中学生が家で勉強に集中するための「できない7つの原因」と改善方法

中学生が家で勉強に集中するための「できない7つの原因」と改善方法

デジタル教材すららお知らせ ►►【ランキング1位】通信教育すらら
今月いっぱいまで「入会金0円」キャンペーン中です。

詳しくは➝http://surala.jp/

TSUTOMU

こんにちは元塾講師TSUTOMUです。

今回は「中学生が家で勉強に集中する方法を知りたい!」という疑問に応えます。

中学生が家で勉強に集中できないときは、かならず原因があるもの。

そこで私は「7つの原因とその改善方法」についてピックアップしたので、ぜひ参考にしてみてください。

  • 中学生が家で勉強に集中できない‥
  • 勉強に集中できない原因はどこにあるのだろう‥

そんな疑問をお持ちでしたら、きっと今回の内容で解消できると自信をもっています。

中学生が家で勉強に集中できない7つの原因

中学生が家で勉強に集中できない7つの原因

まず、つぎのような原因がないか確認してみてください。

  1. 勉強のやり方を理解しておらず集中できない
  2. つまずいたときの解消法がわからず勉強に集中できない
  3. 勉強をしても結果につながらず集中できない
  4. 勉強部屋の温度調節が適切ではない
  5. 勉強時間が決まっていない
  6. スマホ・SNSなどが気になってしまう
  7. 勉強をする意欲がない

この中の1つでも当てはまれば、それが家で勉強できない原因と考えることができます。

とくに超重要な原因となるのが1~3で、この部分に関する解決方法はこの後の項目で詳しく解説します。

まずは4~7の軽めといえる原因の解決方法についてサクッと解説します。

勉強部屋の温度調節が適切ではない

勉強部屋の温度調節が適切ではない

ふだん気付きにくいですが、思った以上に勉強できない原因となっているのが「部屋の温度」です。

中学生の場合は温度にあまり敏感ではなく、細かな調節をしないまま勉強を続けるといった傾向が見られるもの。本人は気付かなくても時間経過とともに「なんか寒くて手が動きづらい‥」「なんか暑くて頭が回りづらい‥」など影響を及ぼしはじめるものです。

環境省が推奨する部屋の適温は「28°C」といわれており、なるべく近づけることが勉強に理想的な環境。

したがって勉強に集中できないときは、この「最適な温度」を目標に調節してみるのがおすすめです。

勉強時間が決まっていない

勉強時間が決まっていない

勉強時間が決まっていないことで、つぎのようなデメリットが予想されます。

  • 空腹で勉強に集中できない。
  • 家族(とくに兄弟)が勉強部屋にきて話しかけてしまう。
  • 勉強が完了する前に眠くなってしまう。

この中で、もっとも注意したいのが「家族や兄弟が勉強部屋に来ること」かなと。

ほんの少しだけ話しかけるなどの行動もタブーで、本人が頭の中で構成していた勉強内容が一気に飛んでしまうことも十分に考えられます。

このような環境では勉強に集中できないので、とくに家族の協力は力の入れどころでしょう。

スマホ・SNSなどが気になってしまう

スマホ・SNSなどが気になってしまう

スマートフォンやSNSが気になって勉強に集中できない、というのもよくある傾向です。

こうしたSNSなどは依存しやすい危険性もあるため、勉強を行うときはスマートフォンを勉強部屋から遠い場所に置いておくなどの対策が効果的。強引に取り上げてしまうとモチベーション低下につながるので、できる限り納得したうえで実践することがポイントです。

勉強時間はスマートフォンを絶対に触らない、など約束をしておくのも場合によってはおすすめ。

普段からよくスマートフォンを触っているような場合は、とくにこの点についてはしっかりとチェックして実践しておきたいところです。

勉強をする意欲がない

勉強をする意欲がない

そもそも勉強をする意欲のなさが原因で、まったく勉強に集中できないという場合も考えられます。

勉強をする意欲がわかない大きな理由は「将来の目標が決まっていないこと」が挙げられるため、子供と一緒に将来進む道について、一度しっかりと話す機会を設けるのがおすすめ。

将来の目標とする仕事から考えてめざす志望校を絞り込み、偏差値に沿った勉強内容を考えるといった順番を実践することが問題解消につながりやすい方法になります。

将来の仕事が想像できない場合は、直近の「どの高校に魅力を感じるか」という視点でもOK。

まずは具体的な志望校をしっかりと絞り込んで、偏差値と勉強内容を把握させることで勉強のやる気につなげることが期待できるようになります。

中学生が家で勉強に集中する「超重要3つ」の解決方法

中学生が家で勉強に集中する「超重要3つ」の解決方法

ここまでは「勉強に集中できない軽めの原因」について話してきました。ここからはとくに超重要といえる「3つの深い原因」について集中できない根幹部分の解決方法を解説します。

勉強のやり方を理解しておらず集中できない

勉強のやり方を理解しておらず集中できない

中学生において、もっとも注意したい原因がこの「勉強のやり方がわからない」という部分。

勉強にとり組む意欲はあってもその方法がわからなければ、時間ばかりがムダに経過していつまで経っても勉強に集中できないもの。したがって「勉強のやり方を教えること」が超重要な解決策になります。

勉強のやり方を具体的にいえば、復習・現時点学習・予習の3つを繰り返すサイクルが基本。

復習で過去のつまずき解消にとり組み、現時点で習った内容を頭に入れる、さらに予習を行うことでより現時点学習をわかりやすくするといった3つのサイクル。

もしムリそうであれば、予習は省いても構わないと私は思っています。

まずはテストで点数のとれていない部分を全て洗い出し、5教科全体において過去の復習を徹底的にとり組ませることが重要。さらに現時点の学習も同時に理解させていくことです。

勉強のやり方がわかれば、勉強に集中できる状況を極めて期待できるようになります。

もし家庭で勉強のやり方を教えきれないという場合は、AIシステムなどで勉強のやり方がわかりやすい「デジタル通信教育に任せる」という選択肢も極めておすすめの解決方法です。

つまずいたときの解消法がわからず勉強に集中できない

つまずいたときの解消法がわからず勉強に集中できない

家で勉強に集中できないとき、2つ目の超重要といえる原因が「つまずき解消できない」という問題。

自宅学習というのは子供自身の力によって進めていくもので、学習塾や家庭教師のように講師に相談できる環境ではありません。したがって問題が発生しても相談する相手がいない、という状況も家で勉強に集中できない原因となり得ます。

この「つまずき解消」について、親がサポートできればそれもおすすめの方法。

中学生範囲であれば苦手解消をサポートできるという場合であれば、つまずくたびに親へ相談してくるよう求めるのも極めて有効な解決方法となります。

また勉強を進める手が止まってしまう場合の、最も大きな原因といえるのがこの「つまずき解消」の場面。

家で勉強に集中するためには、スムーズなつまずき解消が超重要ポイント。

つまずき解消できないまま放っておいても、いつまで経っても勉強に集中できないまま時間ばかりが過ぎてしまうので要注意です。

勉強をしても結果につながらず集中できない

勉強をしても結果につながらず集中できない

いくら勉強をやっても結果が出ない、という状況もよく見られます。

勉強をしてもテストの点数アップや成績アップにつながらないため、しまいには勉強のやる気もなくなって集中できないといった悪循環に陥っている状況。一刻も早く解決しないといけません。

この問題を解決するために超重要なのが「点数アップが期待できる確実性の高い勉強方法」の実践。

具体的にいえば、

①基礎の徹底理解 ②多くの問題を解き定着を図る

この2つを実践すること確実性の高い勉強方法となり、より結果が期待しやすくなります。

基礎の徹底理解についてベストな方法は、学校の授業をもう一度受けること。

多くの問題を解いて定着を図りためには、たくさんのドリル問題や過去問題集を与えることです。

しかし学校の授業を受けるというのは非現実的に思えますが、これも通信教育(デジタル教材)であれば映像授業によっていくらでも基礎力を身につけることが期待可能。

また定着を図るためのドリル問題などにおいても、紙の問題集で質問と答えだけで勉強するよりも、デジタル教材に搭載される「AIシステムによるドリル」の活用が極めてベスト。

したがって家庭で「基礎力」「定着」を図ることが難しい場合は、こうしたAIシステム搭載のデジタル教材などを有効活用するといった選択も極めて有効といえる方法です。

同じ勉強をするのなら、結果につながらないと意味がありません。

さらに子供のモチベーションアップにもつながるので、家で勉強に集中するための最適な方法。

家庭勉強を結果につなげることで、より集中しやすくなり好循環で勉強サイクルが回るようになります。

矢印

最重要3つの原因解決に「超おすすめ」の勉強方法

最重要3つの原因解決に「超おすすめ」の勉強方法

この項目では「超重要な3つの原因」について解消方法を説明してきました。

すべての解消方法を家庭で実践できればベストですが、とくに過去の授業を見させて基礎力アップにつなげるなどは非現実で挫折してしまう可能性もあるかと思います。

そこで私がおすすめなのが「デジタル教材」の活用で、とくに重要な3つの原因においてすべての問題解消が期待できる勉強方法。

とくに現時点において点数が取れていない原因は、完全に「過去のつまずき」です。

過去のつまずきを解消するだけで大きく成績アップにつながりやすいため、数多くある中から選ぶべきデジタル教材は「無学年方式」というスタイル。

この無学年方式のデジタル教材は小学生範囲から自由に勉強でき、しかも映像授業で過去授業は見放題、AIシステムによるドリル機能もあったりとベストな家庭学習を実現できます。

もし家庭で超重要な3つの原因を解消できないという場合は、このデジタル教材の活用がおすすめです。

家で勉強に集中できる方法として、極めてベストといえるスタイルになります。

 

中学生が家で勉強に集中する方法まとめ

今回は「中学生が家で勉強に集中する方法」について解説してきました。おもに7つの原因が考えられますので、1つずつ確実に改善の方向へと取り組んでみてください。

とくに、重大な原因となるのが3つ。

  1. 勉強のやり方を理解しておらず集中できない
  2. つまずいたときの解消法がわからず勉強に集中できない
  3. 勉強をしても結果につながらず集中できない

この原因に当てはまるようであれば、一刻も早く解消することをおすすめします。

こうした状況を放置しておくと、高校受験にとって大きな影響を及ぼすことが考えられるため。

子供もかわいそうなので、早めのチェックと改善をなさってみてください。

家で勉強に集中できないのは何で‥?

と感じていれば、ぜひ今回の「家で勉強に集中する方法」を実践してみてください。

今まで勉強できなかった悪循環が、きっと好循環へ改善することが大きく期待できる方法です。

タイトルとURLをコピーしました