【10月】期間限定情報
デジタル教材すららランキング1位 通信教育すらら
今月いっぱい「入会金0円」キャンペーン中です。

✅ 詳しくは➝http://surala.jp/

中学3年生の「5教科まとめ」におすすめ通信教育ベスト3選

中学3年生の「5教科まとめ」におすすめ通信教育ベスト3選

TSUTOMU

こんにちは元塾講師TSUTOMUです。

今回は「中学3年のまとめ学習に最適な勉強方法が知りたい」という疑問に答えます。

高校受験本番にむけて最後の年となる中学3年生は、生半可なまとめ学習では効果が期待できません。

もしまとめ学習をやるなら、5教科を徹底的に理解できる勉強方法が重要。

そこで元塾講師の経験をいかして「もういちど基礎から徹底復習できる通信教育」を3選まで絞りこんで、各教材について実体験のうえ詳しくメリットを解説します。

過去を1つでも多く理解することが、まとめ学習の本質であると私は考えます。

また後半では中学3年のまとめ学習に効果的な通信教育の選び方についても解説するので、高校受験に本当の意味で助かる教材選びとしてこちらもぜひ参考にしてみてください。

中学3年の5教科まとめにおすすめ通信教育ベスト3選

中学3年の5教科まとめにおすすめ通信教育ベスト3選

5教科まとめ学習として、より適した通信教育となるのが「デジタル教材」と私は思っています。

なぜなら紙教材は現在の学習としては効果的ですが、過去の復習がまったくできないのが難点。デジタル教材は取り寄せる必要がなく、過去の復習もすべて履修できるため。

TSUTOMU

とくに私がおすすめ、と感じるデジタル教材がつぎの3つです。

  1. 無学年方式でまとめ学習ができる「すらら」
  2. 神授業講師でまとめ学習ができる「スタディサプリ」
  3. ハイレベルのまとめ学習ができる「Z会の通信教育」

いずれのデジタル教材においても、5教科まとめ学習として最適な内容。

各教材ごとに特徴があるので、詳しい解説をもとに最適と思われる通信教育を選んでみてください。

矢印

無学年方式でまとめ学習ができる「すらら」

無学年方式でまとめ学習ができる「すらら」

おすすめ理由無学年方式のため過去5教科まとめ学習が徹底的にできる。映像授業もわかりやすくドリル機能などで演習問題もかなり豊富。
対応教科5教科+英検(数検)授業スタイルアニメーション対応偏差値~60あたり

TSUTOMU

私が実際に体験した感想としては、もっとも「まとめ学習がしやすい」というのが正直なところ。

さすが文部科学大臣賞の受賞歴ありというだけあって優秀な内容ですが、とくに無学年方式が採用されているため、スモールステップで進む映像授業など、機能面においても中学3年にとって効果的なまとめ学習ができると強く感じています。

まとめ学習で重要となるのが「基礎の徹底理解」であると私は思っていますが、小学生範囲から自由に苦手箇所を総復習できるので極めて効果的。しかも映像授業がゆっくり進む理解しやすい解説で、だれでも理解できてしまうのではと思えるほど優秀な作りとなっています。

すららの進め方としては、まず「映像授業」で基礎理解をして、そのうえで「ドリル機能」を使って演習問題を解き定着を図るという流れ。この時点においてすでに基礎理解と定着を図ることができますが、さらにテスト機能でしっかりと総復習ができるという仕組みです。

すららの映像授業

すららの映像授業

とくに映像授業の解説というのは、かなり理解へつなげやすい解説となっているのが大きな特徴。

少しずつ解説しながら確認問題が繰り返し出されるので、気が付いたら1つの単元が終わっていて同時に理解できているという、まさにお手本のような授業であると私は感じます。

もそこの映像授業で理解できなければ、ほかのデジタル教材でもあまり効果は見られないかと。それくらい理解しやすい授業解説&構成となっているので、偏差値60あたりまでの志望校であればかなり充実度の高い5教科まとめ学習ができるかなと思います。

さらにドリル問題を解いているとき、不正解の場合は「つまずき診断機能」が働くのも便利。間違った単元からさかのぼって原因となる単元を教えてくれるので、根本的な理解につなげやすく極めて効果的なまとめ学習ができるデジタル教材であると感じます。

すららは無料体験もできるので、ぜひ理解しやすい映像授業を試してみてください。

すららすららの無料体験・資料請求・入会はこちら。

https://surala.jp/

レビュー記事:すららの口コミ

 

神授業講師でまとめ学習ができる「スタディサプリ」

神授業講師でまとめ学習ができる「スタディサプリ」

おすすめ理由小学4年生範囲から自由に学べる無学年方式。全国屈指の神解説講師による映像授業がかなりわかりやすく、演習問題もボリュームあり効果的なまとめ学習として期待できる。
対応教科5教科授業スタイル講師対応偏差値~65あたり

TSUTOMU

このスタディサプリも優秀で、神授業講師の解説でしっかりとまとめ学習ができます。

いちばん大きな特徴といえるのが「全国屈指の神授業講師による映像授業」というコンテンツ。たぶん一度この授業を見ると目から鱗状態で疑問解消につながると思うので、ぜひ無料体験してみてください。

神授業と呼ばれている所以として考えられるのが、しっかりと逆算され尽くした解説となっているため。その単元を徹底理解するための最終的な部分から、1つずつ噛み砕いて構成されているため極めて理解しやすく、まさに神授業と表現しても間違っていないと思える授業となっています。

また複雑性の高い個所については、講師が身振り手振りによる「伝える!」という感情がわかるような解説であったりと、総合的にどの講師においてもこのような感情を込めた解説。教科(単元)ごとに講師が異なりますが、いずれの講師においても神解説でわかりやすいといった特徴は一律に感じます。

スタディサプリの映像授業とテキスト

スタディサプリの映像授業とテキスト

またスタディサプリのすごいのが、映像授業に合わせた受講テキストを印刷できる部分。かなり膨大な数の映像授業が用意されており、それと同じ数だけある受講テキストを目の前において視聴できるというのも理解へつなげやすい大きなメリットになります。

しかも演習問題についても映像授業と同じ数だけ用意されているため、基礎理解ができれば即定着を図ることも可能。素早くまとめ学習ができるので、とくに高校受験本番まで時間のない中学3年にとって極めて時間効率に優れる取り組みができるのではないでしょうか。

スタディサプリはこのように基礎理解から定着まで、短時間で素早く履修できるのが大きなメリット。さらにAI機能が弱み解消などをしっかりサポートしてくれるので、時間だけではなく高い学習効果も期待できるデジタル教材であると私の体験からは感じます。

スタディサプリスタディサプリの無料体験・資料請求・入会はこちら。

スタディサプリ/今なら1週間お試し無料

 

レビュー記事:スタディサプリの口コミ

 

ハイレベルのまとめ学習ができる「Z会の通信教育」

ハイレベルのまとめ学習ができる「Z会の通信教育」参考:Z会の通信教育

おすすめ理由ハイレベル学習なら間違いなくおすすめのデジタル教材。高偏差値に対応しているためレベルの高い志望校向けで、まとめ学習に必要なコンテンツもすべて揃っている。
対応教科5教科授業スタイル講師対応偏差値~70あたり

TSUTOMU

難関高の受験を考えていれば、ハイレベルのまとめ学習におすすめといえるデジタル教材です。

デジタル教材のなかも難易度の高い履修ができ、偏差値的に70あたりまでのハイレベル学習におすすめ。もしかするとそれ以上の範囲度にも対応できるかも、という対応力がこのZ会になります。

ほかのデジタル教材と同様に、まとめ学習に必要なコンテンツはすべて搭載。映像授業をはじめ演習問題もしっかりと備わっており、基礎理解はもちろん高難易度の5教科復習ができます。

そもそもZ会の通信教育というのは、その昔(紙教材)のころから「添削指導」が大きな特徴。新しく進化したタブレット学習教材でも引き継がれており、5教科の苦手部分をしっかりと解消へつなげることが期待できるデジタル教材です。

標準レベルのまとめ学習も可能ですが、せっかく高難易度の履修もできるので使わないのは損。したがって偏差値の高い公立・私立高校受験を目指す中学3年にとって極めて有意義な構成となっています。

教材内容としては遊び部分が極めて少なく、楽しいイラストなどによる演出もほぼ皆無。文字よりもイラストのほうが理解が高まる場合のみ使用されており、いたってシンプルで学問により集中できる構成となっています。

もし高難易度の志望校を目指す場合であれば、かなり効果的なまとめ学習が期待できます。

Z会の通信教✅ Z会の資料請求・入会はこちら。

Z会の通信教育

レビュー記事:Z会の口コミ

 

中学3年生の5教科まとめに選ぶべき通信教育のポイント

中学3年生の5教科まとめに選ぶべき通信教育のポイント

まとめ学習としてデジタル教材がおすすめと言いましたが、さらにつぎのポイントを抑えてみてください。

  • わかりやすい解説でしっかり基礎を理解できる
  • 豊富な演習問題が備わっている
  • サクサクと受験勉強を進められる構成となっている

これらの要素が全て盛り込まれていることで、より中学3年に効果的なまとめ学習が期待できます。

さらに詳しくこれら要素について解説します。

わかりやすい解説でしっかり基礎を理解できる

中学3年のまとめ学習において、もっとも重要と考える要素が「徹底理解」になります。いちばん大切なポイントと私は思います。

まとめ学習をより具体的に表現すると、過去の未理解部分を解消することではないでしょうか。1つでも多く解消することによって、結果的に現時点における点数アップ効果が期待できるためです。

この「徹底理解」を実行するために必須となるのが、まずもって詳しくわかりやすい解説。中途半端ではなく最終的な理解まで到達可能な解説が備わっていることが重要で、通信教育においては極めてポイントとなる大切な項目になります。

通信教育には大きく3つのスタイルがあり、紙教材、デジタル教材、オンライン指導教材が挙げられます。

このなかで中学3年のまとめ学習に効果的といえるのが「デジタル教材に備わる映像授業」という機能で、ほかのスタイルよりも視聴における自由度の高さ、プロ講師があらかじめ解説&編集といったわかりやすさによって、もっとも理解へつなげやすいスタイルと私は感じます。

紙教材は契約時からスタートになるため、過去の復習(まとめ)学習として効果はイマイチ。またオンライン指導教材については疑問解消に向けた質問中心となるため、過去のまとめ学習としてはあまり適したスタイルではありません。

したがって私としてはデジタル教材に搭載される映像授業がもっとも理解へつなげやすく、中学3年の高校受験に向けたまとめ学習として最適なスタイル。もしほかの通信教育スタイルを選ぶ場合でも「解説」には十分に着目をして、より理解度が高まることをチェックしておくことがおすすめです。

豊富な演習問題が備わっている

中学3年のまとめ学習において、基礎理解ができれば「定着」を図ることも重要な要素です。

わかりやすい解説で基礎理解ができれば、続いて取り組むべきがこの定着要素。より多くの問題を解くことで定着へつなげやすくなるため、通信教育においても豊富な問題数が備わっていることが必須ポイントになります。

実際に通信教育をいろいろと観察してみると、この演習問題の量というのは大きな違いがあるもの。かなりボリュームに差があり学習効果も大きく違ってくるので、効果的な基礎理解ができると思ったら次にこの演習問題についても詳しくチェックすることをお勧めします。

搭載される演習問題は通信教育によりスタイルが異なり、演習問題という表現で搭載されていたり、ドリル機能やテスト機能という表現で備わっているものです。いずれの表現においても重要となるのが「問題数」なので、より多くの問題量がある通信教育を選ぶことが重要になります。

また演習問題はボリュームだけではなく、その内容についても徹底チェックが必要。とくに「○×問題」ばかりという通信教育はほぼ効果が見込めないので、できる限り高校入試問題でいうところの「小問~大問」という考え方で、応用問題をはじめとする記入式による演習問題が搭載されている教材がおすすめです。

しっかりと基礎理解が期待できるようであれば、さらにこの「演習問題」についても着目をお勧めします。

サクサクと受験勉強を進められる構成となっている

中学3年のまとめ学習において、高校受験本番に向けて忘れてはいけないのが「スピード感」です。

高校受験本番まで残り日数も少なくなっていく中で、もたもたと時間ばかりをかけていても効率的なまとめ学習を遂行することは不可能。したがって通信教育選びにおいて、サクサクとスピード感をもって実践できる教材を厳選することが求められます。

このスピード感のある通信教育を選ぶとき重要となるのが、基礎理解から定着まで「一連の流れ」で学習を進められること。すべてがリンクしておりスムーズに進められ、より短時間で効果的なまとめ学習がをできることが通信教育選びの重要な要素ともいえます。

もっと具体的にいえば、映像授業で基礎理解へつなげ、その流れで演習問題へ素早く移行できるなど。すべての機能・コンテンツがリンクしていればスピード感をもってまとめ学習へ取り組めるので、こうした通信教育の流れなどについても徹底チェックしておくことがおすすめです。

できれば無料体験などを用いて、一連のコンテンツを試してみるのが効果的。通信教育のなかにはスムーズにコンテンツ意向ができず、時間ばかり消費してしまうという教材もあるのでしっかりと確認しておくことが重要なポイントです。

このように最後のチェックポイントとして、ぜひ「スピード感」についても着目してみてください。

まとめ

TSUTOMU

今回は「中学3年のまとめ学習に最適な勉強方法が知りたい」という疑問に対して、元塾講師の経験から選んだ5教科まとめにおすすめ通信教育ベスト3選をはじめ、間違いなく選ぶためのまとめ学習に適した通信教育のポイントという形で答えてきました。

何度も言いますが、中学3年のまとめ学習では「過去の理解」が超重要ポイントです。

1つでも多く過去を理解できれば、現在の点数が取れていない個所をプラスへ転じることも十分に考えられます。(というか点数アップ方法はこれしかない)

したがって通信教育選びにおいても、まずは徹底的に理解できる解説が重要。

あとは定着施策やスピード感をもって学べるなど、時間効率よく確実性の高いまとめ学習を実践できること。これを実践することで、かなり効果的なまとめ学習ができると思います。

中学3年のまとめ学習方法として、今回の内容をぜひ参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました