中学生の「先取り」勉強にピッタリな通信教育の選び方

中学生の「先取り」勉強にピッタリな通信教育の選び方 基礎知識

中学生勉強を「先取り」しようと思っても、なかなか難しいものです。

  • 誰か未来の授業でもしてくれないとムリ‥
  • 通信教育を始めたけど先取りができない‥

そんな中学生に難しい先取り勉強を、
簡単に効率良くできるピッタリな方法があります。

ここでは「中学生の先取り勉強にピッタリの通信教育」について、具体的な選び方をご紹介していきます。

中学生の先取り勉強にピッタリな通信教育の選び方

中学生の先取り勉強にピッタリな通信教育の選び方

中学生の先取り勉強におすすめの通信教育は、以下のポイントを抑えるのがおすすめです。

  • 学年制ではなく「無学年制」を選ぶ。
  • 「映像授業」が搭載された通信教育を選ぶ。
  • 紙教材ではなく「ネット教材」を選ぶ。

学年制ではなく「無学年制」を選ぶ

中学生の先取り勉強におすすめの選び方として、

まず1つ目が「無学年制」です。

日本の教育制度として特徴的なのが”学年を基準とした学習方法”ですが、じつはこの昔から行われているスタイルがすべてというわけではありません。

世界に視野を広げてみると日本のように”学年制”を取り入れている地域よりも、勉強効果に優れた「無学年制」を教育現場へ施行されている場合が多いもの。

とくに欧米などではその傾向が顕著です。

この「無学年制」のメリットがこちらです。

「学年の枠で区切らないため”分野の流れ”で効率良い勉強ができる」

まさにこの一言に尽きる、といってもいいほど。

もちろん今の”学年制”にも勉強範囲がわかりやすいなどのメリットはありますが、先取り勉強をする場合にはあまり適した方法ではありません。

先取り勉強には「学年よりも分野」がとても大切。

したがって中学生の先取り勉強には”無学年制”の通信教育を選ぶことが重要です。

「映像授業」が搭載された通信教育を選ぶ

中学生の先取り勉強におすすめの選び方として、

2つ目が「映像授業」です。

この「映像授業」は動画授業・動画コンテンツなどと呼ばれることもありますが、要するに
中学生で習得する単元がすべて授業によって解説されているもの。

さらに通信教育の選び方によっては小学生や高校生の範囲まで学ぶことができるため、先取り学習はもちろん”さかのぼり学習”によって復習まで可能というものです。

「映像授業」が搭載された通信教育を選ぶ

中学生が先取り勉強をしづらいもっとも大きな理由が「未来の授業」です。

これを実現して、効率良くしっかりと先取り勉強を実践できるのが映像授業のメリット。

ただしこの映像授業は紙教材では実現できませんので、まずは”ネット教材”を選ぶことが大切です。

紙教材ではなく「ネット教材」を選ぶ

中学生の先取り勉強におすすめの選び方

3つ目が「ネット教材」です。

先ほども少し触れましたが、先取り勉強を実践するためにポイントとなるのが映像授業です。

ネット教材を選ぶことによって映像授業で”先取り勉強が可能になる”というメリットがありますが、未来の授業を見るだけでは不十分。

そこで重要になるのが「練習問題」「テスト」などです。

紙教材ではなく「ネット教材」を選ぶ

通信教育で紙教材を選んだ場合は”未来の練習問題やテスト”を受けることはできません。

つまり、いま学校で習っている範囲しか勉強ができない。

ネット教材では未来の範囲まで取り組めますので「映像授業・練習問題・テスト」によって、確実性の高い先取り勉強が実践できるといったメリットがあります。

ただし”無学年制を選んだ上で”という制約があります。

ここまでのまとめ

中学生の先取り勉強にはネット教材がおすすめ、

とご紹介してきました。

もう一度ここまでのまとめとして、紙教材とネット教材の比較をしておきます。

先取りに必要なもの紙教材ネット教材
映像授業
無学年制
未来の練習問題
未来のテスト
✅ この事からも分かるように、先取り勉強に有利なのが「ネット教材」です。

ただし通信教育(ネット教材)であれば何でもよいのではなく、教材によって仕様が違います。

先取り勉強をするためには「映像授業」「無学年制」を選ぶ必要があり、そのようなネット教材であれば自然と未来の練習問題やテスト機能も搭載されています。

ぜひ中学生が先取り勉強を実現するための、1つの参考になさってみてください。

おすすめ記事

中学生が無料体験で試せる映像授業搭載の通信教育5選

中学生の先取り勉強で成果アップをめざすコツ

中学生の先取り勉強で成果アップをめざすコツ

中学生が先取り勉強をするときに、押さえておきたい3つのコツがあります。

  1. 腑に落ちるまで実践を繰り返す。
  2. 完全に習得をしてから次のステップへ進む。
  3. 先取り勉強の途中に”復習”を組み込む。

①腑に落ちるまで実践を繰り返す

中学生の先取り勉強では「腑に落ちるまで」というのが

大きなポイントになります。

現在の取り組んでいる部分についても同じことがいえますが、とくに先取り勉強の場合。

「まったく知識のない部分」になるため、しっかり腑に落ちるまで繰り返し練習をすることが大切。

問題を見ただけで解き方がサッと浮かんでくる、これが腑に落ちた状態です。

②完全に習得をしてから次のステップへ進む

中学生の先取り勉強にある盲点とも言える部分ですが、完全に理解しないまま次のステップへと進むことは控えることがコツです。

とくに先取り勉強では「いずれそのうち‥」「まだその単元を習うまで時間があるから‥」などの理由によって、ザ~ッとした”流し勉強”をしてしまいがちです。

しかしこの行動は時間のムダになります。

さらに”完全に習得するまでは先に進まない”ことが大切。

とくに国語・英語・数学といった積み上げ学習の怖いところは「つまずきの放置」です。

理解していないままつぎのステップへ進んでもデメリットしかないので、しっかりと理解をした上で積み上げていくことが先取り勉強でも重要です。

③先取り勉強の途中に”復習”を組み込む

先取り勉強をして満足するのではなく、

途中に「復習」を取り入れることもおすすめです。

なかなか”先取り勉強の復習”までを実践している中学生は少ないといわれていますが、勉強のゴールが「定着」ということからも復習は重要なコツ。

完璧を繰り返すことができれば間違いなく成績アップにつながるはずですので、先取り勉強も「完璧」をめざして取り組ませることをおすすめします。

中学生の先取り勉強まとめ

中学生の先取り勉強についてご紹介しましたが、

ここまでをまとめます。

中学生の先取り勉強にピッタリな通信教育の選び方

  • 学年制ではなく「無学年制」を選ぶ。
  • 「映像授業」が搭載された通信教育を選ぶ。
  • 紙教材ではなく「ネット教材」を選ぶ。

中学生の先取り勉強で成果アップをめざすコツ

  • 腑に落ちるまで実践を繰り返す。
  • 完全に習得をしてから次のステップへ進む。
  • 先取り勉強の途中に”復習”を組み込む。

これで「中学生の先取り勉強にピッタリな通信教育」を選ぶことができます。

私自身も、優秀な通信教育を探るためにたくさん体験してきました。

とくに通信教育の中でも”ネット教材”は膨大な情報量で勉強ができ、

書店へ何度も通って問題集や参考書を購入するといった必要もありません。

また学習塾などと比較をして費用を半分以下で抑えられる勉強方法です。

つまり、それだけ多くの勉強に取り組める。

中学生の先取り勉強にピッタリなのがネット教材ですので、間違いなくおすすめの方法です。

 

自分

中学生の通信教育ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました