやシステム開発に携わることが可能なじつに戦力の高いプログラム言語。

その他にもJavaを習得した方が良い理由として、IT業界で仕事をする時に習得していけば、色んな案件やプロジェクトに携わることができます。

 

今も多くの案件やプロジェクトでJava開発を行えるエンジニアを求めており、慢性的な人材不足が発生しています。

中学生の段階で少しずつ勉強していけば、社会人になった時に色んな案件やプロジェクトに携わることができますますよ。

優秀なエンジニアとして成長するには色々と経験を積まないといけないので、案件やプロジェクトに多く参加すれば、貴重な経験を養えるはずです。

中学生プログラミング義務教育化!将来に向けて知っておきたい3つのこと
中学生のプログラミング義務教育化とはいったいどんなメリットがあるのでしょうか。中学校で義務教育課となるプログラムを学ぶことで将来にどんな可能性を広げるか?など3つのポイントをまとめています。

中学生で勉強しておきたいプログラミング言語②PHP

中学生 プログラミング言語

PHPは主にWeb開発で使用されているプログラミング言語で、最近は使用されるケースがとても増えています。

その理由として、以前よりも気軽にインターネットを利用できる環境が整えられており、パソコンやスマホなどを利用してインターネットの需要が高まっているのが関係しています。

これまで以上にWebの案件が活発化される可能性を秘めているので、中学生の内から少しずつ勉強していけばこの「PHP」というプログラミング言語を習得可能です。

 

Webの開発だけに使用するのではなく、サイト作成などにも活用できるのが利点。

魅力的なサイトを作成することができれば、多くの人がアクセスしてきますよね。商品やサービスの紹介だけではなく、自分の存在をネットで色々と知ってもらえる可能性が広がるというわけです。

その他にもサイトのお陰で、素晴らしい友人を確保できる場合もあり、中学生にも大きな影響を及ぼすものです。

その他にも気になるサイトを見つけた時、PHPのソースコードをチェックすることでどのような感じで構築されているのか把握することができます。

気軽にチェックできるケースも多いので、インターネットを使用している中学生にとってオンラインプログラミングスクールなど学びやすい環境が作られています。

中学生のプログラミング初心者におすすめのモチベーションと勉強方法
プログラミング教育が学校でも必修化となりました。そこでプログラミング初心者の中学生にはどんな勉強方法が適しているか?モチベーションを高めるには?などについて詳しく探っていこうと思います。

中学生で勉強しておきたいプログラミング言語③COBOL

中学生 プログラミング言語

COBOLはそこまで高い需要を誇っているプログラミング言語ではありません。かなり昔の言語になっているので、現在プログラムやシステムなどで使用されているケースが多くないです。

それでも中学生にとって、貴重なプログラミング言語になっていて、優れている部分として英語を記述しているような感覚でプログラミングを行えます。

COBOLのソースコードを確認するとほとんど英文のような感じになっていて、プログラミングに詳しくない方もある程度理解できるのが特徴。

また中学生の場合、英語を学ぶ貴重な時期でもあるので、COBOLのプログラミング言語を勉強すれば、英語スキルも一緒に高められます。

 

もう一つ優れている部分になっているのがCOBOLのプログラミング言語を求める案件やプロジェクトに携わりやすくなるというのが関係してます。

JavaやC言語などと違って、多くのエンジニアが対応できる訳ではありません。現在でもCOBOLを使用したプログラムやシステムが多くあり、COBOLをマスターしているエンジニアは貴重な人材として活躍できます。

活躍できる場面はそれほど多くないですが習得していけば、いざという時に心強いエンジニアとしてCOBOLの仕事を行えるようになりますよ。

中学生 通信教育 ランキング

プログラミング学習をするためには学習塾と同じように「教室」などで通う必要がありますが、まだまだ整備が整っておらず近くに見つからないことが多いです。

そこで便利なのが「オンラインプログラミングスクール」です。

場所に関係なくどこでも受講できて、さらに第一線で活躍しているプロエンジニアに教わることができて中学生がバッチリ勉強できるようになっています。

 人気記事 

【元塾講師推薦】中学生「基本5教科」通信教育ランキングベスト3

【元塾講師推薦】中学生「英会話」通信教育ランキングベスト3

 

中学生の通信教育ランキングはこちら

タイトルとURLをコピーしました