-お得情報-
今月いっぱい(~10/31)まで私もおすすめの「通信教育すらら」が入会金¥10,000➝¥0のキャンペーン中です。
すららの詳しいレビュー

中学生に公文式の通信教育ってどうなの?資料を取って見てみると‥

中学生に公文式の通信教育ってどうなの?資料を取って見てみると‥ 5教科
こんにちは、TSUTOMUです。

「くもん式」に通信教育があるって知っていましたか?

私も、公文(くもん)式って通うところだとばかり思っていたんです。

昔から有名な学習塾なので、通信教育って聞くと一体どんなものか気になりますよね?

そんなくもん式の通信教育を、資料を取り寄せて詳しく調べてみました。

もと塾講師の目で見て、くもん式がどんなふうに感じたのかお伝えしていきます。




公文(くもん)式の通信教育を資料から探ってみる

正式には「公文式の通信学習」と呼ぶみたいですね。

いったいどんなものかと思って取り寄せた資料がこちら‥

中学生 通信教育 公文

いろいろと入っていますが、ポイントになるものは‥

いちばんメインになる「公文式通信学習のご案内」ですね。

 

このご案内の中身がどんなものかというと‥

中学生 通信教育 公文
くもん式の特徴でもある「読み」「書き」「計算」が、この通信教育でもできるようです。

媒体としては、100%「紙」を使った教材になります。

インターネットが絡んでいる部分は、まったく見当たりませんね。

実際にどんな勉強ができるかというと‥

中学生 通信教育 公文
昔ながらのスタイルの「添削指導」になっています。

いまの通信教育にしては珍しく、アナログな勉強スタイルになります。

テキストが送られてくる➝問題を解いて返送する➝添削されて返ってくる。

これは紙で勉強するほうが好きな子供には、おすすめとも言えるスタイルです。

かえって、今どき珍しい100%紙ですから。

 

こういうスタイルの通信教育は、いまの時代には貴重かもしれません。

ネットを使った通信教育が主流になっている中、もしかするとこの「紙でのやり取り」がいい経験になるような気もします。

じゃあ誰もが一律の内容かといえば、そうでもなくて‥

中学生 通信教育 公文
このように、まず「学力診断テスト」をするようになっています。

このテストの結果に基づいて、送られてくるテキストが違ってくるわけです。

学習塾でいうところの「入学時のクラス分け」と同じものです。

 

そしてこの「学力診断テスト」も同封されていて‥

中学生 通信教育 公文
国語、数学、英語の3教科のテストが入っています。

このテストに解答して送り返すことで、学力に合わせた教材が決まってきます。

このあたりは個人ごとに対応していて、私は好みのスタイルですね。

闇雲に「はい契約!はいスタート!」ではなくて‥

きちんと学力診断があることで、スタート後に内容が合わないといったことがなくなります。

 

私も塾講師をしていたときは、このクラス分けは当たり前に行われていました。

子供それぞれ目指す目標も違いますから。

偏差値の高い子供を扱う学習塾ほど、このクラス分けがされる傾向があるんです。

普通校が専門の塾では、クラス分けのないところもありますけど。

 

そう考えると‥

この公文式は通信教育でもちゃんと学力診断が行われています。

このあたりはさすが公文!といった感じで、しっかりと考えてあります。

ほかに資料を見てみると‥

中学生 通信教育 公文
会費(料金)がきちんと掲載されています。

中学生で1教科8,000円~といったところです。

私は正直いえば、けっこうかかるな~と思いますね。

通信教育って基本的に安いものですが、学習塾に通うのとあまり変わらない気がします。

 

ただ公文式なので、添削指導でわかりやすく教えてくれるとは思いますけどね。

それを考えた上で納得できるかどうか、ここが公文式通信教育のポイントになりますね。

私もこの料金だけを見るとおすすめはしないのですが‥

公文式の内容の良さを考えると‥、っていうバランスの問題です。

 

そして英語だけは機材が必要になるみたいです。

その機材というのが‥

中学生 通信教育 公文
このリスニング機器「イーペンシル」というものです。

料金は6,480円になっていましたね。

 

さて‥

この「イーペンシル」で何ができるかというと‥

中学生 通信教育 公文
教材に当てると、その発音をしてくれるというものです。

でも‥

え~!これってほんとに必要なの~?

と思われませんか?

 

じつは私も同じように思ったんですよ。

ほんとにこの機材は必要なんだろうか?‥って。

 

そしてこの機材についてよく調べて考えてみたんですけど‥

思ったよりも便利なもの

という結論に行き着いたわけなんです。

 

なにが便利なの?と思いますが‥

英語の勉強をするときに、発音についてどうやって勉強をするか?

を考えてみたんですね。

 

すると‥

テキストを見ながら、CDなどを聞いたりすることになるはずなんですよ。

ちょっとその状況をイメージしてみてください。

・・・・・

・・・

・・

CDを進めたり戻したり、なんだかややこしくないですか?

それがこの機材だと、テキストに当てると発音する。

どう思いますか?

これって、じつはなかなか便利な気がすると思うんですよ。

 

私もこの機材をおすすめするわけではありませんが、けっこう便利な感じです。

よくよくイメージして考えてみたら、そんな結論に行き着いたんですね。

でもまあ公文式の英語を選ぶのなら、この機材がどうしても必要になるんですね。

これを買わないと英語が選べないので、仕方がないところでもあります。

ざっと公文式の通信教育って、こんな感じの内容です。
私も通信教育をいろいろと見ていますが‥やっぱり少し費用が高めな気がしますね。
公文なので添削指導の質が高いっていうのはありますけど。
それと「紙100%の教材」なので、どうしても郵送などを考えると時間的な効率が‥というところでしょうか。
この費用と時間の効率を「通信教育」としてどう考えるか?がポイントですね。



くもん式通信教育の私の感想は‥

くもん式通信教育の私の感想は‥

私なら、くもん式の通信教育は「紙の勉強が好き!」という子供にはすすめます。というのも‥やはり昔ながらの「添削指導」は、今の時代には珍しいですから貴重なんですね。

実際に答案用紙に赤ペン先生がしてあることで、シックリといく子供もいるはずです。

この公文式の部分は大事にしたいですね。

費用のこともありますが、いちばんのポイントは「効率」じゃないかと思います。

ほかの通信教育は、eラーニングを使ったネット塾が主流なんですね。

 

eラーニングでは、映像授業や日々の取組みのデータ分析などが利用できます。

このあたりを考えると、どうしても効率面で勝ることは難しいです。

トータルで考えると、公文式の通信教育は「紙の良さ」に尽きます。

ここに、どれだけの魅力を感じるか?

というのが公文式の通信教育を選ぶかどうかのポイントです。

高校受験に公文式の通信教育ってどうなの?

高校受験に公文式の通信教育ってどうなの?

私は公文式の通信教育のみで高校受験を、というのは難しいと思います。

ここまでの説明で見えた方もあるかと思いますが‥

これだけですべての勉強をしようと思うと、時間が足りないはずなんです。

 

もちろん公文式なので、内容もしっかりとした勉強はできます。

しかしどうしても、郵送のやり取りなので時間がかかるんですね。

もしこの公文式の通信教育を選ぶのであれば、メインとなる勉強方法にプラスして考えた方がいいです。

 

メインに持ってくるのは、おもに学習塾になりますね。

あくまでも勉強のサポートをしてくれる教材、という立ち位置がいいと思います。

そんな使い方であれば、この公文式の通信教育は力になるはずです。




自分

中学生の通信教育ランキングはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました