中学生の通信教材についてキャッチコピー等はどうでもいいので「本質」で中身を探っていきます。しかし結果を出すためには子供自身の「やる気」も必要ですので、そちらはぜひご協力お願いします。

通信教育とEラーニングの違いってなに?について詳しく説明していきます!

通信教育 eラーニング 違い

「通信教育」と「eラーニング」の違いってなに?

そんな疑問にお答えしていこうと思いますが、基本的にジャンルとカテゴリーの違いだと考えれば間違いありません。

その辺について詳しく探っていきます。

どっちも同じ意味のものです
どんなふうに通信をするのか?ということがポイントになるので根本的に同じものです。

通信教育とeラーニングの違いとは?

通信教育 eラーニング 違い

これはよく混乱しがちな部分ですね。

これを明確にするためには次のように考えてみてください。

  • 通信教育‥通信によって教育するもの全般
  • e-ラーニング‥通信教育のスタイルに紙教材・ネット教材(e-ラーニング)がある。

これで何となくわかりますか?

「通信教育」というのがジャンルで「e-ラーニング」はカテゴリーという感じです。

つまりインターネットで相互学習システムというものを使って作られているネット教材のことを「e-ラーニング」と呼ぶんですね。

したがってこの「e-ラーニング」というのは紙教材ではあり得ないということ。

「e-ラーニング=プログラム」といえばわかりやすいかもしれません。

 

最近の通信教育はこの「e-ラーニング」が主流になってきています。

昔だったら通信教育といえば”郵送”という手段を使って紙教材が送られてきていましたが、この「E-ラーニング」はインターネットを使って送られてくるということです。

 

でも「e-ラーニング」に進化したことによってメリットだらけですよ。

インターネットなので情報量がケタ違いに膨大!これはもう紙教材とは比較にならないほどの違いで、こうなれば”土俵”が違うといってもいいほど。

それでいて紙教材と同じレベルの費用か、さらに安いこともあるんですから。

紙という資源を使わないので、その分安い費用が実現できるのかもしれないですね。

 

通信教育の「紙教材」「eラーニング」の違い

通信教育 eラーニング 違い

通信教育には「紙教材」「e-ラーニング」の2種類がありますが、これはどんな勉強教材でも同じように考えればOKです。

最近では紙教材はほとんど少なくなってきて、おもに「e-ラーニング」ですね。

 

ただし紙教材が悪いのか?といえばそうでもなくて、いまだに根強い人気があるものはそのまま残っているんです。

というのも”紙じゃないと落ち着かない”という人がいるから。

私も初めのうちは慣れるまでに時間がかかりましたが、パソコンのモニターを見ていても一向に頭に入ってこない時期がありました。

どうも画面を見ていても理解できないんですよね。

 

これは「新聞」を想像してみると良く分かると思います。

あの「新聞紙」じゃないと頭に入ってきませんよね?

通信教育 eラーニング 違い

私は新聞だけはいまだにあの「紙」じゃないと理解できないのですが、通信教育でも紙じゃないと理解できない人というのも多いわけです。

 

今後は学校教育の現場にもこの「e-ラーニング」が導入されていきますが、私はタブレットなどの画面に対していかに早く慣れておくか?というのが1つの大きなポイントだと思っています。

これからの子供に対する教育は「e-ラーニング」が主流になってくるので、子供に通信教育を与えるときにも紙教材よりもあえて「e-ラーニング」を選んだ方がいいかもしれません。

紙の媒体が減っていく世の中なので、早めに切り替えたほうが得策ですね。

 

世の中がそんな傾向なこともあって、子供の学校外教育というのもあえて通信教育を選んで、さらにその中でも「e-ラーニング」を選択する家庭も多くなっています。

最近よく耳にする”タブレット学習”というのもそれですね。

中学生 通信教育

しかし画面に慣れてしまえば膨大な情報量によってより深くわかりやすく勉強できることは間違いないので、もしこれから子供に通信教育を考えるのであれば「e-ラーニング」を選ぶのがいいかもしれませんね。

 

ただし「e-ラーニング」と、ひと口にいっても機能などはさまざま。

私は「本質に関係する部分」が伴っていないと結果も大きく違ってくると思っていて、その「本質」というのがつぎの3つ。

・映像授業があるかどうか?

・1つの学年だけではなく無学年制で学年問わず勉強ができるか?
 (例えば、3年生➝3年だけ✕ ➝ 中学生全体

・テスト機能がしっかりと作られているか?

通信教育の「e-ラーニング」はどれも同じように見えますが、じつは中身を探ってみると機能面などに大きな違いがあります。

いかに「本質」を追求している教材を探し出すか?

これが選ぶときにもっとも大事な部分になってきます。

 

中学3年生での総復習にすすめたい「e-ラーニング」を3つピックアップしています。

総復習に使えるということは中学1~2年生にも十分に役立つ通信教育なので、ぜひ参考にされてみてください。

最高レベルにわかりやすい映像授業が搭載されているのでいいですよ。

通信教育 eラーニング 違い

総復習におすすめの映像授業3選!

 

➝詳しく中学生 通信教育 ランキングを知る!

中学生の英数国がいちばん確実にわかりやすく理解できる通信教育

文部科学大臣賞の受賞実績をもつ「通信教育すらら」です。

この通信教材は対応できる偏差値がもっとも幅広く30~70いずれの学力にも適した勉強ができるため、学力向上によって教材を選び直すこともなく使い続けることができて便利です。

また映像授業が跳び抜けてバツグンに優秀で、

・一般の通信教育「一気に説明をする、学校スタイル」

・通信教育すらら「少しずつ説明と確認を繰り返す、家庭教師スタイル」


このような違いがあることによって、

少しの範囲だから当然のように解ける ➝ 繰り返しているうちに全部わかる

授業のお手本、ともいえる「確実に頭に入る説明」なのが大きな特長です。
この通信教材すららの授業で理解できなければ、ほかの教材をやってもムダです。

私の家庭でも実際に使っていますが、この教材はいいですよ。

通信教材すららの公式サイトはこちら
http://surala.jp/

私の体験談はこちら
塾レベル!?「通信教育すらら」を6ヶ月体験した元塾講師のリアル口コミ

 

こんな情報も参考にしてみてください


「スカイプ英会話ベスト3」

中学生 通信教育 ランキング

中学生におすすめな英検二次対策のできるスカイプ英会話ベスト3と「絶対に後悔しないためのスカイプ英会話選び」として注意しておきたい3つのポイントをお伝えします。

後悔しないためのスカイプ英会話選び


「中学生のタブレット通信教育7つを徹底的に探る!」

中学生 通信教育 ランキング

中学生の毎日の勉強として「本当の意味で役立つ」タブレット通信教育はどれか?徹底的に探って間違いのない選び方をお伝えしていきます。

中学生のタブレット通信教育7つを探る!


スポンサードリンク


今までに探ってみた通信教育一覧

私が今までに徹底的に調べてきた通信教育を、タイプ別に一覧で表示しています。

ネット塾タイプ

すららデキタススマイルゼミ中学生秀英id予備校学研ゼミショウインスタディサプリ中学生Z会 

紙タイプ

くもん式進研ゼミ中学講座進研ゼミ「エベレス」中学ポピー

英会話タイプ

学研「kimini英会話」スタディサプリEnglishスカイプ英会話「スモールワールド」スカイプ英会話「QQイングリッシュ」


スポンサードリンク


コメントを残す