中学生の通信教育「Eラーニング」って?評判で人気の秘密とは?

中学生の通信教育「Eラーニング」って?評判で人気の秘密とは? 基礎知識
こんにちは、TSUTOMUです。

中学生の通信教育で「Eラーニング」ていうのを耳にしませんか?

じつはこの「Eラーニング」が、新しい教育スタイルとして評判でめっちゃ人気なんです!

そんな「Eラーニング」が人気の秘密を探っていきます。

中学生の新しい通信教育「Eラーニング」とは?

みなさんは中学生の通信教育といえば、どんなものを想像しますか?

たぶん、こういうものじゃないでしょうか。

中学生通信教育eラーニング

「昔からある紙を使った、冊子形式の教材」

通信教育といえば、まず見覚えのあるのがこういった教材です。私も子供のころ、こういう通信教育で勉強していました。あのころの通信教育というのは、付録がついていたんですね。付録っていうと少し違いますが、教育キットと言ったほうがいいかもしれません。

私はその教育キットのほうが楽しみで、ほとんど冊子で勉強することはなかったです。たぶんみなさんも、同じような経験があるんじゃないでしょうか?

 

そんなことから、通信教育で想像するのがまずこの「紙媒体」の教材です。こういった教材は今でもあって、昔から進化し続けています。

「でも、どれだけ勉強になった記憶がありますか?」

という質問に対して、みなさんはどうお答えになるでしょうか?

・・・・・

・・・

「はい、バッチリ勉強になって成績も上がりました!」

という答えがどれだけあるんだろうか?と私は思います。

そうなんです、そういった「紙媒体」の通信教育には限界があるんです。そこで今はインターネットがこれだけ普及して、便利な時代になりました。

 

インターネットを通じて、何がいちばん便利になったかと言えば‥

「昔とは比べ物にならないほどの、情報量の多さ」

技術の進歩によって、圧倒的な情報をやりとりできるようになったわけです。

 

そしてこのインターネットを使った通信教育というのが、

これからの新しい教育と言われて、すでに普及が始まっている「Eラーニング」です。

この「Eラーニング」というのは、日本語にすると「双方向型通信教育」になります。これまでの「紙媒体」とは違って、お互いに情報を共有できるメリットがあります。

 

ではこの「Eラーニング」で、どんなことができるのでしょうか?

このシステムを使ってできることとは‥

  • 映像授業を見ながら勉強ができる。
  • 勉強した内容を、データとして目で見ることができる。

大きなポイントとしては、この2つが主なメリットになります。

 

この「Eラーニング」を使った通信教育に、ネット塾があります。これは今後、学校へ導入されていくシステムで、それを自宅で使ってしまおう!というものです。

「紙媒体」の通信教育を、はるかに凌ぐ情報量で人気になっている勉強方法です。

中学生にインターネット塾を考えるときのメリット・デメリット10選
中学生にインターネット塾を考えるとにどんな迷いがありますか?塾や家庭教師との違いなどからメリットとデメリットを10選にしてお伝えしています。塾へ通わせる・家庭教師を雇う・自宅でインターネット塾を利用するといった塾選びは、中学生の将来に関わる大切な親の役目です。

「Eラーニング」を使った学習塾がめっちゃ評判!

中学生通信教育eラーニング

この「Eラーニング」を使った、中学生向けの学習塾も増えてきています。こういった学習塾が増えるのも、きちんとした理由があるからです。

講師が行う授業や採点、アドバイスなどすべてをこのシステムが代わりにやってくれる。

もっとも大きな理由として、まず挙げられるのがコレです。

なので、この「Eラーニング」を使った学習塾には塾長1人ということがほとんどです。そのため費用も安く済みますので、新しい学習塾としてかなり人気になっています。

費用的には、だいたい1ヵ月20,000円前後で通い放題という学習塾が多くなっています。教室にしてもカフェなどを改造したり、昔とは違った雰囲気で勉強できるところも多くあります。

中学生の通信教育における3つの種類と間違いのない7つの活用法
中学生の通信教育といっても種類というものがあります。そこで通信教育の3つの種類と場面で考えてよりピッタリの教材を見つけるために間違いのない7つの活用法としてお伝えしています。

中学生の通信教育「Eラーニング」が人気の秘密とは?

中学生通信教育eラーニング

このように便利で学習塾にも使われている「Eラーニング」ですが、人気になっている秘密とはいったい何でしょうか?

先ほどもお伝えしましたが、

  • 映像授業なので繰り返し見ることができる。
  • 普段の勉強内容から、弱みなどを目で見ることができる。

ということもメリットとしてありますが、じつはいちばん大きな秘密があります。

それは‥

「個別指導塾と同じレベルの勉強ができること」

これが「Eラーニング」が大きく評判になっている、最大の理由です。

 

学習塾の料金体系を、それぞれ比較してみるとよくわかります。

費用が大きいほうを「大」にして表現しています。

Eラーニング塾<集団塾<個別指導塾

学習塾の料金体系を調べてみると、まずこのような形になっています。このことからも、個別指導塾がいかに費用がかかるのかがわかります。

 

このように、「Eラーニング」は個別指導塾の良さを持っている通信教育です。

これを利用するためには、

  • 「Eラーニング」システムを使っている学習塾に通う。
  • 「Eラーニング」システムを使っているネット塾を利用する。

この2つが選択肢になります。

ではどちらが費用が安いと思われるでしょうか?

 

そうです、さらに費用を安く抑えれるのは「ネット塾」になります。それも自宅でできるので、交通費などがかかることもありません。もし「Eラーニング」を使った通信教育なら、どの角度から考えても「ネット塾」一択です。

もし中学生の通信教育はどれが‥?

とお考えでしたら、間違いなく「Eラーニング」を使った勉強方法をおすすめします。

中学生の通信教育でタブレットでできるおすすめ教材7つを探る!
中学生のタブレットでできる通信教育において「おすすめ」とはいったいどういうことでしょうか?闇雲におすすめという言葉を見かけますが、何をもってのおすすめなんだか‥?そこでおすすめとは何か?に焦点を絞りながら通信教育を選んでいこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました