中学生の通信教材についてキャッチコピー等はどうでもいいので「本質」で中身を探っていきます。しかし結果を出すためには子供自身の「やる気」も必要ですので、そちらはぜひご協力お願いします。

中学生 通信教育 ランキング|中学生におすすめの通信教材選びに重要な8つのチェックポイント!

中学生 おすすめ 通信教材

中学生におすすめの通信教材を選ぶときには、しっかりとチェックすることが肝心です。

いざ始めてみて「やっぱり勉強しにくい‥」などという結果にならないため、ここでは通信教材を選ぶときにチェックするべき8つのポイントをお伝えします。

ここには時間をかけてください
通信教材選びで失敗する家庭のおもな原因は、事前のリサーチ不足によるものが多いです。塾や家庭教師を選ぶときと同じように、時間をかけてじっくりと選ぶことが大切です。

中学生におすすめを探る方法【紙の通信教材】

中学生 おすすめ 通信教材

中学生の通信教材といっても【紙の教材】【ネットの教材】の2種類があります。

おすすめを探るために大事なポイントについて、紙教材3つとネット教材5つでそれぞれにまとめていきます。1つずつの項目をしっかりと実践することで、間違いなくおすすめの通信教材が見つかります。

【紙の通信教材】おすすめポイント①教科書準拠

中学生 おすすめ 通信教材

皆さんがいちばん気にされるのが教科書準拠になると思いますが、まさにこの部分は紙教材で大事なポイントになるひとつです。ここがピッタリと合っているかどうかによって、子供の勉強のしやすさが違ってきます。

中学校が終わってから多くの友達が学習塾へ通う中で、自分の子供は「家に帰って通信教材で勉強をする」姿を思い浮かべてみてください。すると、家に帰ってきた子供はその教材に頼るしか「勉強する手段がない」ということが分かると思います。

つまり通信教材では、教えてくれる講師がいないということです。

教えてくれる講師がいなければ、学校の授業と教材がリンクしてることがいかに大事か?が見えてきます。学校で教わったことが「頭の中に鮮明に残っている」うちに教材を取り組むことによって、その日の授業を思い出しながら勉強ができます。

過ぎてしまった内容ではなく、教わったら早いうちにその内容をマスターすることがいちばん効率のいい勉強の仕方です。それを可能にできるのが教科書準拠で、学校の進み方とマッチしていればいるほど勉強効率はよくなります。

学校で習ったことを家に帰ってすぐにマスターできる、ということが教科書準拠のいちばん特長となる部分です。したがっていくら有名な教材であろうと教科書準拠がイマイチであれば、子供も通信教材を最大に活かすことは難しくなります。

学校で習う➝家に帰って同じところをマスターする。これができるのが教科書準拠ならではのメリットになります。

参考:それ本当に高校受験へおすすめの通信教材?正しく選ぶ3つのコツ

【紙の通信教材】おすすめポイント②わかりやすい解説の多さ

中学生 おすすめ 通信教材

紙の教材では授業がありませんので、いかに「理屈」が頭に入るか?が重要になります。とくに問題を解くプロセスを知るためには、詳しくてわかりやすい解説が必須になってきます。

この解説の仕方というのは教材によっても様々で、分かりやすいものもあればオマケ程度にしか記載されていないものもあります。子供が自分で解き方を理解できるのならまだいいのですが、その解説に頼るしか方法が分からない場合には命綱になってきます。

中学生の問題というのはどの教材も似たり寄ったりですので、見るべきところはそこではなく「解説」が詳しくてわかりやすいか?です。紙の教材では、いかに丁寧な解説が掲載されているかが重要なポイントになります。

紙の教材では講師がいない、ということをしっかりと考えておくことが大事です。

参考:中学生の通信教育における3つの種類と間違いのない7つの活用法

【紙の通信教材】おすすめポイント③マメに連絡の取れるサポート体制

中学生 おすすめ 通信教材

教材を買ったら終わり‥ということがあればもはや「通信」ではありません。ただ教材を送るだけのやり取りをするだけの、物理的な通信にしかなっていないからです。

通信教材というからには、しっかりとアフターフォローをしてくれるのが当然です。したがって買って終わりではなく、どれだけ困ったときに対応してくれるのか?が大事になってきます。

このサポート体制というのもパンフレットなどでは分からないもので、いざ始めてみたら適当なサポートしかしてもらえないといったケースが実際に起こっています。とくに大手すぎるような教材では、その傾向が見えがちになっているようです。

教材が有名だからといった理由ではなく、本当に新味になってフォローがしてもらえるのか?をきちんと探っていく必要があります。

しかしどうやって探ればいいのか?が問題になる部分ですが、こればかりは実際にやってみるしか方法はありません。または信頼のできる口コミ情報などを見て感じていくといった方法です。

私のようにこの業界にいるとその辺りも耳に入ってくることが多いのですが、一般的に出回るような情報にはなりません。皆さんはいかに信頼のできる情報を掴むか?がポイントになります。

参考:勉強しない自閉症の中学生には塾や家庭教師より通信教材がいいですよ

紙の教材は講師がいません
講師がいない代わりに「解説」が細かく丁寧に書いてある教材を選ぶことが大事です。学校の先生を講師がわりにできる教科書準拠も見逃せないポイントになります。

中学生におすすめを探る方法【ネットの通信教材】

中学生 おすすめ 通信教材

つぎにお伝えするのが「ネット教材」によるポイントの探り方です。紙教材とはまた違った視点で見る必要がありますので、少し角度を変えてご覧ください。

【ネットの通信教材】おすすめポイント①映像授業の質

中学生 おすすめ 通信教材

ネット教材の最大の特長ともいえる機能が、すべての単元を授業で勉強ができる「映像授業」です。この機能があることが大きな理由となって、最近の通信教材の主流はこの「ネット教材」に移ってきています。

それだけ大きなポイントとなる映像授業ですが、教材によって授業の質もさまざまです。分かりやすい説明の仕方もあれば、要点だけを伝えるような説明もあったりします。

イチガイにどの授業であればOKというワケにはいきませんが、分かりやすい説明とはいったいどんなことか?を探っていくことでおすすめの授業が見えてきます。

わかりやすい授業というのは、学校の授業と同じように「計算された説明」であることが必須です。わかりやすい先生の授業は、かならず授業の最後から「逆算」して説明しています。

この逆算をすることによって、場面に合った「そのとき大事なこと」を話してくれるので分かりやすくなります。つまり場面ごとの「要点」が順番に頭に入ってくるというわけです。

このような授業であればわかりやすいので、より子供の頭に入りやすくなります。子供の頭に入るということは、その単元をもっと詳しく理解できるということです。

子供が理解できずつまずいてしまう原因として、もっとも大きな理由が「理解できない授業」のおかげです。理解のできない説明であれば、基礎が身につかないのでいくら応用問題をやってもまったく前進することはありません。

それだけ重要なのが授業ですので、このポイントはとくにしっかりと抑えておいてください。この部分が抑えられているかどうかだけでも、ずいぶんと子供の結果も変わってきます。

参考:体験から探る中学生の映像授業おすすめランキング「講師」「キャラ」

【ネットの通信教材】おすすめポイント②つまずかない機能

中学生 おすすめ 通信教材

先ほどの授業の部分でもお伝えしましたが、通信教材というのは子供が1人で取り組んでいく勉強方法です。したがっていちばん怖いのが、わからなくてつまずいてしまうことです。

子供がつまずいてしまう原因として最も大きな理由が授業の質ですが、それだけで全くつまずかないのであればこの機能は考えなくても大丈夫です。しかしいざつまずいてしまった時を考えると、こういったつまずかない機能というのがあるに越したことはないです。

このつまずかない機能というのは教材によっても補助の仕方が違いますし、まったく備わっていないものも中にはあります。できればこの機能が備わっている教材を選んでおきたいところです。

この機能は教材によって姿形さえ違いますが、基本的には「今わからない部分」を解決するためにつながりのある単元を教えてくれるというものです。ひとつ前の単元であったり、それに関した分野であったりによって教えてくれることで、つまずきを解消して前に進むことができます。

答えを見ればいいのでは?と思われるかもしれませんが、答えを見て自分で理解につなげることができればそれでもいいです。しかし答えを見ることによって解き方が分からないままでは、まったくつまずきが解消されたことにはなりません。

この機能が備わっている教材では、つまずきを元から解消できるように答えを教えてはくれません。あくまでもその問題が解けるように、わかりやすいヒントとして関連する箇所を教えてくれるというものです。

参考:中学生にインターネット塾を考えるときのメリット・デメリット10選

【ネットの通信教材】おすすめポイント③テキストのボリューム

中学生 おすすめ 通信教材

通信教材をさせていても一向に子供の成績が上がらない‥という場合は、テキストがしっかりとボリュームのあるものか?を確認することが重要です。教材によっては本当に基礎だけしか勉強できないような、薄っぺらなテキストの場合もあります。

単元の基礎しか勉強できないようなテキストでは、当然ながらそれ以上の学力を身につけることはできません。その教材だけでは不十分なので、べつに問題集や参考書が必要になるというワケです。

親としての役目で大事なのは、このテキストの中身がどんなものか?を確認するところにあります。このテキストがしっかりとボリュームのないものを選んでしまえば、子供はそこまでの実力鹿つかないことになります。

ただ勘違いしないためにお伝えしておきますが、中学の単元がすべて勉強できるからといってもテキスト量が豊富とは言えません。単元がすべて勉強できるのはネットの通信教材としては当然のことで、そこからどれだけ応用的な内容が勉強できるか?を見ていくことが大事です。

この辺りについては子供が調べるにはムリな部分なので、親のほうがしっかりと探っておくことが大切です。いろいろな教材を見比べてみることで、どれだけの勉強ができる教材なのかが見えてきます。

参考:映像授業は頭に入らない?体験から探るデメリット3つとメリット7つ

【ネットの通信教材】おすすめポイント④管理画面の詳しさ

中学生 おすすめ 通信教材

通信教材でもネット教材では「e-ラーニング」というシステムが使われているため、子供が勉強した内容がデータとして残ります。そのデータというのはさまざまな解析がされるもので、正答率やクリアした時間などが細かく分析できる上で重要な機能です。

このデータを閲覧するためには管理画面といった機能が設けられ、そこに表示されるデータを見ながら子供の勉強について親がアドバイスをするときのサポートにもなります。そしてその画面に表示されるデータというのも、教材によってポイントがマチマチです。

せっかくの「e-ラーニング」ですので、ここはしっかりと詳しくデータが表示される教材を選ぶほうがおすすめです。さらに学習計画なども管理できるのであれば、塾と同じように管理できて勉強の進め方の参考にもなります。

この機能が詳しく表示されるかどうかによって、どこまで子供の弱点を把握できるかも違ってきます。間違った箇所を把握することによって、より苦手を克服していけるようになります。

参考:中学生には塾?通信教育?選ぶときのメリットとデメリット20選

【ネットの通信教材】おすすめポイント⑤勉強する順番のわかりやすさ

中学生 おすすめ 通信教材

自分の昔の姿を思い出してみるとよくわかりますが、勉強をしていて「頭が混乱する」ようなときがあったかと思います。理屈は分かっているのに何でか混乱して答えがわからない‥こんなときは勉強を進める順番が違っていることが原因です。

それぞれの理屈は理解できていても、勉強を進める順番が間違ってしまうと頭が混乱してしまいます。ひとつの単元でもこの順番を守って勉強していくことで、はじめて単元全体が理解できるようになります。

いわゆる「1つずつ順番に」というのが勉強をする上での鉄則ですが、これが分かりやすい教材とそうでない教材があるのも事実です。勉強の順番がしっかりと紐づけてある教材というのは、まったく頭の中が違って「わかる」ようになります。

単純なことに思いますが勉強をする上ではとても重要な部分ですので、いかに正しい順番で勉強がしていけるか?をしっかりと考えておく必要があります。

参考:中学生の勉強に通信教育?知っておいた方がいい3つのポイント

ネット教材は映像授業が命!
ネットの特性を最大に生かす機能はやはり映像授業です。いかに分かりやすい授業かしっかりと探ることがいちばんのポイントです

この8つのポイントが不足している教材ではこうなります

お伝えしたポイントが不足していると、このようなことが考えられます。

  • いくら通信教材で勉強をしていても成績が上がってこない。
  • 通信教材だけではなく参考書などをよく見るようになる。
  • 勉強が嫌いになって遊ぶ方が多くなってしまう。
  • 続かなくなっていずれ辞めてしまう。

ほんの一例ですが、実際にこういった前例も起こっています。

ここでお伝えしてきた内容は、このような前例も踏まえながら私が体験してきたことに基づいてまとめてきました。すべてのメリットが揃う通信教材というのもなかなか見つからないと思いますが、できる限りこれらのポイントに沿うような教材を得あらぶようにしてください。

親の役目は「教材を与えること」ではなく、子供がしっかりと勉強をして「少しでも成績を上げること」です。この点は忘れがちになる部分ですので、くれぐれも焦点を見薄なわないよう通信教材を選んでみてください。

参考:中学生に通信教育で高校受験を!家庭が知っておく3つのポイントとは?

しっかりとリサーチすれば大丈夫です
私も通信教材をはじめに見たときはチンプンカンプンでした。しかしいくつも体験していくうちに自然と比較する目をもつことができます。少しでも多くの教材を実際に目で見てみることが大切です。

参考までに私が選ぶおすすめの通信教材3選

怖がらせるわけではありませんので、一応ですが参考までに私が通信教材を選ぶとすればどうなるのか?3選にして少しだけお伝えしておきます。

【紙の通信教材】で私が中学生へおすすめ

【紙教材】のおすすめポイント

  • より正確な教科書準拠
  • 詳しくてわかりやすい解説
  • サポート体制がしっかりとしている

「中学ポピー」

紙の教材では昔から続いている歴史のあるもので、京都大学の元総長が発刊に関わっている教材です。お伝えしてきた3つのポイントはすべてクリアしており、問題に対する答えよりも解説のほうが多く詳しく書いてあるといった特長があります。

アフターフォローも私生活と勉強に関する2重になっており、子供のことだけではなく親の勉強相談にも優しく乗ってくれる教材です。

参考:中学生の通信教育ポピーって口コミや評判は?内容などを調べてみた!

【ネットの通信教材】で私が中学生へおすすめ

【紙教材】のおすすめポイント

  • 映像授業の質が高い
  • つまずきを防止してくれるような機能
  • しっかりとボリュームのあるテキスト
  • 詳しくてわかりやすい管理画面
  • 勉強を順番通りに進めていける仕組み

「次世代対話型アニメーション授業すらら」

最新の対話型授業というシステムで、講師が話しかけながら説明と確認問題を繰り返していく授業スタイル。少しずつ前に進むので知らないうちに頭に入っているという仕組みなので、かなり質の高い授業です。

つまずき防止システムが搭載されていることで苦手な分野が一覧でわかり、つまずいたと思った時には一覧を見ればどこでつまずいているかを目で見ることができます。テキスト量も多いどころか、高校入試準備問題や全国学力診断テストなども受けることができるので問題なしです。

管理画面は使いこなせないほど詳しく、子供の勉強した内容や苦手なデータなどから過去がわかるので未来の予定も簡単に立てることができます。単元の順番通りに進めていくようになっているので、間違っても順番が違うということにはなりません。

参考:タブレットの通信教育「すらら」の口コミ&体験してみた感想

「通信教育デキタス」

キャラクターやイラストが動いて説明する授業なので、とくに図形など理屈がわかりにくい単元でも感覚で理解のできる説明となっています。つまずきを防止するための「さかのぼり学習」という機能があり、ボタンを押すことで関連した単元が順番に表示され1つずつ前に戻って理解することでつまずきがとれるようになっています。

テキスト量も十分で基礎だけ教えて終わりではなく、応用的な内容についてもしっかりと入っています。子供が勉強した内容も詳しい管理画面で見れて、学習計画などはシステムが自動で立ててくれる機能もあります。

単元の並び方が順番通りになっていることで、勉強をこなしていく準にも迷うことなくその通りに従って進めればOKな学習画面です。

参考:城南コベッツの通信教育「デキタス」を体験してわかったこと

実際に体験してみてください
ポピーもお試し教材をとってみることができますし、ネット教材の2つも無料体験ができます。こういう体験のできない教材も少なくありませんので、できれば体験のできるものはやってみた方がいいです。

中学生におすすめの通信教材選び8つのチェックポイントまとめ

中学生 おすすめ 通信教材

私の選んだ通信教材については、ぜひ参考までにご覧ください。このように選ぶことで、間違いのない通信教材が見つかるはずです。

通信教材というのは学習塾などのように「強制力」のない勉強方法ですので、中学生がいざ初めてみてもとくに続かず辞めてしまうといったことがよく起こります。

これを避けるためにはまずお伝えしてきたようなポイントが揃っている通信教材選びが大事で、もうひとつ子供の勉強に向かう姿勢もかなる重要になってきます。

とくに今までに家庭学習などで「勉強グセ」のついている子供ほど続く傾向にありますが、それよりも大事なのは「子供のやる気」だと思っています。

この教材を使ってぜったいに高校受験を突破してやる!という気持ちがあれば、教材の有効性を十分に発揮できるはずです。親としてもまずその気持ちの部分については、しっかりと持つよう伝えておくことが大事です。

それともうひとつ大事なこととして「途中で投げ出さないこと」を約束するなど、途中で辞めてしまわない工夫をすることも必要です。高校受験は自分のこと!と思えるようになるまでは、親のサポートはかなり大きなものになります。

ぜひ子供に「与えるだけ」ではなく「結果の出る」通信教材選びをしてください。

参考:元塾講師がめっちゃ!こだわって考えた中学生通信教育ランキング

 

➝詳しく中学生 通信教育 ランキングを知る!

中学生の英数国がいちばん確実にわかりやすく理解できる通信教育

文部科学大臣賞の受賞実績をもつ「通信教育すらら」です。

この通信教材は対応できる偏差値がもっとも幅広く30~70いずれの学力にも適した勉強ができるため、学力向上によって教材を選び直すこともなく使い続けることができて便利です。

また映像授業が跳び抜けてバツグンに優秀で、

・一般の通信教育「一気に説明をする、学校スタイル」

・通信教育すらら「少しずつ説明と確認を繰り返す、家庭教師スタイル」


このような違いがあることによって、

少しの範囲だから当然のように解ける ➝ 繰り返しているうちに全部わかる

授業のお手本、ともいえる「確実に頭に入る説明」なのが大きな特長です。
この通信教材すららの授業で理解できなければ、ほかの教材をやってもムダです。

私の家庭でも実際に使っていますが、この教材はいいですよ。

通信教材すららの公式サイトはこちら
http://surala.jp/

私の体験談はこちら
塾レベル!?「通信教育すらら」を6ヶ月体験した元塾講師のリアル口コミ

 

こんな情報も参考にしてみてください


「スカイプ英会話ベスト3」

中学生 通信教育 ランキング

中学生におすすめな英検二次対策のできるスカイプ英会話ベスト3と「絶対に後悔しないためのスカイプ英会話選び」として注意しておきたい3つのポイントをお伝えします。

後悔しないためのスカイプ英会話選び


「中学生のタブレット通信教育7つを徹底的に探る!」

中学生 通信教育 ランキング

中学生の毎日の勉強として「本当の意味で役立つ」タブレット通信教育はどれか?徹底的に探って間違いのない選び方をお伝えしていきます。

中学生のタブレット通信教育7つを探る!


スポンサードリンク


今までに探ってみた通信教育一覧

私が今までに徹底的に調べてきた通信教育を、タイプ別に一覧で表示しています。

ネット塾タイプ

すららデキタススマイルゼミ中学生秀英id予備校学研ゼミショウインスタディサプリ中学生Z会 

紙タイプ

くもん式進研ゼミ中学講座進研ゼミ「エベレス」中学ポピー

英会話タイプ

学研「kimini英会話」スタディサプリEnglishスカイプ英会話「スモールワールド」スカイプ英会話「QQイングリッシュ」


スポンサードリンク


コメントを残す