中学生の通信教材についてキャッチコピー等はどうでもいいので「本質」で中身を探っていきます。しかし結果を出すためには子供自身の「やる気」も必要ですので、そちらはぜひご協力お願いします。

中学生 通信教育 ランキング|E-ラーニングと通信教育の違いは?最近の中学生が学習塾を選ばない理由とは

E-ラーニング 通信教育 違い

E-ラーニング?通信教育?違いってなんだろう‥。

そんなふうに思っている家庭も少なくありませんので、ここではE-ラーニングと通信教育の違いや学習塾が流行らない理由についてお伝えしていきます。

昔は学習塾が主流でしたが今は違いますよ
昔はよく通信教育を取り寄せる家庭も多かったのですが、最近ではほとんど見なくなりましたよね?その背景にはE-ラーニングが絡んでいるのでわかりやすく説明していきます。

E-ラーニングと通信教育の違い

E-ラーニング 通信教育 違い

その昔ですが、私も取ってもらっていたのが中学生の通信教育。

あの郵送で送られてくる教材で、私なんかは実習教材(付録のような)ばかり作って肝心の教材はポイ!でした。

勉強になったか?と聞かれると、正直言ってほとんど勉強しなかったですね。

 

そんな郵送で送られてくるのが「紙教材」という中学生の通信教育で、いまもその姿を残している教材としてこのようなものがあります。

進研ゼミ中学ポピーZ会の通信教育公文式の通信教育などなど‥

私が取寄せてもらっていたのは学研の教材でしたが、今ではすっかり消滅してしまってE-ラーニングへと進化しているんですね。

 

ここまでお伝えすればお分かりかと思いますが、

昔の通信教育として主流だった「紙教材」が、インターネットを使ったオンライン教材へと進化したんです。

それが「E-ラーニング」というわけなんですね。

E-ラーニング 通信教育 違い

果たして紙教材からE-ラーニングへと進化した中学生の通信教育というのは、どんなところが便利になったのでしょうか。

ご存知のように、インターネットは膨大な量の情報をやり取りできます。

さらに今までのように2次元だけではなく、3次元的な情報まで通信できてしまいます。

 

たとえばE-ラーニング教材の中でもとくに便利なのが「映像授業」です。

これは紙教材ではなし得なかった学校の授業を再現したもので、インターネットならではの便利さがとてもたくさん盛り込まれているんですね。

実際の講師が授業を行う様子を見ることで過去の授業を受けることができたり、アニメーション授業といったものでは「動き」があることによってより黒板の表現に深みを与えることができます。

E-ラーニング 通信教育 違い

つまり黒板に書かれた図形などが動いて変化することによって、今までの授業では伝えきれなかった「変化の様子」を簡単に伝えることができるというわけです。

アニメーション授業だから幼稚ということではなく、あえてアニメで伝えることによってよりわかりやすい表現を目指す通信教育も多いものです。

 

また紙教材のように郵送をする必要がないので、時間ロスがまったくゼロで勉強することができます。郵送だけではなくすべてにおいて時間ロスがないんですね。

つまりテストひとつ取ってみても、紙教材であれば添削問題を解いて、郵送して、返信が返ってきて‥といったように問題を解いてから正誤が分かるまでかなりの時間をロスしているんです。

E-ラーニング 通信教育 違い

それがE-ラーニング教材になるとその場で正誤も分かるし、また子供の頭の中がそのままの状態でテスト直しができるのでとんでもなく効率がいいというわけです。

またオンラインで全国につながっていることによって、実力診断といった模試のようなテストを受けることができるのも実力が分かっていいですね。

 

E-ラーニングというのは中学生の通信教育が進化した現在の形。

昔では郵送でやり取りしていたことが、インターネットでやり取りするようになったというだけのことなんです。しかし情報量は大幅にアップしていますけどね。

従って、E-ラーニングと通信教育の違いは?

と考えるのは間違いで、通信教育の中に「紙教材」「E-ラーニング」があるというわけなんですね。

 

通信教育が進化したE-ラーニングが最近の主流

E-ラーニング 通信教育 違い

昔の通信教育は「紙教材」、今の通信教育は「E-ラーニング教材」ということがおわかりいただけたと思います。

しかし昔の通信教育の「やりにくさ‥」はいったい何だったんでしょうね?

つまずきそうになってもほとんど助け船もなかったですし‥。

私はイチイチ時間がかかる、というのがいちばんのデメリットかなぁと思います。

 

そんな中学生の通信教育も、今ではめっちゃパワーアップしているんですね。

2次元でしか表現できなかったことが3次元で立体的に勉強できるし、そもそも動画を使えるようになったことで勉強がしやすくなっているんですね。

つまずきそうになった時でもその場で助けてくれる機能があったり、子供がひとりで取り組むためのサポート体制がほぼ完全に整っているというわけです。

E-ラーニング 通信教育 違い

そんなふうに進化した通信教育(E-ラーニング)は、今まで学習塾に通っていた中学生の多くが切り替えているという結果となっているんです。

文部科学省が出した統計データからも、学習塾の利用者が減ってきて通信教育の利用者のほうが増えてきているという結果になっています。

今の主流ともいえる、

個別指導塾に通わせても結果が出ない!

という家庭も通信教育へと切り替えることが多く、私もこちらの記事で個別指導塾は完璧ではないですよ!と警鐘を鳴らしているというわけです。

こうした学校外学習というのは結果が出てなんぼですからね。

 

それに中学生の通信教育というのは通塾する必要がないことから、

勉強面だけではなく「防犯面」からも支持を得られているというわけです。

とくに塾が終わってからの帰り道というのは、補修などがあれば平気で23時ごろまで胃のころ勉強をすることもあるんですね。

E-ラーニング 通信教育 違い

私が塾講師のころも、遅くまで居残りをやっていたものです。

確かに多くの勉強ができるのは良いことかもしれませんが、どうしても帰り道が気になって仕方がなかったというジレンマもありました。

 

最近は防犯上からも中学生が遅い時間に帰宅するというのは、だんだんと一般的ではなくなってきているのも事実です。

昔はそこまで考えませんでしたが、やはり時代の流れですね。

そんなことも理由にあって、中学生の通信教育はどんどんと広まっているのが現状です。

 

学習塾との違いを知れば通信教育(E-ラーニング)を選ぶ家庭が多い

E-ラーニング 通信教育 違い

このようなことから、今の時代は学習塾よりも通信教育を選ぶ家庭が多くなってきているということです。時間効率アップと防犯面から考えるとそうなりますよね。

でも本当に通信教育で勉強になるのか?

といった昔の通信教育のイメージが払しょくしきれない家庭もあるかと思います。

 

もし元塾講師だった私が「学習塾と通信教育どっちがいい?」と聞かれたのであれば、迷わず中学生の通信教育をすすめます。

だって通信教育は、学習塾のデメリットをすべて解消してくれますから。

もういちど通信教育のメリットをまとめてみます。

  • 学習塾のように通塾する必要がないので時間効率が大幅にアップする。
  • とくに夜遅くなってからの防犯面への心配がなくなる。
  • 学習塾では不可能な「過去の授業」を見ながら勉強ができる。(←これが大きい)
  • テスト直しながその場ででき、頭を切り替える必要がなく効率アップが図れる。
  • 問題が多すぎるほど入っているので、問題集をイチイチ買う必要がなくなる。
  • 子供や家庭の都合に合わせて、時間も曜日も関係なく勉強ができる。
  • タブレットを使えば、どこでも場所を選ばず勉強に取り組める。

いまの通信教育(E-ラーニング)は、このようにメリットしか感じません。

確かに、あまり大げさに言いすぎてもいけないとは思います。

しかしそれにしても、学習塾とは比べ物にならないほどのメリットがあります。

 

このように中学生の通信教育はメリットも多くありますが、昔の通信教育と違って間違いなく学習塾レベルの勉強ができるようになっています。

もしかしたら映像授業があるので、学習塾以上かもしれませんね。

最近の学習塾を見ると、

塾が休みの日は映像授業を見てくださいね!なんていう通信教育のパクリをやっているところまでありますから。

やはりそれだけ映像授業というのは役立つ機能なんだと思います。

 

もし中学生の通信教育を考えるのであれば、

かならず映像授業のある教材を選んでください。

それと今でも紙教材のところもあるので、しっかりとE-ラーニング教材であることを見極めるという部分がポイントになります。

もしおすすめはどれか?

ということであれば、私が実際に体験してきたE-ラーニング教材から「良塾」というものをピックアップしてお伝えしていますので参考にしてみてください。

通信教育(E-ラーニング)にすれば、本当に多くのことが解消しますよ。

【中学生向け】無料体験で試せる映像授業搭載の通信教育5選

 

中学生 通信教育 ランキング

中学生の英数国がいちばん確実にわかりやすく理解できる通信教育

文部科学大臣賞の受賞実績をもつ「通信教育すらら」です。

この通信教材は対応できる偏差値がもっとも幅広く30~70いずれの学力にも適した勉強ができるため、学力向上によって教材を選び直すこともなく使い続けることができて便利です。

また映像授業が跳び抜けてバツグンに優秀で、

・一般の通信教育「一気に説明をする、学校スタイル」

・通信教育すらら「少しずつ説明と確認を繰り返す、家庭教師スタイル」


このような違いがあることによって、

少しの範囲だから当然のように解ける ➝ 繰り返しているうちに全部わかる

授業のお手本、ともいえる「確実に頭に入る説明」なのが大きな特長です。
この通信教材すららの授業で理解できなければ、ほかの教材をやってもムダです。

私の家庭でも実際に使っていますが、この教材はいいですよ。

通信教材すららの公式サイトはこちら
http://surala.jp/

私の体験談はこちら
塾レベル!?「通信教育すらら」を6ヶ月体験した元塾講師のリアル口コミ

 

こんな情報も参考にしてみてください


「スカイプ英会話ベスト3」

中学生 通信教育 ランキング

中学生におすすめな英検二次対策のできるスカイプ英会話ベスト3と「絶対に後悔しないためのスカイプ英会話選び」として注意しておきたい3つのポイントをお伝えします。

後悔しないためのスカイプ英会話選び


「中学生のタブレット通信教育7つを徹底的に探る!」

中学生 通信教育 ランキング

中学生の毎日の勉強として「本当の意味で役立つ」タブレット通信教育はどれか?徹底的に探って間違いのない選び方をお伝えしていきます。

中学生のタブレット通信教育7つを探る!


スポンサードリンク


今までに探ってみた通信教育一覧

私が今までに徹底的に調べてきた通信教育を、タイプ別に一覧で表示しています。

ネット塾タイプ

すららデキタススマイルゼミ中学生秀英id予備校学研ゼミショウインスタディサプリ中学生Z会 

紙タイプ

くもん式進研ゼミ中学講座進研ゼミ「エベレス」中学ポピー

英会話タイプ

学研「kimini英会話」スタディサプリEnglishスカイプ英会話「スモールワールド」スカイプ英会話「QQイングリッシュ」


スポンサードリンク


コメントを残す