中学生の通信教材についてキャッチコピー等はどうでもいいので「本質」で中身を探っていきます。しかし結果を出すためには子供自身の「やる気」も必要ですので、そちらはぜひご協力お願いします。

中学生 通信教育 ランキング|夏休みは復習のチャンス!やっておきたい3つの勉強ポイント

中学生 夏休み 復習

中学生夏休みはめっちゃ大事だよ~!なんて耳にしたことがありませんか?

そうなんです、大事なだけにチャンスでもあるんです。

学校の授業が止まっているので復習をしておく大チャンスで、夏休みでいかに過去の単元を理解しておくか?というのは今後の結果を想像以上に左右するものなんです。

そんな夏休みやっておくべき復習のポイントとして3つの項目についてまとめると同時に、ビシッ!と理解のできる便利な教材をお伝えしようと思います。

夏休みの使い方で大きく違ってきます
夏休みといえば「遊び」がベースになりがちですが「勉強」を中心に考えるようにしてください。たまの息抜きは大切ですが大きく崩れてしまわないよう子供には「遊んだ分だけ返ってくる」と言い聞かせてあげてください。

中学生の夏休みは一気に復習するチャンス!

中学生 夏休み 復習

何といっても「学校の授業が止まっている」というのは大きなチャンスです。

たっぷりある時間をすべて復習に使うことが出来るんですね。

 

しかし、ひと口に「復習」といっても何をすればいいのか?

ここがわからないまま気持ちだけ焦ってしまう中学生がけっこう多いものです。

そこで、まずここに焦点を絞ってください。

「習っていない予習はまだ時間がある、過去の復習はもう時間がない」

2学期が始まるとまた「現在」の勉強がスタートするので、しっかりと復習ができなくなると思っておいいたほうがいいです。

 

それを踏まえた上で、ここに一点集中することです。

「今までのつまずきを全部なくす」

これが出来ているかどうか?によって、今後の結果がかなり大きく違ってきます。

 

では「つまずき」をなくすためにはどうすればいいか?

夏休みでやっておく復習として、これがいちばん大きなポイントになります。

その重要なポイントについて3つの項目で詳しくお伝えします。

 

夏休みにやっておくべき3つの「復習」!勉強のポイントとは?

中学生 夏休み 復習

闇雲に復習をするといっても、いったい何をすればいいのかわからないものです。

まず大きなポイントになるのは「つまずきをなくす」ことです。

そのためにやるべきことをお伝えしていきます。

復習のポイント①まずは今までの基礎をしっかりと理解する

中学生 通信教育 ランキング

まず「つまずき」が起こる理由を考えてみてください。

・・・・・・・

・・・

根本的な原因というのは、いったい何でしょうか?

じつは、もっとも大きな原因というのがこれです。

「学校で習う授業を理解し切れていない」

極端にいえば、これさえ出来ていれば学習塾にも通わなくて済みます。

 

学習塾にも通っていないのに成績が良い中学生っていますよね?

そういう子供というのは「学校の授業が理解できている」からなんです。

しっかりと学校の授業を聞く!というのはそれだけ重要なんですね。

 

従って今までに「つまずき」があるということは授業を理解し切れていないため、過去の授業に匹敵する復習方法を考えないといけません。

ではどうやって授業に匹敵する復習をすればいいのでしょうか?

・・・・・・・

・・・

授業というのは「勉強の基礎」になるので、ここでは参考書を用いることになります。

参考書というのは基礎を理解するための「参考」にする教材なので適切と言えるんですね。もし過去の授業を受けることができればベストですが、こればかりは流石に学習塾でもムリな部分です。

 

従って「参考書」を使って、今までの基礎を理解して「つまずき」をなくす。

夏休みの復習として取り組むときに、まずここが勉強のベースになってきます。

復習のポイント②基礎を身につけるための問題を解く

中学生 夏休み 復習

参考書を理解して勉強の基礎が身についたら、次にやることは「実践」です。

つまり今度は「問題集」を使って、どんどんアウトプットしていくというわけです。

 

ただしここでポイントとなるのが、あくまでも「基礎用」の問題集を与えるということが大事なんです。いきなり応用的な問題集を与えても、またつまずきの原因を作ってしまうだけです。

従ってここでは「基礎用の問題集」を与えることによって、しっかりとした基盤を作るというわけです。これで基礎の部分は身についていくはずです。

 

そしてこの問題集の量ですが、これはとにかくスラスラと解けるようになるだけの量が必要です。問題集を与えたらサッ!と解いてしまえるようになればOKです。

ここでいちばん注意しておきたいのが「中途半端」な状態で終わること。

解けない問題が少しでもあれば、躊躇することなく解けるまでさせてください。ここで妥協してしまうと後に響いてきます。

 

そして問題集を発行している会社も、なるべく統一した方がいいです。

それぞれにスタイルが違っているので「勝手」を理解するという余計な作業が必要ですし、中には取り組みにくい構成になっているものもあります。

まず初めに子供が取り組みやすい内容になっているか?ということを確認して、なるべくそれと同じ系列のものを与えると勉強効率が上がります。

復習のポイント③応用問題で仕上げをする

中学生 夏休み 復習

しっかりとした基礎を築くための問題集がクリア出来たら、次は「応用」に移ります。さらにレベルを上げることによって、今度は問題の解ける幅を広げるというわけです。

この段階になれば基礎は理解できているため、さまざまな角度からの問題にチャレンジして応用力を身につけることがポイントになってきます。

 

ただしここでも「なるべく同じ系列の教材」を選ぶことによってレベルの調整ができますので、あまりいろいろと発行している会社を変えない方が好ましいです。

少しずつ確実にステップアップ出来るよう、問題集の難易度を高めていって下さい。

 

ここまでのレベルに達すれば、適当なところで復習をストップしても大丈夫です。

勉強効率を上げるためにも、ほかの基礎力が不足している教科に取り組むことも考えていくようにします。2学期が始まってから続きに取り組んでもいいかと思います。

 

これで学校授業を理解し切れていない「つまずき」をなくす復習として、夏休みでやるべき勉強はほとんど完璧にできているはずです。

夏休みは約40日間ありますので、5教科のつまずきを取るためには1教科につき1週間というのを目途にして取り組むといいかもしれません。

ごっそりと総復習のできるおすすめ教材とは?

中学生 夏休み 復習

ここまででお伝えしてきた夏休みの復習に使う教材には次のものがあります。

  • 学校の授業で不足している基礎を理解するための「参考書」
  • 基礎力をしっかりと身につけるための「基礎編の問題集」
  • さらに基礎の幅を拡げるための「応用編の問題集」

このステップで取り組むことで「つまずき」をなくすことが可能となりますが、これらをまとめてひとつの教材として取り組む方法もあります。

そんな勉強方法がこちら。

「中学生の通信教育を使ってさらに効率よく復習をする」

これがけっこうおすすめな勉強方法なんですね。

 

中学生の通信教育とは何ぞや?

と思われる方へ通信教育を説明するとこんなメリットがあります。

  • 基礎を理解するために「過去の授業」を見ることができる。
  • 問題集の「基礎」「応用」がすべて入っている。
  • テスト機能があるので問題集以上の確認ができる。
  • イチイチ本屋さんへ買いに行く必要がない。
  • タブレットを使えば場所を選ばず総復習ができる。

「基礎を理解する」「基礎問題を解く」「応用問題を解く」

夏休みの総復習をするための機能がすべて揃っているため、じつに便利で手間もなく使えるというメリットがあるのでおすすめです。

とくに映像授業によって「過去の授業」がすべて見れることでより理解が進むはずですので、いちど試してみても損はないですよ。

中学生の通信教育について私がまとめた記事をお伝えしておきます。


【中学生向け】無料体験で試せる映像授業搭載の通信教育5選


夏期講習が高い!通信教育で費用を抑えて効率よく勉強できる方法


中学生の「数学・英語・国語」が本質でよく理解できる通信教育!

中学生は夏休みの使い方が結果を大きく左右する

中学生 夏休み 復習

夏休みの復習について「3つの項目」でお伝えしてきましたが、こうしていくら伝えてみても実際には取り組まない家庭がじつに多いんです。

その理由として多いのがこれです。

  • 「参考書や問題集はどれを選べばいいかわからない」
  • 「イチイチ買いに行って揃えるのが面倒」
  • 「本当に効果があるのかわからない」

確かに気持ちは分かりますが、しかしこれでは何も始まりません。

中学生の時間というのは貴重であっという間に過ぎていきますので、少しでも早く頭を切り替えて親も一緒になって受験合格へ向かって進むことが大切なんですね。

 

どうしてもそのような理由で取り組むことができないのであれば、先ほどお伝えしたように「通信教育」ですべて揃った状態で始めるというのもいいかと思います。

参考書・問題集・映像授業が揃っているので、中学生が夏休みに総復習をするためには最適な勉強方法になるかもしれません。

 

大事なことなので、もう一度お伝えしておきます。

「中学生の夏休みというのは、いかに復習をしておくか?」

これが今後の成績も大きく左右しますし、最終目標の高校受験結果も変わってきます。

まずは親のほうが先に動いて、子供を勉強の軌道に乗せること。

夏休みを「遊び」ではなく「勉強」のほうへ導くこと。

これをしっかりと実行して、本当の意味で「充実した夏休み」にしてください。

かならず結果が違ってくるはずです。

 

夏休みは一気に復習!
またとないチャンスです。成績の上がっていく中学生は夏休みに必ず復習をして「つまずき」を解消しています。ぜひトコトンやる!というモチベーションを子供に伝えてください。

 

➝詳しく中学生 通信教育 ランキングを知る!

中学生の英数国がいちばん確実にわかりやすく理解できる通信教育

文部科学大臣賞の受賞実績をもつ「通信教育すらら」です。

この通信教材は対応できる偏差値がもっとも幅広く30~70いずれの学力にも適した勉強ができるため、学力向上によって教材を選び直すこともなく使い続けることができて便利です。

また映像授業が跳び抜けてバツグンに優秀で、

・一般の通信教育「一気に説明をする、学校スタイル」

・通信教育すらら「少しずつ説明と確認を繰り返す、家庭教師スタイル」


このような違いがあることによって、

少しの範囲だから当然のように解ける ➝ 繰り返しているうちに全部わかる

授業のお手本、ともいえる「確実に頭に入る説明」なのが大きな特長です。
この通信教材すららの授業で理解できなければ、ほかの教材をやってもムダです。

私の家庭でも実際に使っていますが、この教材はいいですよ。

通信教材すららの公式サイトはこちら
http://surala.jp/

私の体験談はこちら
塾レベル!?「通信教育すらら」を6ヶ月体験した元塾講師のリアル口コミ

 

こんな情報も参考にしてみてください


「スカイプ英会話ベスト3」

中学生 通信教育 ランキング

中学生におすすめな英検二次対策のできるスカイプ英会話ベスト3と「絶対に後悔しないためのスカイプ英会話選び」として注意しておきたい3つのポイントをお伝えします。

後悔しないためのスカイプ英会話選び


「中学生のタブレット通信教育7つを徹底的に探る!」

中学生 通信教育 ランキング

中学生の毎日の勉強として「本当の意味で役立つ」タブレット通信教育はどれか?徹底的に探って間違いのない選び方をお伝えしていきます。

中学生のタブレット通信教育7つを探る!


スポンサードリンク


今までに探ってみた通信教育一覧

私が今までに徹底的に調べてきた通信教育を、タイプ別に一覧で表示しています。

ネット塾タイプ

すららデキタススマイルゼミ中学生秀英id予備校学研ゼミショウインスタディサプリ中学生Z会 

紙タイプ

くもん式進研ゼミ中学講座進研ゼミ「エベレス」中学ポピー

英会話タイプ

学研「kimini英会話」スタディサプリEnglishスカイプ英会話「スモールワールド」スカイプ英会話「QQイングリッシュ」


スポンサードリンク


コメントを残す