【中学生の通信教育】英検を勉強できるタブレット学習おすすめ3選

英検の勉強ができるタブレット学習おすすめ3選 英会話・英検

今回は英検学習のできるタブレット学習を詳しくご紹介します。

この記事の信頼性は、実際に私が体験をしてきたタブレット学習(通信教育)であること。そんな経験を担保にご覧いただければと思います。

  • 英検を勉強できるタブレット学習を探している。
  • タブレット学習で基本教科と英検を同時に勉強させたい。

そんな疑問をお持ちでしたら参考になるかと思います。

英検の勉強ができるタブレット学習おすすめ3選

英検の勉強ができるタブレット学習おすすめ3選

ここでご紹介するタブレット学習はパソコンでも利用できます。また「自前タブレット教材」「専用タブレット教材」の2パターンがあるので選ぶときの参考にしてみてください。

おすすめ①英検1次筆記と2次面接まで勉強できるタブレット学習

「英検ネットドリル」

英検ネットドリル

1次筆記対策2次面接対策

この「英検ネットドリル」は、自前タブレット教材になります。

英検準1級~5級までに対応しているタブレット学習で、とくに英検1次筆記試験だけではなく「2次面接試験」の対策もできるのが大きな特徴になっています。

機能面ではE-ラーニングシステムによって徹底的な「苦手対策」をできるのがメリットで、解答に間違った問題がすべて「弱点チェック」にまとめられます。

弱点チェック

この「弱点チェック」をしっかりと学習すればかなり確実性の高い英検対策ができるので、中学生が英検を家庭学習で取り組むには間違いなくおすすめのタブレット学習になります。

また「旺文社」の人気教材すべてが収録されていて、さらに「ショウイン塾」が開発している英検教材なのでバツグンの安心感で学習に取り組めるのも魅力です。

2次試験対策も本番の流れや雰囲気だけを理解できる内容ではなく、しっかりと「ABカード」を使って実戦さながらの面接対策ができるのも英検3級以上の合格率を高めるのに効果的です。

 公式サイト  旺文社 英検ネットドリル

私のレビュー 中学生の通信教育”英検ネットドリル”の口コミレビューと使い方

おすすめ②英検と基礎教科(国数英)を勉強できるタブレット学習

「タブレット学習すらら」

タブレット学習すらら

1次筆記対策2次面接対策×

この「すらら」は自前タブレット教材になります。

英検対策のほかに数検も勉強できて、さらに中学生がもっとも苦手とする基礎教科(国語・数学・英語)にも対応しているため高い学習効果を得ることができます。

このタブレット学習の大きな特徴は「映像授業」で、英検のポイントを授業で見られることによって理解しやすくわかりやすい勉強につながります。

英検に特化したタブレット学習ではありませんが、基礎教科をメインとしながら思った以上に英検対策が同時にできる教材です。

 公式サイト  http://surala.jp/

私のレビュー 塾レベル!?通信教育すらら体験したリアル口コミ

おすすめ③英検と5教科すべてに対応したタブレット学習

「進研ゼミチャレンジパッド」

進研ゼミチャレンジパッド

1次筆記対策2次面接対策

この「進研ゼミチャレンジパッド」は専用タブレット教材になります。

英検対策については「初心者」「経験者」という括りでコースが別れており、めざす級というよりも広い視点で勉強範囲を考えたい場合におすすめのタブレット学習になります。

リスニングやスピーキングにも対応しているので英会話レッスンのようにも使えて、2次面接対策にも役立つためコスパの高いタブレット学習です。

また英検の他に5教科やプログラミングも勉強できるため、広い範囲を1つのタブレット学習で取り組みたいときにはおすすめの教材になります。

 公式サイト  ベネッセ 進研ゼミ 中学講座 資料請求プロモーション

私のレビュー ベネッセ「進研ゼミ中学講座」はタブレット版がお得

英検対策のできるタブレット学習を選ぶポイント

英検対策のできるタブレット学習を選ぶポイント

タブレット学習で英検対策を考えるときにはしっかりとポイントを抑えて選ぶことが大切です。そこで私が実際に体験して感じた3つのポイントをご紹介します。

ポイント①徹底的に「苦手対策」ができる

英検に限らず中学生の勉強全てに共通するポイントですが、徹底的に「苦手対策」ができることが何よりも重要です。

最近のタブレット学習は「E-ラーニングシステム(相互学習)」によって取り組んだ内容がすべてデータ化されますが、そのデータを活用してしっかりと「フィードバックされるための工夫」がポイントです。

この「工夫」という部分がタブレット学習選びでは大切なので、機能面をチェックした上で徹底的に苦手対策のできる教材を選ぶべきです。

ポイント②本番さながらのテスト機能がある

英検対策で重要なのが「テストによる数稽古」ですが、タブレット学習にはしっかりと「試験用に構成されたテスト機能」があることでより確実な勉強につながります。

本番さながらのテスト機能をもっているタブレット学習で強いのは、やはり英検に特化した教材でもある「英検ネットドリル」です。

より英検合格を目指すための高い学習効果を得るためには、この「本番さながらのテスト機能」についてもしっかりとチェックをして選ぶこともポイントになります。

ポイント③レベルに応じたピッタリの学習ができる

英検を勉強できるタブレット学習では、細かく「級」にまで落とし込んで取り組める教材選びも大切なポイントになります。

タブレット学習教材によっては英検対策ができるとはいえ級まで落とし込んでないものもあるため、より英検の学習効果を高めようと思えばレベルにピッタリの勉強ができる「級」で取り組める教材選びがおすすめです。

もう一度おすすめ教材をチェックする

英検2次試験の「英会話」におすすめの勉強方法

英検2次試験の「英会話」におすすめの勉強方法

ここでご紹介した英検におすすめのタブレット学習は、いずれも「英会話レッスン」ができません。したがって同時に「英会話学習」についても考えておくことが必要です。

英会話学習といえば英会話スクール(教室)に通うのが一般的ですが、タブレット学習と同時進行するのであれば「オンライン英会話」を利用するのがとても便利なコラボです。

あっとえばご紹介したタブレット学習をベースにして、オンライン英会話で学ぶ。

タブレット1つあれば英検関係の勉強がすべて出来てしまうので、これから英検対策をお考えであれば間違いなく一考してみる価値はあると私は感じます。

私がピックアップしたおすすめオンライン英会話はこちら。

英検の勉強ができるタブレット学習まとめ

中学生の家庭学習におすすめの「英検の勉強ができるタブレット学習」について実際の体験に基づいた上ご紹介してきました。元塾講師としても誤った情報にならないよう客観的な視点で教材を探っています。

中学生が英検学習をするときに一般的なスタイルが「書店での教材購入」ですが、最近ではインターネットを使ったデジタル教材(タブレット学習)のほうがメリットも多く人気です。

ぜひ英検対策にタブレット学習を取り組んでみられてください。

 

 人気記事 

 元塾講師がめっちゃ考えた!中学生の通信教育ランキング

【新型コロナ防御】塾へ通えない場合におすすめのオンライン授業3選

タイトルとURLをコピーしました