【目的で考える】中学生「英語」オンライン塾おすすめ超優秀ベスト全7選

デジタル教材すららお知らせ ►►【ランキング1位】通信教育すらら
今月いっぱいまで「入会金0円」キャンペーン中です。

詳しくは➝http://surala.jp/

TSUTOMU

こんにちは元塾講師TSUTOMUです。

今回は「中学生が英語学習できるオンライン塾を目的に合わせて選びたい」という疑問に応えます。

ひとくちに英語のオンライン塾といっても、その目的とスタイルは豊富。

まず目的を設定したうえで、さらにオンライン塾のスタイルを合わせる必要があります。

たとえば、英語学習できるオンライン塾のスタイルと特徴はこうなります。

  • オンライン学習塾‥英語文法・基礎範囲を中心に5教科全般を学習できる。
  • オンライン英会話‥英会話に特化した学習ができる。
  • オンライン家庭教師‥英語の疑問点をしっかりと質問・解消する。5教科対応。

これらのスタイルをひっくるめて「英語のオンライン塾」と一般的に呼びます。

したがって今回お伝えするのは、英語学習の目的からぴったりのオンライン塾を選ぶための手段。

まずは、英語学習の目的を定めてください。

あとはその目的に合致できることを確認の上、私が最適で優秀なオンライン塾をピックアップします。

中学生「英語」オンライン塾おすすめベスト全7選

中学生「英語」オンライン塾おすすめベスト全7選

英語文法・基礎範囲をしっかり学習できる「オンライン学習塾」

英語文法・基礎範囲をしっかり学習できる「オンライン学習塾」

対応教科5教科全般特性受動型使いやすさ
おもな特徴
  • 学習塾と同じような学校外学習ができる
  • 英語の家庭学習に必要なものはすべて揃っている
  • 映像授業・オンライン指導などが用意されている
  • ドリル・テスト問題なども豊富にある

TSUTOMU

学校で習うような「英語基礎」をしっかりと学習できるオンライン塾のスタイルです。

be動詞・冠詞・代名詞・品詞などの英語文法から第二・第三文法などをはじめ、中学3年生で習う現在完了や関係代名詞といった、中学校全般で習う英語文法をしっかりと学べるのが特徴。

いわゆる学習塾がそのままオンラインへ変化したスタイルで、すでに家庭学習として必要なテキストや映像授業(オンライン指導)などがすべて揃っているため能動型(受け身)で英語学習ができます。

授業スタイルは運営会社により様々ですが、映像授業・オンライン指導ともに徹底的に学べるため極めて有意義な英語学習が期待できるスタイル。ほかにも5教科全般を学べるため、中学生の家庭学習はこれ1つですべて賄えてしまうといったメリットのあるオンライン塾です。

とくに優秀で人気のオンライン学習塾を選ぶことで高い学習効果が期待でき、さらに高校受験対策なども効率よく確実性の高い勉強となりやすいのもオンライン学習塾のメリット。

一般的な家庭学習から高校受験対策まで取り組めるため、英語学習をはじめ全教科をくまなく勉強できる効率のよいオンライン塾スタイルといえます。

TSUTOMU

とくに私がおすすめの「オンライン学習塾」

名称おもな特徴公式サイト
東進オンライン学校東進オンライン学校 中学部英語をはじめ5教科全域をバランスよく勉強できる。講師陣・映像授業のクオリティが極めて高い。こちらで14日間の無料入学できます

東進オンライン学校 中学部

Gakken ON AIR
Gakken ON AIR
学研クオリティの教材で高い学習効果が期待できる。集団ライブ授業としては珍しく質問タイムもあり。こちらで無料体験ができます

|Gakken ON AIR|

 

英会話に特化した学習ができる「オンライン英会話」

英会話に特化した学習ができる「オンライン英会話」

対応教科英会話特性受動型使いやすさ
おもな特徴
  • 英会話・英検対策に特化したレッスン
  • ネイティブ・英語が第二言語の講師などから選べる(会社による)
  • 本物の発音や微妙なニュアンスを学べる

TSUTOMU

英語の中でも「英会話」を徹底的に学べるオンライン塾のスタイルです。

中学生の英語学習といっても、文法だけではなく「英会話」も重要なポイント。とくに新学習指導要領においては外国語項目で「コミュニケーション」という言葉が数回表現されるほど、今後の英会話力はさらに重要度が増していく英語学習ジャンルとなっていくことが予想されます。

そんな英会話を徹底的にレッスンできるオンライン塾のスタイルで、オンラインによる英会話学習においてもはやこれ以上の学習方法はないと思えるほど効率に優れるスタイル。

実際に外国件の講師から生の発音を聞けるため微妙なニュアンスなどを学びやすく、さらにマンツーマン指導のためしっかりとレッスン時間を有効に使った英会話学習を実践できます。

英会話に使用する教材は無料テキストが用意されている場合や、自分で要するタイプなど様々。最近では無料テキストを用意されている場合が多くなってきており、教材などを準備することなくすぐにスタートできるのも高効率といったメリットになります。

とくに英語学習のなかでも「英会話」をしっかりと勉強させたい場合は、極めて最適な選択となります。

TSUTOMU

とくに私がおすすめの「オンライン英会話」

名称おもな特徴公式サイト
学研Kimini英会話学研Kimini英会話学研が運営するオンライン英会話。学研教材を使った無料テキストが豊富で中学英語をまんべんなくレッスンできる。こちらで無料体験ができます

学研のkiminiオンライン英会話

QQイングリッシュQQイングリッシュオンライン英会話でもっともハイレベルな「カランメソッド(4倍速学習)」ができる数少ない会社。私立高校受験むけにおすすめ。こちらで無料体験ができます

https://www.qqeng.com/

 

英語の疑問解消に特化した学習ができる「オンライン家庭教師」

英語の疑問解消に特化した学習ができる「オンライン家庭教師」

対応教科5教科全般特性能動型使いやすさ
おもな特徴
  • 自発的に質問できるため英語の疑問点を解消しやすい
  • 英語のほか5教科全般も学べる
  • 講師のスキルによっては難関私立高校の受験対策も可能

TSUTOMU

英語の「疑問点解消」にむけて、唯一といえるオンライン塾のスタイルです。

これまで取り上げてきたオンライン塾と、一線を画す「能動型」スタイルがオンライン家庭教師の特徴。自分から積極的に質問をして疑問点解消にむけ進むといった授業内容は、ほかのオンライン塾ではほぼ見られず英語の疑問解消において極めて効率に優れるオンライン塾になります。

とくにカリキュラム構成などは設定されていないのも特徴で、基本的に質問をして進めていく授業。オンライン家庭教師の中には高校受験対策なども用意されている場合もあり、正確にいえば一部受動型といえるスタイルになるのかもしれません。

とくに難関高校受験への対策などにはピッタリのオンライン塾で、自発的に質問をして問題解消に努めるモチベーションがあれば最良の選択となりやすいスタイル。

オンライン家庭教師の講師陣は高い学歴や指導力を備えている場合が極めて多いため、英語はもとより5教科全般を正確な内容で学習することが大きく期待できるオンライン塾のスタイルになります。

中学英語は一通り理解したけど、いくつか苦手箇所があるという場合におすすめのスタイル。ほかの教科についても同じことがいえます。

TSUTOMU

とくに私がおすすめの「オンライン家庭教師」

名称おもな特徴公式サイト
オンライン家庭教師「e-Live」オンライン家庭教師「e-Live」紹介制による高クオリティの講師陣でかなり有名。一流国立大の医学部などに在籍の講師多数。難関私立高校などの受験対策におすすめ。こちらで無料体験ができます

オンライン家庭教師【e-Live】

学研の家庭教師学研の家庭教師学研が運営するオンライン家庭教師。豊富な実績から確実性の高いオンラインによる英語学習ができる。こちらで無料体験ができます

家庭教師入会問い合せプロモーション

オンライン家庭教師Nettyオンライン家庭教師Netty発達障害に対して非常に理解があるオンライン家庭教師。発達障害のある中学生には英語をはじめ5教科学習として極めておすすめ。こちらで無料体験ができます

インターネット家庭教師Netty 

 

中学生の英語オンライン塾を選ぶときに超重要なポイント

中学生の英語オンライン塾を選ぶときに超重要なポイント

元塾講師の経験からいえば、つぎのポイントが超重要になります。

  • 目的にぴったりのスタイルを選ぶ
  • 受動型・能動型を学習目的に合わせて考える
  • 優秀な講師陣および施策・対策が講じられている

この中の1つでも欠落すれば、まずもって中学生の英語オンライン塾選びとして不足。

さらに詳しく、これら3つのポイントを詳しく解説します。

目的にぴったりのスタイルを選ぶ

目的にぴったりのスタイルを選ぶ

冒頭でもお話ししたように、まず「目的とスタイル」を合わせることが最も重要なポイントです。

英語のオンライン塾といってもスタイルはさまざまで、その特性も大きく異なるもの。まずは英語学習をする目的を定めて、そのうえでオンライン塾のスタイルを考えることが大切です。

中学生へ基礎的な英語学習(おもに英語文法など)を勉強させたい場合に、もっとも適したスタイルとなるのが「オンライン学習塾」。中学生が学校で習う基礎英語を中心に勉強できるため、英語全般を徹底的にとり組むことのできるスタイルです。

中学生の基礎英語をもとに英会話学習させたい場合は、もっとも適したスタイルが「オンライン英会話」。英会話に特化したレッスンとなるため、机上で学ぶ英語をもとにした会話中心の授業内容になります。

中学生の英語全般におき疑問点を解消したい場合に、もっとも適するスタイルが「オンライン家庭教師」。いわゆる自発型(能動型)の授業スタイルで、疑問点を解消していくといった進み方になります。

このように英語のオンライン塾といっても、スタイルにより特性もバラバラ。

まずは中学生の英語学習において目的を定め、さらに各オンライン塾のスタイルを考えておくことで失敗しない選び方へつながります。

受動型・能動型を学習目的に合わせて考える

受動型・能動型を学習目的に合わせて考える

英語のオンライン塾はおもに3種類のスタイルがあり、それぞれ「受動型」「能動型」の違いもあります。

オンライン学習塾・オンライン英会話はいずれも「受動型」のスタイルで、英語学習に必要となるテキストや機能などがすべて揃っているのが特徴。なにも用意しなくても学習塾のような雰囲気で、英語の家庭学習をスタートすることができます。

この「受動型」というスタイルはいわゆる受け身で英語学習を行っていくもので、用意されたカリキュラムなどに沿って段階的な英語学習を実践できるといった受講内容。したがって子供側から自発的に質問をしなくとも、英語力向上につなげるためのコンテンツにより学校のような使い方のできるスタイルです。

また一方で「能動型」となるのがオンライン家庭学習で、いわゆる訪問型の家庭教師がそのままオンライン指導となったもの。したがって自発的に英語の疑問点を質問して、講師の力を借りながら子供自身で問題解消に努めていく必要があります。

この能動型スタイルのオンライン家庭教師は、カリキュラムなどの設定がない代わりに、完全に自由なスタイルでオンライン学習できるのも特徴。英語はもとより5教科全般を質問できるので、とくに高校受験勉強などにぴったりのオンライン塾といえるかもしれません。

このようにオンライン塾には「受動型・能動型」といった2つの特性があり、ここにズレがあると間違った選び方となってしまう恐れが出てきます。

したがって英語学習の目的とスタイルを合わせたら、つぎにこの「受動・能動」の部分もチェックすることが重要なポイントになります。

優秀な講師陣および施策・対策が講じられている

優秀な講師陣および施策・対策が講じられている

中学生の英語ができるオンライン塾を選ぶにあたり、最後に重要となるポイントが「クオリティ」です。

とくに講師・施策・対策といった3つのクオリティは重要な部分で、1つでも欠けてしまうと高い学習効果を期待できなかったりと、選択ミスになる恐れもあるため注意が必要。

いずれのオンライン塾にも共通するポイントがこのクオリティ部分で、とくに次のような点については徹底的にチェックしておくことがおすすめです。

  • 講師‥わかりやすく理解しやすい指導力を持っているか。また英語(英会話)を順序良く正しい内容で教えられるか。さらに高学歴で優秀な講師陣が揃っているかなど。
  • 施策‥英語(英会話)の向上につながるカリキュラムなどはあるか。またより英語力を鍛えられる工夫などはあるかなど。
  • 対策‥英語(英会話)を段階的に最終理解までつながる対策はあるか。高校受験にむけた効率のよい対策などがあるか。

このようなクオリティをもっていれば、まず優秀なオンライン塾と判断できます。

すべて揃っているオンライン塾を探すのは極めて難しいですが、ご自分で探すのが大変という場合はぜひ私がピックアップしたおすすめ7選をチェックしてみてください。

最後はこの「総合的なクオリティ」についても、英語のオンライン塾選びとして要チェックです。

まとめ

TSUTOMU

今回は「中学生の英語オンライン塾」について、目的から選べるおすすめ7選をはじめ、優秀な英語オンライン塾のポイントなどを解説してきました。これで中学生における英語学習の目的と、オンライン塾をぴったり一致させることができると思います。

元塾講師の経験からいわせると、解説したように「目的とスタイル」を合致させることが超重要。

よく見かけるのが英語オンライン塾おすすめ○○選!などの情報ですが、本当にピッタリの選び方ができるのかといえば「極めて不安材料が多く”ズレ”が生じるだろう」というのが私の持論になります。

中学生に英語のオンライン塾を考えるときは細かすぎるかもしれませんが、私のように各スタイルの特性をしっかりと把握し、そのうえで目的と一致させることが極めて重要です。

中学生に最適な英語オンライン塾を選ぶため、ぜひ今回の内容をお役立てください。

タイトルとURLをコピーしました