中学生の通信教材についてキャッチコピー等はどうでもいいので「本質」で中身を探っていきます。しかし結果を出すためには子供自身の「やる気」も必要ですので、そちらはぜひご協力お願いします。

中学生 通信教育 ランキング|通信教育が続かない中学生が続出!?たった1つの理由が高校受験合格へのチャンス!

通信教育 続かない

通信教育が続かない!

せっかくアレコレと考えて通信教育で勉強をはじめても、続かなくなって途中で辞めてしまう中学生というのは意外と多いものです。

そこで、なぜ通信教育が続かないのか?

じつはたった1つの理由をクリアすればいいだけなんですね。

通信教育が続かない中学生が多い中、メリットを最大に活かすことができれば高校受験での合格へのチャンスは広がっていきます。

じつはチャンスですよ
通信教育をはじめるときは「便利そうだから」と思いませんでしたか?そうなんです、こんな便利な勉強方法が続かないのはもったいない。最大限に通信教育を活かして高校受験合格をめざしましょう!

通信教育が続かないたった1つの理由とは?

通信教育 続かない

まず、中学生の通信教育が続かない!というたった1つの理由についてお伝えします。

中学生の通信教育が続かない理由は‥

・・・・・・・・

・・・

「子供が家庭学習に慣れていないから」

この一言に尽きるんですね。

学習塾に通うよりもはるかに費用も安く、自宅で勉強できるので帰ってくる夜道も心配ない‥と便利に思って始めてみても、いちばんの問題は「じっくりと取り組むことができるか?」というわけです。

 

もういちど、じっくりと考えてみてください。

子供が本当に「やる気」をもって通信教育を始めましたか?

じつは通信教育というのは、家庭学習の延長なんですね。

目の前に塾講師がいるわけでもなく、誰も助けてくれない状況。

つまりこの状況に打ち勝つことができて、

初めて中学生の通信教育で成果を出すことができるというわけです。

 

まずは、そんな「子供のモチベーション」を確かめてみてください。

ぜったいに高校受験で合格するんだ!

というモチベーションです。

もしここが書けていれば、学習塾に通わせたほうがいいです。

 

私も塾講師時代に、通信教育をさせたけど続かない‥という家庭に出会ったことが数回あります。どこの家庭も自宅では手に負えないから学習塾に任せるというわけです。

なんで通信教育が続かないのか?と尋ねたところ、

やはり子供1人では集中できず、どうしても怠けてしまう‥という回答が多い!

 

通信教育というのは便利ですが、

「助けてくれる存在」がいない勉強方法なんです。

したがって通信教育を始める前にモチベーションアップを図って「高校受験に合格するんだ!」という気持ちをいかに持たせるか?

これが中学生の通信教育を続けるために不可欠な、たった1つのポイントというわけです。

 

通信教育が続かないのはもったいない!

通信教育 続かない

うちの子供は通信教育が続かない‥

教材を替えててみたけど、やっぱり同じ結果になる‥

もこんなふうに悩んでいるのであれば、

教材ではなく「子供のモチベーション」のほうに注目してみてください。

 

通信教育が続かないと、どうしても教材のほうに目が行ってしまいがち。

そのあげく教材をいろいろと替えて、

結局どれも同じ結果‥。

しまいには「教材が良くない!」なんて言い出す始末なんですね。

 

そうではなくて、子供の「やる気」に目を向けてみる。

まずはこれをやってみて、

それから教材に文句を言うようにしてください。

私も通信教育の教材をいろいろとやってみていますが、

よほどシステムが古いとかがない限り「どれも勉強になる」と思いますよ。

 

中学生の通信教育はお金を出せばいくらでも手に入りますが、子供のモチベーションだけは親の出番なんです。子供が高校受験の重要性に気付くかどうか?です。

せっかく塾のように通う必要もなく、とても便利な通信教育です。

通信教育が続かない中学生の多い中で、

いかにモチベーションを維持しながら続けることができるか?

これが出来れば大きくチャンスが広がってきます。

通信教育の便利さによって、勉強の幅も時間効率もアップできるということです。

 

せっかく費用も安くて夜道を帰ってくる心肺のない通信教育ですので、続かないで辞めてしまうのはめっちゃもったいない!と思います。

いちど子供の「やる気」をじっくりと確かめてみてください。

ここだけは親の出番です。

 

続かない通信教育を続けるには?

通信教育 続かない

通信教育が続かない中学生というのは、やはり家庭学習のクセがついていないもの。今までに家庭学習メインで勉強してきた子供は、スムーズに通信教育へ移行できています。

 

中学生の通信教育というのは実際にやってみるとわかりますが、

自分がメインとなって勉強を進めていかなければいけません。

「今日はこの教科のこの分野を取り組もう」

これは自分で考えながら勉強を進めないといけないんですね。

通信教育がそこまではやってくいれないんです。

 

つまり、先導してくれる講師がいない状態。

だから中学生の通信教育は”家庭学習の延長”というわけなんです。

だれも助けてくれないんですね。

したがって、

自分で順序良く勉強を進めていくにはどうするか?

これをしっかりと考えながら勉強に取り組まないとダメなんです。

 

ただし通信教育の教材によっては、

「続かない原因まで考えられて設けられた機能」

というものが搭載されている場合もあるんですね。

つまりこの機能というのは‥

講師の代わりに子供を助けてくれる機能、というわけです。

 

通信教育を少しでも続くようにするのであれば、そんな機能が搭載された教材を選んでみるのもひとつの手段です。

私も通信教育を始めるには「続くこと」がいちばん大事だと思っているので、子供が続くために助けてくれる機能をもった教材をランキングにしてみています。

もし興味があれば参考にしてみてください。

元塾講師がめっちゃ!こだわって考えた中学生通信教育ランキング

元塾講師がめっちゃ!こだわって考えた中学生通信教育ランキング

この記事で大事にしているのは、まず中学生の通信教育を続けるためのお助け機能があるかどうか?とくにトップに位置している中学生の通信教育教材であれば、かなり高確率で続けることができるはずです。

 

中学生 通信教育 ランキング

中学生の英数国がいちばん確実にわかりやすく理解できる通信教育

文部科学大臣賞の受賞実績をもつ「通信教育すらら」です。

この通信教材は対応できる偏差値がもっとも幅広く30~70いずれの学力にも適した勉強ができるため、学力向上によって教材を選び直すこともなく使い続けることができて便利です。

また映像授業が跳び抜けてバツグンに優秀で、

・一般の通信教育「一気に説明をする、学校スタイル」

・通信教育すらら「少しずつ説明と確認を繰り返す、家庭教師スタイル」


このような違いがあることによって、

少しの範囲だから当然のように解ける ➝ 繰り返しているうちに全部わかる

授業のお手本、ともいえる「確実に頭に入る説明」なのが大きな特長です。
この通信教材すららの授業で理解できなければ、ほかの教材をやってもムダです。

私の家庭でも実際に使っていますが、この教材はいいですよ。

通信教材すららの公式サイトはこちら
http://surala.jp/

私の体験談はこちら
塾レベル!?「通信教育すらら」を6ヶ月体験した元塾講師のリアル口コミ

 

こんな情報も参考にしてみてください


「スカイプ英会話ベスト3」

中学生 通信教育 ランキング

中学生におすすめな英検二次対策のできるスカイプ英会話ベスト3と「絶対に後悔しないためのスカイプ英会話選び」として注意しておきたい3つのポイントをお伝えします。

後悔しないためのスカイプ英会話選び


「中学生のタブレット通信教育7つを徹底的に探る!」

中学生 通信教育 ランキング

中学生の毎日の勉強として「本当の意味で役立つ」タブレット通信教育はどれか?徹底的に探って間違いのない選び方をお伝えしていきます。

中学生のタブレット通信教育7つを探る!


スポンサードリンク


今までに探ってみた通信教育一覧

私が今までに徹底的に調べてきた通信教育を、タイプ別に一覧で表示しています。

ネット塾タイプ

すららデキタススマイルゼミ中学生秀英id予備校学研ゼミショウインスタディサプリ中学生Z会 

紙タイプ

くもん式進研ゼミ中学講座進研ゼミ「エベレス」中学ポピー

英会話タイプ

学研「kimini英会話」スタディサプリEnglishスカイプ英会話「スモールワールド」スカイプ英会話「QQイングリッシュ」


スポンサードリンク


コメントを残す